各賞紹介

松田 ひろむ(まつだ・ひろむ)


 
白い夏野―高屋正國ときどき窓秋 
  • 1938年(昭和13年)、高知市生まれ。
    工業高校時代に寺山修司などの影響を受け句作を始め、
    高校生を主体とした投稿雑誌「風」(のち「歯車」)に投稿する。
     秋元不死男の「俳句入門」に影響されて「氷海」(秋元不死男主宰)に入会。
  • 1957年、東京電力(株)に就職。鶴見火力発電所(川崎市)に勤務。
    「氷海」の句会・大会に出席。秋元不死男・西東三鬼・鷹羽狩行を知る。
  • 1959年、長野県小諸市転勤。
    「俳句人」「道標」に所属。長野県の荒井暁(寒雷)の「火山系」入会。矢島渚男を知る。
     宮坂静生にすすめられ、藤田湘子の「鷹」に入会。のち同人。
     この間、新俳句人連盟雑草賞、連盟賞受賞。道標賞、道標同人賞受賞。
  • 1976年、東京に転勤。現代俳句協会会員。
  • 1983年、板橋区を中心とした「鷗俳句会」を結成、句会指導。
  • 2000年、「鷗座」を創刊し代表となる。
  • 句集に『黄梅』『飛景』。
     著書に『入門 詠んで楽しむ俳句十六週間』『一番やさしい俳句再入門』。
     編著に『ザ・俳句歳時記』企画編纂、『ザ・俳句十万人歳時記』編集。
     現在、現代俳句協会幹事(IT部長)、東京都区現代俳句協会顧問。
 

※受賞者略歴は掲載時点のものです。