現代俳句コラム

はらわたの熱きを恃み鳥渡る宮坂静生
 静生の主宰誌の標榜は「地貌とからだ感覚を通してうたう」というものである。本句では地貌はともかく、からだ感覚の方は標榜どおりと言えるだろう。はらわた(腸)は俳句にときおり登場するが、人間および魚の場合が多い。古くは「櫓の声波をうって腸氷る夜やなみだ 芭蕉」や「錆び鮎のはらわたを喰み顔昏るる 細見綾子」などである。鳥の、しかも飛んでいる状態での詠われ方は少ない。わずかに「腸の先づ古び行く揚雲雀 耕衣」があり、もしかしたら本句のヒントになっていたかも知れない。
 静生は『俳句からだ感覚』で鬼房を取り上げた際に「芭蕉似は弱きはらわた冬紅葉」などを評して「<はらわた>などとからだの内蔵を即物的に詠う云々」と述べている。俳句の即物具象論はかなり以前から叫ばれているが、「からだ感覚」はその言い換えと見れば分りやすいように思われる。人間に限らず、鳥獣から魚介に至るまで、その諸器官は単なる構成単位の名称という即物性に留まらない。「腰を据える。腹を決める。目頭が熱くなる」などのように、象徴性があるだけに即物具象的な俳句表現にはもっとも適している言葉(名詞)であると思う。
 それにしても「はらわたの熱きを恃み」とはよくぞ言ってくれたものだ。「下腹に力を入れる。臍下丹田」はいわば「はらわた」の辺りである。人間の腹巻はその冷えを防ぐための健康法な訳で「腸は熱い」に越したことはない。
 本句は心も体も熱く力強い渡り鳥を指している。その意味では意外なほど明るく健康的な一句と読み取れるのである。 
2013年3月8日現代俳句データベースコラムに掲載されたものです。
 
評者: 齊藤泥雪
平成31年3月18日

インターネット俳句会

野良猫の前足ちぢむ残り雪
風柳子
避難所や起きて冷たき腕時計
仁和田永

インターネット俳句会「一般の部G1」高点句

得点番号俳句俳号
22690春眠のつづきのやうに母逝けり藤ゆきこ
2152豆腐屋の真四角に切る寒の水石口翼
16436星一つ仕舞い忘れて大枯野北鹿野
11128ネクタイをひきぬく音の夜寒かな石丸とんぼ
11290ものの芽を避けて一塁ベース置く田井遊歩
11589手のひらに掬ひて春の水となる先づも
10858吊革のゆつくり揺れて目借時せいち
10110一目ごと夢編み込んで春隣景月
10716待春や書き込み増ゆる母子手帳石田晴
9803つくしんぼここも外野の守備範囲二木寒山
934梅一輪ビルの谷間の地鎮祭鳩吹き
976公魚や地球の裏はカーニバル橋本幹夫
910標識の多き都会や鳥帰るさるぼぼ
9211泥の手の釣銭つかむ苗木売田井遊歩
9335死ぬこともこの世のつとめちゃんちゃんこ宮本悠々子

インターネット俳句会「一般の部G2」高点句

得点番号俳句俳号
151月冴ゆるしじまに響くハイヒールすずめ
1456子供らは春の空へと逆上がりせつこ
1314後継者なき田に到る春の水新美ひでき
11680春光や太平洋へ糸垂らす美津治
1065島一つ覆ひ尽くさむ花菜かな
9572古本に古きレシート暖炉燃ゆ空歩
958教室へ深く一礼卒業日彩華
9142国後や近くて遠き寒昴一樹伴秋
936余白には孤独溢れる年賀状人三昧
9242避難所や起きて冷たき腕時計仁和田永