出版物

シリーズ外の出版物

評論集『詩(うた)の旅』

鳴門奈菜 著

(定価2,000円(税込) 2016年11月刊)
 
この文集の表題を「詩(うた)の旅」としたが、
俳句は散文ではなく韻文であるということを強調したく、
敢えて「詩の旅」とした。
俳句は広義な意味合いで詩である。
         ――鳴門奈菜「あとがき」
 
目次
第1章  俳句における間
第2章  俳句と〈火〉―歳時記を中心として
第3章  近代女性俳句の出発―『ホトトギス』と竹下しづの女
第4章  俳句月評(2014年1月~12月東京新聞掲載)
第5章  詩(うた)の旅