イベントカレンダー

締切3月31日(金)第三十七回現代俳句評論賞募集

顕彰部 (2017年3月27日掲載)

現代俳句協会では、かねてより現代俳句評論賞を制定し、俳句に関する評論を広く公募しております。 
協会員に限らず、現代俳句を志向する方たちのご応募をお待ちしております。

◆選考委員 綾野道江、岩淵喜代子、恩田侑布子、久保純夫、高橋修宏、林 桂、柳生正名(五十音順)
◆評  論 1,応募は四百字詰め原稿用紙で本文30枚(12,000字)以内とする。
      2,既発表作品で、前年または前々年の俳句総合誌に発表された評論も
        四百字詰め原稿用紙30枚(12,000字)以内とする。
      3,単行本は対象外とする。
◆応募方法 作品とは別の原稿用紙に、氏名・年齢・住所・電話番号・俳歴を明記のこと。
      なお、作品原稿の右下に必ずページ番号を記入のこと。
◆応募資格 一切、制限がありませんが、応募は一人一編とする。尚、応募原稿は返却しません。
◆整 理 費 2,000円(定額小為替同封または現金書留にて)
◆締  切 平成29年3月31日(金)(必着)
◆発  表 機関誌「現代俳句」等に受賞作品を発表。
◆顕  彰 賞状および賞金十万円
◆表 彰 式 平成29年11月23日(木)70周年記念第54回現代俳句全国大会(東京)にて。
◆投 稿 先 〒101-0021 東京都千代田区外神田6-5-4 偕楽ビル外神田 7階
         現代俳句協会宛
※封筒表面に「評論賞応募作品在中」と朱記して下さい。