現代俳句コラム

れんぎょうに巨鯨の影の月日かな金子兜太
 第十一句集「皆之」に所収された一句。連翹の黄色がまずは目に浮かぶ。その黄色は春真っ盛りを象徴する黄色だ。それに合わせたのが巨鯨の影。このスケールの大きさは兜太先生でないと書けない大きさでまさに面目躍如。また、この二者の距離感は読む者に途方もなく大きな空間を与えてくれる。感覚で繋いだ二物で、先生の多くの二物配合の句の中でもその壮大さは抜きんでている。下五の「月日かな」に時間の経過がうかがえる。先生六十七歳のころの作品なので、海程を率いてかなりの年数を経ている。先生の意識の中に巨鯨の影がいつも見え隠れしていた。その巨鯨はトラック島から引き上げる時に見た、或いは想像した巨鯨ではなかったろうか。引き上げてからも時折その巨鯨の映像が頭を過っていたのかもしれない。青鮫が来ていた庭に鯨も来ていたようだ。感覚で書けと言われた先生の顔が浮かんで消えない。
 平成十五年海程会賞受賞のときいただいた色紙が当該句である。筆者四十六歳で三人の子育て真っ最中であった。巨鯨の影を自己に投影し、こじんまりせず大きく大きくと言い聞かせながら俳句も仕事も子育てもやっていた。俳句に生かされていることを少なからず意識したのもこの頃であったように思う。この句を先生が書かれた年齢までまだ数年ある。先生がこの句を与えてくれたことを噛みしめ、この句のようにスケールの大きな人間でありたいと思っている。
 
※『現代俳句』2018年7月号金子兜太追悼特集「忘れ得ぬ一句鑑賞」より
評者: 松本勇二
平成31年2月5日

インターネット俳句会

秒針が心音となる霜夜かな
三丁目
保育器の子の伸びる爪明日の春
竹内

インターネット俳句会「一般の部G1」高点句

得点番号俳句俳号
15305秒針が心音となる霜夜かな三丁目
15170佳き事の一つを選び初日記山田梦二
12548置き去りにされても笑顔雪だるま衛藤佳也
11654風花や隧道ひとつ村繋ぐ山口冬人
11269母さんはいつも小走り花八つ手石田晴
11236うつくしき礼に終れり寒稽古八王寺宇保
9724雪女村の余白に紛れ込む宮本悠々子
8117しなやかな石ころとなり日向ぼこ青石
8883着膨れて何が何でもオムライス渡辺蓼太
830去年今年いつもの場所に広辞苑閑人

インターネット俳句会「一般の部G2」高点句

得点番号俳句俳号
14384手袋の中の婚約指輪かな酒井とも
13761空白は秘め事と読む古日記野木編
12247地吹雪や顔なき人の急ぎ足ミッチー
11184長生きは罪と云う母寒昴育由
11126保育器の子の伸びる爪明日の春竹内
11619もう一つボタンを掛ける寒さかな上田おさむ
11703双六の一振りで越ゆ大井川魅智野句K
8533鰤大根炊いて船待つ女衆かずひろ
8346鶏卵をほぐす塗箸久女の忌芦沢
8767悲しみの風呂敷ほどく冬座敷佳月
8812遮断機が降りても渡る空っ風おこじょ
8680書き込みの最初は楷書新暦大島涼波
8116窯出しの花器の余熱や冬北斗竹内
810寂しさの自由のありて寝正月文女