イベントカレンダー

第13回現代俳句大賞はドナルド・キーン氏

協会事務局 (2013年2月07日掲載)
 当協会は、1月31日(木)第13回現代俳句大賞の選考委員会を開催し、ドナルド・キーン氏を受賞者に決定いたしました。氏が『百代の過客』や『正岡子規』などの著書により、日本の短詩型文学を比較文学文化の視点から世界文学の中に位置付けられた功績を高く評価いたしました。
 受賞者の略歴等は凡そ以下のとおりですので併せてお知らせいたします。

◇受賞者  ドナルド・キーン

◇略 歴
・1922年(大正11年)6月18日、ニューヨーク市ブルックリン生まれ。(90歳)
・1938年(昭和13年)コロンビア大学文学部入学、中国人学生と親しくなり、中国語、特に漢字の学習に惹かれる。
・1940年(昭和15年)アーサー・ウェイリー訳の『源氏物語』に感動、日本語を学び始めるとともに日本思想史を学び、日本研究の道に入る。
・1949年(昭和24年)復員後にコロンビア大学に戻り、ハーヴァード大学、ケンブリッジ大学で学んだ後、1949年にコロンビア大学大学院東洋研究科博士課程を修了。 
・1953年(昭和28年)京都大学大学院に留学。永井道夫を知り生涯の友となる。
・1982年(昭和57年)から1992年まで朝日新聞社客員編集委員。
・2012年(平成24年)前年の東日本大震災を契機に日本国籍を取得して永住することを決意し、2012年3月8日に日本国籍を取得。

◇著 作
 『日本文学史 近代・現代篇』(全8巻)、『百代の過客 日記にみる日本人』、『続百代の過客近代篇』、 『日本語の美』『日本文学の歴史』(全18巻)、『正岡子規』、『ドナルド・キーン著作集』 (全15巻)など40数冊。

◇受賞等 
・1962年 菊池寛賞
・1969年 国際出版文化賞
・1983年 国際交流基金賞
・1985年 読売文学賞、日本文学大賞
・1991年 第2回福岡アジア文化賞
・1997年 朝日賞
・2002年 毎日出版文化賞
・2010年 第5回安吾賞

◇受章等
・1993年 勲二等旭日重光章
・2002年 文化功労者 
・2008年 文化勲章

◇現代俳句大賞選考委員
 宮坂静生、森下草城子、田中不鳴、寺井谷子、安西 篤、加藤瑠璃子、高野ムツオ、前田 弘
(田中不鳴、安西 篤、寺井谷子の選考委員は欠席のため書面推薦)

◇受賞式は10月26日(土)東京・東天紅上野店にて開催の「第50回現代俳句全国大会」の席上で実施の予定。

*お問い合わせ先(現代俳句協会事務局 電話03-3839-8190)