現代俳句コラム

帚木に影といふものありにけり高浜虚子
 僕は、俳句史上もっとも「クレイジー」な俳人は虚子だと思っていて、これは長い間の僕の持論でもある。一般的には守旧派の親玉みたいに見られているのだろうが、ところがどっこい、彼はその守旧の果てみたいなところでメビウスの輪みたいにくるっと反転して、ラジカルの極地へと辿り着いてしまったような気がしている。そしてこの句は、そのような彼の逆説的なラジカルさをよく表した句だと思う。
 確かにこの句には季語があり、定型にも収まっている。しかし、まずこの植物自体が妙に人工物めくというか幾何学的というか、何か季節感という以上の不思議な雰囲気を持っている。
 しかしそれ以上に気になるのは、句の形だ。確かに五七五なのだが、「といふもの」も「ありにけり」もある意味で余計だ。特に「にけり」は無駄だ。「箒木に影」だけでも充分に意味は伝わるし、そうでないとしても「箒木に影あり」でもう充分だ。まるで五七五に揃えるために付け足されたような、余計な言葉たち。少なくともこの句は、その内容に比してきわめて冗長だ。
 つまり、この句はきわめて「空っぽ」に近い。そしてこの「空っぽ」さに、虚子の不敵さを感じる。有季定型というルールを厳守した果てにたどり着いた究極の場所は、冗長とも見える空虚な場所だった。いやしかし、世の中でもっとも美しいものは、不純物のない透明さかも知れない。だとすれば、俳句はその姿を限りなく消し去った時、もっとも美しくなる。最高の美に近づくには、世界でもっとも短いとされる詩形ですらも邪魔なのだ。だから、最高の俳句はそれ自体の存在を抹殺した時にこそ、完成する。それはもちろん究極の矛盾であり、であるがゆえに、俳句にとっては見果てぬ夢のゴールなのだ。そんな虚子の不敵な笑みが、この句からは見えてくる。
 
※『虚子五句集』(岩波書店)
 
評者: 小野裕三
平成30年2月15日

インターネット俳句会

寒スバルQRコードに紛れこむ
世良
口論のマスクの中の湿りかな
抹茶

インターネット俳句会「一般の部G1」高点句

得点番号俳句俳号
16225マフラーの結び目にある若さかな田中つとむ
14586冬深しココアの底にある眠り幸江
11141国難にされるほど生き初詣高橋城山
11914木の香立つ柄杓に満ちる淑気かな本谷博石
10280空き缶の音を転がす空っ風高島郁文
1068座布団を裏返すごと年開ける赤松勝
10785一丁の豆腐の重み寒の水よしむら忠治
9789静けさは一つの音色雪に雪良仙
9450寒行者水脱ぐようにぬっと出るじろう
889凍鶴の一羽動けばまた一羽山田梦二
8521風花や父の生家はこのあたりまどん
8352透けながら蝋梅の花ほどけゆく

インターネット俳句会「一般の部G2」高点句

得点番号俳句俳号
13493分校の子どもの数の五連凧こいちゃん
13304凧あげの指の手ごたえ子に渡す俄風
11106語り部の皺の手かざす榾火かな筆歩
11729口論のマスクの中の湿りかな抹茶
1124小銭さへ使わぬひと日寒の入岡二
9137密葬の香炉に小さき山眠る紗理奈
8147トーストがチンと飛び出す初仕事瀧暁
8341帯締めて母と見紛ふ初鏡立山嶺
8127一切を星に委ねて鶴凍る田端欲句歩
7268母独り仔一人独楽をねだりけり輝久
7189冬の月二つに割るるペンの先小春
7153薄氷や不意のつまずき不登校思案橋紅鳴
7226秒針をふと聞いている炬燵かな麹町やなぎ
7140言ひさしてふと忘れけり小豆粥大島涼波
7540出勤の耳に噛みつく寒気かな酒梨
7307ビル街へ昭和もち込む焼いも屋酒梨
7282最後まで母は母なり根深汁馬耳東風