各賞紹介

松澤 昭(まつざわ・あきら)


本名同じ。 1925年3月6日東京生まれ。
父は「雲母」同人、松澤鍬江。
  • 1946年、法政大学経済学部卒業。
          この年、飯田蛇笏に会い、以後、蛇笏に師事する。
  • 1953年、「雲母」同人。
  • 1956年、現代俳句協会会員。
  • 1961年、石原八束らに從慂され、10月「秋」を創刊。
          (1962年末に主宰を辞す)。
  • 1964年、「四季」を創刊。
  • 1969年、第一句集『神立』刊行。
  • 1989年、現代俳句協会幹事長。平成6年同副会長。
  • 2000年、 同 上 会長(2期6年在任)。
  • 2006年、 同 上 特別顧問。
  • 2010年8月13日逝去
著書
句集に『神立(かむだつ)』『安曇』『父ら』『山處(さんしょ)』『宅居(たっきょ)』『麓入(ろくにゅう)』『面白(めんぱく)』『乘越(のっこし)』『飛(ひ)』『麓(れい)』『寥』『松澤昭全句集』。
評論・随筆に『現代秀句の鑑賞』『現代秀句の評釈』『俳句を思う』『俳風自在』等。