イベントカレンダー

創立70周年記念第54回現代俳句全国大会入賞作品発表

(2017年11月24日掲載)

<現代俳句全国大会賞>

  被爆胎児のわれを陽子と呼びし父    宮 崎  福富 健男

  田螺鳴くまるごと村の捨てられて    大 阪  原田タキ子 

<毎日新聞社賞>

  戦死者も蛍も多き村であり       埼 玉  石山秀太郎 

<読売新聞社賞>

  日本が青くなるまで田を植える     愛 知  鈴木  進 

<東京新聞賞>

  敗戦日しづかにシャドー・ボクシング  愛 知  中村 正幸 

<朝日新聞社賞>

  麦秋やいつも一人の鉄工所       神奈川  西田みつを 

<日本経済新聞社賞>

  月光の刺さつたままの父の椅子     埼 玉  岡田 一夫 

<産経新聞社賞>

  夜の青田自分が見えるまで歩く     茨 城  鷹羽 龍麿 

<俳句のまちあらかわ賞>

  おしまひに己が影にも水を打つ     奈 良  あめ・みちを

 

<特別選者特選句>               

金子 兜太選  田を植えて田を植えながら過疎になる   千 葉  青木 一夫

宇多喜代子選  父の日の父にいつもの電車来る      広 島  筈谷 美保

宮坂 静生選  みどり児は銀河の記憶握りしめ      宮 城  丸山千代子

寺井 谷子選  草餅を食べて遠い遠いという       徳 島  油津 雨休

加藤瑠璃子選  夜の青田自分が見えるまで歩く      茨 城  鷹羽 龍麿

高野ムツオ選  白雨來て英靈のみな立ち上がる      青 森  泉 風信子

中村 和弘選  被爆胎児のわれを陽子と呼びし父     宮 崎      福富 健男

鳴戸 奈菜選  新しき戦後来ぬやう星祭         長 野  佐藤 由美

伊藤 政美選  大根を柔らかく煮て長生きす       群 馬  細野 彩扇

前田 弘 選  買いかぶりです私たんなるパセリ     千 葉  石井紀美子

相原左義長選  冬座敷広くて坐るところなし       千 葉  中里  結

安西 篤 選  敗戦日しづかにシャドー・ボクシング   愛 知  中村 正幸

伊丹三樹彦選  また一人逝き睡蓮のひらく音       東 京  平山 道子

大坪 重治選  入口も出口も蟬に鳴かれけり       福 岡  三舩 煕子

岸本 砂郷選  田を植えて田を植えながら過疎になる   千 葉  青木 一夫

鈴木八駛郎選  青空で眼玉を洗う秋の馬         長 崎  前川 弘明

たむらちせい選 父の日の父にいつもの電車来る      広 島  筈谷 美保

松本夜詩夫選  八十が二十の兄の墓洗ふ         東 京  谷川  治

森下草城子選  みどりごの真水のやうな汗ぬぐふ     千 葉  千葉 信子

森田 廣 選  夜の青田自分が見えるまで歩く      茨 城  鷹羽 龍麿

山崎 聰 選  麦秋やいつも一人の鉄工所        神奈川  西田みつを

 

<秀逸賞>

   父の日の父にいつもの電車来る      広 島  筈谷 美保

   田を植えて田を植えながら過疎になる   千 葉  青木 一夫

   電飾をまとい冬木になりきれず      茨 城  飯塚 芙紅

   大根を柔らかく煮て長生きす       群 馬  細野 彩扇

   大空に隅つこは無し鳥渡る        神奈川  菅沼 葉二

   東京の夕焼を拭く仕事です        埼 玉  岡田 一夫

   地震の地にものの始めの種を蒔く     宮 崎  桑原 淑子

   八十が二十の兄の墓洗ふ         東 京  谷川  治

   牛食べてなまこを食べて人の顔      東 京  馬場 佳世

   みどり児は銀河の記憶握りしめ      宮 城  丸山千代子

   麦踏みのつづきのやうに消えにけり    埼 玉  岩淵喜代子

   ちんぽこをおまけに叩く天瓜粉      千 葉  菅谷 貞夫

   梅雨闇のフクシマ非常口がない      新 潟  北村美都子

   明日食う泥鰌と一夜共にせり       山 形  黒谷博楽子

   髪洗うたび戦争の匂うかな        千 葉  渡辺  澄

   草餅を食べて遠い遠いという       徳 島  油津 雨休

   定年も失業もなく麦を踏む        佐 賀  川原 幸夫

   みどりごの真水のやうな汗ぬぐふ     千 葉  千葉 信子

   折鶴の折るが祈ると読めて夏       三 重  岩田 典子

 

