現代俳句コラム

卵食ふ口のまはりの寒波かな藤谷和子
 「卵」とは、何を食べているのだろうか。ゆで卵やだし巻き卵ではないような気がする。それは「口のまはりの寒波」から受ける寒さのせいである。唇についた生卵が、寒さで一気に乾いて白い薄皮状になる様が浮かぶ。しかし、「食ふ」と詠んでいるのであるから、生卵を飲んでいるのではないのだろう。たとえば、卵かけご飯や半熟の目玉焼か。けれど、実際にどのような卵料理を食べていたかは問題ではない。いずれにしろ、読者には生卵の食感と、唇や口のまわりの皮膚のつっぱり感が伝わってくる。
 ところで、卵を食べることには、他の物を食べることとは違う感覚がある。切り身の魚を食べること、ましてや野菜を食べることとは違う感覚である。それは、有精卵にしろ無精卵にしろ、ひとつの命を丸ごといただくという感覚である。それも未生の命を、そっくりそのまま。それが「寒さ」につながっているのではないだろうか。卵を食べているのは屋内であり、食べるという、あたたかさに繋がる行為をしていながら「寒さ」を感じているのである。
 それは、他の命を食ふ「寒さ」であり、生き延びるためには「食ふ」という行為をせずにはいられない「寒さ」である。しかも、「寒波」という極めつけの寒さ、寒さの親玉をもってきているところが、なんとも魅力的である。
 さらに、前回の橋本多佳子の句同様に、この句の向こう側に浮かび上がってくる句がある。西東三鬼の「広島や卵食ふ時口ひらく」である。三鬼の自注には「未だに嗚咽する夜の街。旅人の口は固く結ばれてゐた。うでてつるつるした卵を食ふ時だけ、その大きさだけの口を開けた」とある。
 掲句の作者の藤谷和子は、昭和2年樺太生まれ。18歳の時、ソビエト軍の侵攻、それによる日本軍との戦闘を経験している。作者が、三鬼の句を意識していたかどうかはわからない。けれど、掲句の背後には、たしかに戦争が重低音のように響き、掲句を一層、重層的立体的にしているのである。
 
出典:『生年月日』(平9、艀俳句会)
評者: 松王かをり
平成29年11月16日

インターネット俳句会

秘をひとつ入れて柩の菊匂う
しのの
言ひすぎて落ち込む時の猫じゃらし
マーサ丘

インターネット俳句会「一般の部G1」高点句

得点番号俳句俳号
15401それぞれの夜長へ伸ばすコンセント耳目
14336どんぐりを固く握って反抗期みっちゃん
14114鰯雲海より暮るる九十九里齊藤眞人
13610介護とはそばに居ること秋桜國武光雄
13921吾輩は浮動票なり鯊を釣る暁兵
12728その話断れと柿厚くむく田村洋々
11920千年の森千年の水澄めりせいち
9548名月を海に残して店仕舞いシルク
9455坑口は閉ざされしまま蔦紅葉杏子
9907椎茸の笑い皺から日の匂い伏兎

インターネット俳句会「一般の部G2」高点句

得点番号俳句俳号
1593手相見の上目使いや神の留守本町ゑみ
15471狛犬の口の中まで秋日差し有栖奈呂
1131一対の情死の如き捨案山子青ゆず
113手の内は明かさぬままに菊談議森下風来
11723夜学果てポニーテールを解きけりとしもり
9193不揃いの掛け声児らの縄太し白牡丹
8100一隅を照らす自販機寒の月ぬらりひょん
7524芋嵐老いて誰にも従はず青ゆず
7703虫の色悩むクレヨン小さな手下町浮浪雲
7163秋暁の貨車は都心へ急ぎけり淡路島の痺麻人
7352名月や小指を立てる哺乳瓶志水寿翠