現代俳句協会トピックス

中村和弘新会長を中央に、宮坂静生前会長と宇多喜代子特別顧問 2018年3月24日(土)現代俳句協会総会

通常総会にて中村和弘新会長が就任

3月24日(土)東京・東天紅に於いて理事会と通常総会を開催。中村和弘新会長が就任した。
理事会には、41名の理事が出席、議長は、規約により宮坂会長、また、総会の議長は高橋健文千葉県現代俳句協会副幹事長、副議長は木村聡雄国際部長がつとめた。
理事会及び総会とも、前田幹事長と事務局より平成29年度事業報告、会計報告の説明があり、協会創立70周年記念事業の実績については、中村副会長・記念事業実行委員長と事務局より説明がなされ、それぞれ承認可決された。さらに、平成30年度事業計画、予算案について幹事長と事務局より、及び役員選任を含む協会の今後の運営体制について宮坂会長より説明があり、ともに異議なく承認可決された。(総会委任状は1,984通、総会出席者は168名(平成29年度末の会員数は、5,531名)。
本総会終了時を以って、宮坂静生が会長を退任、新会長として中村和弘が就任した。

中村和弘・新会長は、「昨年の現代俳句協会創立70周年事業の完遂を以って、当協会は戦後俳壇の中心的存在としてアピールを発することが出来た。社会全体の高齢化の中、会員数の確保や事業の継続発展の上で、色々な困難もあろうが、協会員全員の知恵と力を結集して、次の時代、次の世代へとこの協会を継承して行きたい」と挨拶した。

なお、総会議事に先立って行われた現代俳句大賞の授与式では、復本一郎氏が受賞の栄誉に輝いた。
第18回現代俳句大賞 復本一郎氏(愛媛県出身、国文学者、神奈川大学名誉教授)


主要役員についてはこちらをご覧下さい。