<佳作賞> 

   けむりにも鬼にもなれず豆を撒く     宮 崎  永田タヱ子

   てのひらは怒りの器八月来        埼 玉  茂里 美絵

   青空は寂し天皇籾を蒔く         愛 知  木村 晴代

   麦秋の肩の重さを午後という       千 葉  黒澤 雅代

   平和しかしらずに生きて遠花火      香 川  奥田 峰子

   立ちあがるものに馬の子みちのくは    東 京  遠山 陽子

   無駄な灯を消してひとりの終戦日     宮 城  永野 シン

   踊りつつ踊りの輪より外れけり      大 阪  柿谷 有史

   満月の裏は能面かもしれぬ        東 京  尾﨑 裕子

   八月や磨きつづける太柱         石 川  飯田 順子

   昭和とは八月のこと父よ兄よ       神奈川  田畑ヒロ子

   春光を編む手の如き手話の指       神奈川  大月 桃流

   福島に生きるためまた種を蒔く      福 島  唯木イツ子

   八月を片付けきれぬ父がいる       秋 田  加藤 昭子

   入口も出口もに鳴かれけり       福 岡  三舩 煕子

   昭和まで遊びに行つた捕虫網       埼 玉  田口  武

   八月や子を悼むため生きてゐる      広 島  藤本 陽子

   指切りをしただけ薔薇に触れただけ    北海道  江草 一美

   ゴキブリや人類こそが外来種       東 京  河西 久恵

   明け易の握り返さぬ手を握り       愛 知  大矢 節子

   人間を見飽きてしまふ水中花       茨 城  大野ひろし

   春立てり土偶に太き妊娠線        静 岡  貫名ともみ

   国籍は月と言い張る兎飼う        山 口  堀口 孝子

   歩むとき己が影踏む原爆忌        埼 玉  渡辺 智恵

   飛花落花誰も知らない死の順序      京 都  上藤おさむ

   赤ん坊の居ない村です雪が降る      新 潟  近藤 美好

   青空で眼玉を洗う秋の馬         長 崎  前川 弘明

   ひとの世に遠く暮春の象がゐる      新 潟  高井 年子

   盆の僧除染土に手を合せゆく       福 島  鈴木 正治

   欠伸ですかいいえ蝶が生まれます     北海道  小林 ろば

   女学生の遺品に鏡沖縄忌         千 葉  林 みさき

   夏蝶に触れて老人光りけり        栃 木  中村 克子

   敗戦日墓碑となつても整列す       千 葉  をがはまなぶ

   椅子ふたつ墓のやうなる晩夏かな     広 島  石川まゆみ

   原爆忌こけしに手足なきちから      千 葉  重田 忠雄

   海見えてより遠足の騒ぎだす       愛 知  大矢 節子

   春の海いまだ還らぬ骨を待つ       山 口  たむらのぶゆき

   終戦忌母生き抜くを決めたる日      東 京  松隈しのの

   巣燕のことを介護の引き継ぎに      栃 木  伏木 ケイ

   白雨來て英靈のみな立ち上がる      青 森  泉 風信子

   冬座敷広くて坐るところなし       千 葉  中里  結

   婆がきて案山子の向きを変へにけり    長 野  阿部仲童子

   田水張り空と親しくなる棚田       鹿児島  愛甲 敬子

   田作りを止せと言ふ子へ今年米      山 梨  宮澤 繁子

   すこし見て「歩兵操典」曝しけり     埼 玉  森田 公司

   なにもないことの贅沢夏座敷       愛 媛  三好 靖子

   オコツテハイナイカナシイ原爆忌     福 岡  鳥巣 徳子

   滝壺に着くまで水の形かな        宮 崎  服部 修一

   買いかぶりです私たんなるパセリ     千 葉  石井紀美子

   新しき戦後来ぬやう星祭         長 野  佐藤 由美