現代俳句コラム

よく眠る夢の枯野が青むまで金子兜太
 初読のとき、兜太の辞世だ、と直感した。現実の死までにはまだ二十年もあったが、兜太の俳諧自由は、八十を前に自分自身に引導を渡していたのである。
 すぐ連想するのは芭蕉の終焉の
   旅に病で夢は枯野をかけ廻る
 であり、最期まで推敲を重ねた
   清滝や波に散込青松葉
 である。前句は藁色と金色のあやなす枯野にうす墨の翳がこもり、後句は散り松葉を吸う清滝川の青水沫が凄愴の気をもたらす。どちらも文学の妄執ここに極まれりといった感覚の冴えがあり、沈痛な声がせまる。
 では、兜太はどうか。くったくもなく眠るのである。寝入り端に出てきた「夢の枯野」さえ忘れ果てて、一っ飛びに千年万年を熟睡する。季節は次々に巡り、春から初夏へ野山は一斉に緑のひかりをほとばしらせよう。
 輪廻転生は古代インド思想が有名だが、古代ギリシャにも古代中国にもあった。万葉集でも大伴旅人は歌う。〈この世にし楽しくあらば来む世には虫に鳥にも我はなりなむ〉現世の快楽主義は転生などものかはだ。
 兜太は、彫心鏤骨の芭蕉からもエピキュリアンの旅人からも遠い。トラック島の筆舌に尽くせぬ戦争体験に二十代で侵襲された男である。終生〈青春の十五年戦争の狐火〉につき纏われた永遠の「少年」が、狐火ならぬ、無傷の青草と無心な青野の生を願い続けたとしても、そこになんの不思議があろうか。
 
※『現代俳句』2018年7月号金子兜太追悼特集「忘れ得ぬ一句鑑賞」より
評者: 恩田侑布子
平成30年10月1日

インターネット俳句会

夜の底ガブリ噛みつく月の犬
笠間章魚
爪切りて爪見失ふ残暑かな
倉木はじめ

インターネット俳句会「一般の部G1」高点句

得点番号俳句俳号
391鳥渡るたったふたりの天文部落猿
11159草の実をつけて日曜画家となる暁兵
10876新涼や絵筆に残る海の色熊谷古錐
10487秋光や微笑むだけの母とゐて田中秋明
10102パレットに妻の旧姓水の秋田中秋明
9196星の夜は星と語らふ案山子かな酸模(すかんぽ)
9456敬老日指一本で弾くピアノ田中つとむ
8366誰待つといふでもなくて月の椅子史慧
7185職退きて知りたる天の高さかな八王寺宇保
7757旧道は痩せゆくばかり昼の虫二木寒山
7220大花野屈みて開く小図鑑やまかおり
757月影や母にもらひし襟ボクロ武衛門
785正座して挑む写経や涼新た神谷たくみ
736コスモスの揺れないという選択肢町野敦子
7424どんぐりや存在感は落ちてから川崎果連
7836コロッケに裏表なし秋高し鈴木良二

インターネット俳句会「一般の部G2」高点句

得点番号俳句俳号
13398一川の長さを生きて下り鮎葉山」
11729コスモスへ全速力の三輪車有瀬こうこ
10820黒猫の降つてきさうな月夜かな倉木はじめ
9364爪切りて爪見失ふ残暑かな倉木はじめ
8288煩悩の根っこは深し草むしり原馬正文
876眠る子の額の広し豊の秋有瀬こうこ
8373天の川われも宇宙の謎のうちミッチー
8223月を得て老人ホームは皆ひとり秋山泰
8166「や」で切るか「に」か「の」か迷う夜長し杏瑠莉
819蜂蜜の白く固まる夜長かな風蘭