現代俳句コラム

梅咲いて庭中に青鮫が来ている金子兜太
 『遊牧集』所収。掲句を初めて読んだとき、その強靭なイメージに息を飲んだのだった。一句の中の青鮫と白梅、シュールな絵画を眼の前にしているような不思議な感動におそわれたのを覚えている。
 兜太氏は掲句について「戸を開けると白梅。気が付くと庭は海底のような青い空気に包まれていた。春が来た、命満つ、と思ったとき、海の生き物でいちばん好きな鮫、なかでも精悍な青鮫が、庭のあちこちに泳いでいたのである。」と述べている。(金子兜太自選自解99句)。
 この時、兜太氏は単に人を食う鮫としてではなく〈生〉あるものの命の象徴として、生命力そのものとして、具現しているのだ。白梅も命の象徴なのである。
 ふと私は、自解の「海底のような青い空気」に兜太氏の心底を重ねている自分に気付かされる。青鮫、それは魂そのものであったのだ。掲句はトラック島の海に果てた兵士へ、いや自他ともへの鎮魂であり、「青鮫」は魂の矜持としての兜太自身でもあろう。
 昨年八月、「戦あるな人喰い鮫の宴あるな」に出会う。この鮫は明らかに人喰い鮫である。この叫びにも似た金子兜太のメッセージこそ、形式を越えたころで俳句を書きつづけた兜太氏が、身をもって示した最後のメッセージとなった。金子兜太という俳人は、そのような人であった。
 
※『現代俳句』2018年7月号金子兜太追悼特集「忘れ得ぬ一句鑑賞」より
評者: 柿本多映
平成30年8月10日

インターネット俳句会

包丁をゆっくり入れて夏料理
くんせい
飛ばされて来たものとする蛇の殻
古都銀雨

インターネット俳句会「一般の部G1」高点句

得点番号俳句俳号
15414夏草や牛のピアスに氏素性丈子
13239駄々こねていても母追ふ夏帽子ジロー
13350おとうとは永遠にみどりご茄子の馬つよし
1213かき氷地球こわれる音がする石口翼
11193気まずさをかき混ぜている扇風機老海鼠子
11433叱られて蛍袋の中にいる重松築山
11756夕焼やまだ諦めぬ逆上がり石田晴
914真直ぐに貼れない切手土用照り丈子
8466ねむる児の息のふかさや蚊遣香高橋みどり
8557先頭にかすかな気負い蟻の列青石
8674緑蔭に風の私語聴く車椅子淡雪

インターネット俳句会「一般の部G2」高点句

得点番号俳句俳号
23154雑巾のねじれたままの夏休み羽夢
179敗戦忌楷書美し兄の文輝久
145匂ひ立つ母の遺作の梅酒かな紀州鰹節
1129青空をキャンバスにして夏つばめせつこ
11449生き方を少し自由に夏帽子土竜
1082長生きを罪という父終戦忌播磨翁
10393雨粒はきっと偶数夏木立まさし
106顔上げて現世に戻る箱眼鏡伯雲
965老鶯の明朝体の声で鳴く倉木はじめ
9334夏帽子丘の起伏をやって来る一樹伴秋