各賞紹介

伊丹 三樹彦(いたみ・みきひこ)


本名岩田秀雄。大正9年3月5日、兵庫県伊丹市生まれ。
 
  • 昭和8年、13歳にて長谷川かな女「水明」入門。
  • 昭和12「旗艦」(日野草城主宰)に拠る。
  • 昭和21年、小寺正三、桂信子、楠本憲吉、伊東きみ子等と同人誌「まるめろ」創刊。
  • 昭和24年「青玄」(日野草城主宰)創刊に参画。
  • 昭和31年日野草城没後、同人会決議により主宰継承。
  • 昭和44年ヨーロッパ吟旅。帰国後、写俳運動を興し、別号、写俳亭を名乗る。「青玄」に双樹の会(写俳クラブ)を設け、代表となる。個展、合同展を東西に亘って開催す。写俳の取材活動は国内、海外40カ国に及ぶ。
現代俳句協会副会長を経て現在顧問。
 
著書
句集「仏恋」「内外」他。全21冊。
写俳集「隣人ASIAN」「メコン沃地」他。全9冊。
「伊丹三樹彦全句集」「伊丹三樹彦全叢」(既刊7刊)「自解100句選」「自筆百句選」
 
編著
「青玄合同句集」他20冊。
 
受賞
昭和43年尼崎市民芸術賞。昭和45年神戸半どんの会文化功労賞。
昭和55年兵庫県文化賞。平成6年地域文化功労者文部大臣表彰。
平成11年神戸市文化賞。