現代俳句コラム

両手挙げて人間美し野の投降金子兜太
 一九七二年(昭和四十七年)発行、兜太の第四句集『暗緑地誌』所収の一句。
 『暗緑地誌』のあとがきに「五年まえの夏、緑林と田の熊谷に移った。(中略)それから現在まで、東京とのあいだを往来し、日本列島のどこかを歩き、地球上の戦争を憎んできた。そしていつか、私のなかに暗緑地誌の語が熟した」とある。また兜太は後に『暗緑地誌』のことを振り返りつつ「高度成長期という時代に対する私の反時代意識というものがあった。反措定。暗い時代だという思いがあったんです。モノがどんどん出てきてみんな豊かになるけれど、これで人間の心というものはいいのかなと思ったんだ。生な人間というものをもういっぺん見直さなければいかんということだ」と述べている。
 掲句では、投降する者を非難するわけでもなく哀れむわけでもなく、ただ「美し」と捉えている。「そうだ、それでいいんだ」という兜太の端然とした、そして慈愛に満ちた眼差しが読む者のこころに深く沁みてくる。また下五「野の」とすることで人間と大自然との強い交わりを詠ったとも解釈できよう。それもまた人間の一つの生な姿である。
 生涯の俳句活動において、人間のあるべき姿を追求し続けた兜太―。
 掲句は、後に兜太が提唱する「存在者」というキーワード……「存在者とは〈そのまま〉で生きている人間」にも通じる、まさに兜太ならではの人間賛歌なのであろう。
 
※『現代俳句』2018年7月号金子兜太追悼特集「忘れ得ぬ一句鑑賞」より
評者: 宮崎斗士
平成30年12月15日

インターネット俳句会

秋の雨こつこつこつと点字打つ
二木寒山
冬至なる大和もうもう息吐ける
今村 蔦

インターネット俳句会「一般の部G1」高点句

得点番号俳句俳号
11668百年の梁の音する冬座敷健央介
1013ふるさとの三和土の色の寒さかな倉本勉
9592大根引く腕より顔に力入れ風来子
9840星流るまたひとつ消す住所録光雲
9722百歳の所作に無駄なき文化の日本町ゑみ
915水害の記事に包まる泥の葱紙飛行機
9125ゆく秋のひと日ひと日を母とゐる田井遊歩
8553人生は老いて又良し帰り花流生
8596秋あはせ着て妻でなく母でなくプラム
8310北風に新幹線といふ尻尾耳目
8547冬めくやガラスの隅の拭き残し小文吾高田

インターネット俳句会「一般の部G2」高点句

得点番号俳句俳号
17230捨て猫を撫づれば寒き骨のあり常道國
16692一膳に一山香る茸飯葉山」
9260片恋はメビウスの輪や林檎むく眞紅
9108新海苔を炙り朝餉の顔そろふ渡辺はな
9744治ったと笑いし人の寒き通夜中村テツ
8552引き算に指を借る子や冬ぬくし渡辺はな
8180それでもと毛糸編んだりほどいたり有瀬こうこ
8352ひと群は風のかたちに沖千鳥月波
8249面取れば黒髪肩へ寒稽古輝久
728自販機のコーヒー「ゴトン」冬隣ぶんご
772文化の日人体模型天日干し美津治
7701仏壇の燐寸の湿り三の酉ぶんご
7698動かないパンダ勤労感謝の日有瀬こうこ