各賞紹介

原子 公平(はらこ・こうへい)


大正8(1919)年9月14日、小樽市生れ。北朝鮮元山中学、三高を経て東大文学部卒。俳句は高校在学中「馬酔木」に授句、のち加藤鍬邨に師事し「寒雷」同人となる。戦後、沢木欣一、細見綾子らと「風」を創刊。社会性俳句を推進して句と評論に活躍。昭和27(195)年より現代俳句協会幹事をつとめる。28(1953)年「萬緑」同人。37(1962)年。「萬緑」を退会し、「海程」同人に。48(1973)年9月、「風涛」を創刊、主宰。現在、現代俳句協会顧問。
 
著書:句集に「しゅん渫船(1)」「原子公平句集」「良酔」「海は恋人」。評論集に「俳句変革の視点」。その他共著評論、句集など多数。
 
代表作のうちより
    良く酔えば花の夕べは死すとも可       公平