各賞紹介

松王 かをり(まつおう・かをり)


第37回現代俳句評論賞 松王 かをり 氏 
       「『未来へのまなざし』 ―『ぬべし』を視座としての『鶏頭』再考― 」
                 
                   「現代俳句」2017年10月号所収。
                   協会ホームページ「俳論広場」にも収録されます。
 
◇松王かをり(まつおう・かをり)  本名:松王香 札幌市在住
・1956年(昭和31年)奈良県生まれ。(61歳)    
・1978年(平成53年)関西学院大学文学部日本文学科卒業。
            奈良県の公立高校の国語科教諭を経て、予備校講師(古文)、現在に至る。
・2004年(平成16年)作句開始、「圭」(主宰・津田清子)に入会。
・2013年(平成25年)「銀化」(主宰・中原道夫)に入会。
・2015年(平成27年)「銀化奨励賞」受賞。
            北海道大学大学院文学研究科修士課程修了。
・2017年(平成29年)第37回現代俳句評論賞受賞。(受賞作品前掲の通り)
・現在、予備校講師の傍ら、北海道大学大学院文学研究科(博士課程)に在学。
 「銀化」同人、「雪華」会員、俳句集団「itak」幹事、現代俳句協会会員。