現代俳句コラム

アーケード育ちで町の燕の子齊藤美規
 平成18年の現代俳句大賞受賞者の齊藤美規は糸魚川市の山間部を生涯の住処として風土俳句を詠み続けてきた。その糸魚川の市街地が平成28年の年末に折からの強風に煽られて未曽有の大火に見舞われる。
 被災地を東西に横切る道路沿いにはこの句の舞台となる雁木風のアーケードが設置されていた。そこは雨の日も雪の日も賑わう近在の人にとって憧れの場所で「町へ行く」といえばその商店街のウインドーを覗き買い物をすることだった。美規は糸魚川といってもバスで三十分近くかかる谷あいの集落で産まれ育った。昔時は近在の子は町なかの子を憧れていたものである。春になると燕がやってきてアーケードで巣作りをする。そこで産まれた子燕は谷深くから出て来た作者にとっては、近所で見かける燕よりもどこか垢抜けしていて明るいものに感じられたのだ。白いハンチングを被り手帳を手に燕の巣を見上げている美規の眼鏡の縁がきらりと光る。
 燕がやって来る。このアーケードで産まれた燕は子育てのために住むべき故郷に帰って自分の家が無くなっていることを知りどんなにか悲しんだことだろう。目的を失って瓦礫の中を当てもなく飛び回るのだろうか。いや、そうではあるまい。数年後の糸魚川の復興を信じて在りし日の糸魚川のアーケードの賑わい、そこに住む人たちとの交流を子燕に語り伝えていくに違いない。そうして復興なったアーケードでは再びその燕の子の鳴き声が響き、それを見守っていく人情の厚い糸魚川市民の顔が見られるに決まっている。「町の子」は燕であっても意外としたたかで強じんなのだ。糸魚川は復興できる。復興を待ちわびている子燕になど負けてたまるかの思いで飛翔するに違いない。この句の明るさがそれを予言している。
 
 出典:『白壽』(平成6年刊)
評者: 森野 稔
平成29年8月16日

インターネット俳句会

深海の蒼き銀貨や花氷
多事
名古屋場所見合えばハタと止む扇子
ますみ

インターネット俳句会「一般の部G1」高点句

得点番号俳句俳号
14947海の日や一人ぼっちといふ浮力健央介
12451炎天の鳩は首より歩き出す石口翼
12523夏帽子少しつまんで遠会釈黒船
12552校庭の蛇口上向く炎暑かなかささ和
12347夾竹桃少し昭和の残る路地薄氷
1055難題と西瓜抱えて奴が来る石田晴
10268遠雷の遠雷のまま遠ざかる三椒
10531兄弟の死にかた違ふ水鉄砲田井遊歩
1038雑然が整然とある夜店かな赤松勝
10376夕端居喪服のままの父と母幸江

インターネット俳句会「一般の部G2」高点句

得点番号俳句俳号
13250分母より大きな分子夏休み葦手良仙
1165明け放つ家いっぱいに夏太鼓ちま
11123アイスティー薄まるまでの逢瀬かな川崎果連
10229遠雷や古き地名のままの地図夏菜
8273初蝉の腹やはらかき夜明けかなさざなみ悠子
8646古簾奥まで暗き佃煮屋三山めい
814サイレンのドップラー効果熱帯夜みづき美郷
7122荷ほどきや下宿の窓の遠花火樹林
7144蝙蝠と人さらいいた帰り道樹林
620人間忌といふ八月十五日司啓
6240いつ終わる恋かも知れぬ水羊羹秋桜
6623教室に塩素のにほひ雲の峰葉月
6760たし算に指使ふ子や天道虫かをり
6135遠雷に家路を急ぐランドセル翔介
6524潮騒や バス待つ祖父のパナマ帽Yumino Aoiro 青色 弓乃
6263熱の子にしづかに送る団扇風とんこつ
636天の川小舟が向かふ無人島今井佳香
6321夏祭り異国言葉の露天商さわぐち博志
6151陽炎の中より夫の介護バス香珠
6536夏草や蹴り足高き競走馬笹風枕
6207大皿も小皿もしめるもらい茄子深町ポチ
6744夏蝶の影を泳がせ水鏡夏喩