イベントカレンダー

初心者俳句講座(第6回)

 

初心者俳句講座(第6回)講座出席者作品 

 

砂利踏めば垣根向うの秋さだか   楠真一郎

雨の音止むやたちまち蟬の声    石黒宏志

天晴れて先祖弔う野菊かな     木元幹則

水たまりポンと跨いで落葉踏む   松本圭子

隣町金木犀の香り立つ       富塚聡子

筑波嶺を四方に衛る稲架襖     松本勇一郎

ポケットに賽銭だけ入れ秋の夕   堀梢(スタッフ)

鈴虫の声まるくまるくなる時刻   小松 敦

カピバラの瞼ぶ厚し秋日和     安達原葉子

やわらかなけものみちある花野かな 平野菜穂子

裏表二タ色にして秋の蝶      後藤 章(講師・前列右から二人目)

欠席投句者5名の句は本人の了解を得ていませんので掲載していません。