イベントカレンダー

6/7(日)第138回現代俳句協会青年部勉強会「蛇笏・龍太再読 風土詠を問う」

青年部 (2015年5月25日掲載)

      「蛇笏・龍太再読 風土詠を問う」

       高柳克弘  山口優夢  (司会)野口る理


 厳めしく屹立する蛇笏、溌剌とたゆたう龍太。飯島晴子はこの父子を「蛇笏を熱いロマンティストとすれば、龍太は冷えびえと醒めた人である」と称した。二人はともに、甲斐の自然を骨太に詠み上げた風土俳人として知られている。しかし、蛇笏や龍太の句に詠まれた自然は、本当に、甲斐の自然なのだろうか。たとえば龍太の名吟〈一月の川一月の谷の中〉の山河は、甲斐の山河だといえるのか。
「龍太の謎、幻の山河」(KADOKAWA「俳句」)連載を開始した高柳克弘と、蛇笏・龍太の故郷甲斐在住の山口優夢を迎え、青年部から司会の野口る理を加えた若手俳人三人が、蛇笏・龍太の俳句の芯に切り込む。


【日時】6月7日(日)
    13:30?16:30(受付13:15?)

【場所】新宿家庭クラブ会館 中会議室 (新宿徒歩8分)
    所在地:〒151-0053 東京都渋谷区代々木3-20-6
    (TEL) 03-3370-6322

【参加費】一般 1000円
     学生 500円
     学生(現代俳句協会会員)無料

【定員】40名(受付順)


【申込・問い合わせ】
 第138回現代俳句協会青年部勉強会

〒101-0021 東京都千代田区外神田6-5-4 偕楽ビル7階
      TEL 03-3839-8190 FAX 03-3839-8191

    <E-mail>genhai.seinenbu@gmail.com


現代俳句協会青年部ブログトップ