現代俳句コラム

渤海へつづく卯浪に荒稲を志賀康
言葉によって想像された景色であるにも関わらず、一読して忘れがたいイメージを刻印する作品がある。歴史的想像力ということでは、与謝蕪村の「鳥羽殿へ五六騎いそぐ野分かな」など著名な作もあるが、この一句はより悠遠で、かつ魅惑的な謎に満ちている。
「渤海」とは、七世紀の終わり頃から二百年余り日本海の対岸に存在した国。その版図は中国東北部からロシアの沿海州に及んだというが、ほとんど文献史料らしいものは残っておらず、かつて〈幻の王国〉とも呼ばれたことがある。
春から夏にかけて、まだ海上の波が荒い時期に能登半島を訪れると、日本海の彼方に〈幻の王国〉のイメージが立ち現れるのを感じる。白い卯の花が風になびくような「卯浪」。その上に蒔かれた「荒稲」は、航海の祈願なのか。予祝の象なのか。日本海の波の上に、柳田国男の幻視した海上の道よりも荒々しい、もうひとつの〈海上の道〉がまざまざと現前するようだ。
さらに本作をめぐって、高山れおなは述べる。「異国とつながる海上の道に蒔かれたひとつかみの荒稲=籾がたちまち白い浪の花=稲の花と変じ、さらに古日本人にとって宝そのものである和稲=白米となって湧き立つさまを幻視する」と。もうこれ以上何も付け加えることのない、想像力に満ちた見事な鑑賞である。
本集の序文に記された安井浩司の「神話とは、全き現在のごときに外ならないという概念の意味において、志賀俳句の場合は、現在が全き神話に外ならない…(後略)」という言葉を踏まえれば、作者によって想像された世界とは、歴史的な過去に遡行するだけのものではなく、現在そのものに、もうひとつの神話的世界を打ち立てようとするものであろうか。まさに俳句という詩型に秘められた、いまだ明かされない可能性を開こうとする作品行為ではないだろうか。
 
出典:志賀康『返照詩韻』(風蓮舎)
評者: 高橋修宏
平成29年12月1日

インターネット俳句会

ふと横に冬が来ている日曜日
熊谷古錐
線香の灰の長さやオニヤンマ
大辺利一

インターネット俳句会「一般の部G1」高点句

得点番号俳句俳号
29513太き掌も農具のひとつ牛蒡引く八王寺宇保
175小鳥来る童話の山はみな丸い山口冬人
14882手拍子で江戸を呼び出す酉の市永井良和
111連れ添ふも一人一人の夜寒かな藤ゆきこ
11625衿元をすこし直して菊師去る土田遼仙
11458木枯しの鼻に噛みつく鬼瓦山崎如尚
10502折り紙のはじめ三角一葉忌石田晴
9789ふと横に冬が来ている日曜日熊谷古錐
8563ひびき良き女の手締め一の酉永井良和
8131百歳の膝に零歳小六月土田遼仙
8172ストッキング十一月にひっかかる日暮屋又郎

インターネット俳句会「一般の部G2」高点句

得点番号俳句俳号
1579水鳥の潜りて空を残しけり藤田こくりこ
14284玉砂利のリズム乱れる七五三橋染茶龍
8630冬ぬくし郷にも郷の銀座あり岩間田中礼子
897赦してはないがお食べよ根深汁居並小
8542日常に栞挟みて冬の旅鳴海風鈴
77もみがらを焼きて大地に暇乞い大辺利一
7195鍵穴に合わぬ鍵持つ秋の暮ねこ
713学童の行きつ戻りつ落葉掻スロトレ
7725冬茜おもたき海の船だまり衛藤佳也
737冬空や切り取れるほど青と白じゃぐ
7157天窓に広がる神話冬の星抹茶