イベントカレンダー

締切迫る 4月30日必着 第十八回現代俳句協会年度作品賞募集

顕彰部 (2017年4月24日掲載)

この賞は、協会会員の日頃の作句活動の中から生まれた優れた作品を顕彰するため制定されたもので、 毎回、多くの方から応募いただいております。今回も皆様のチャレンジをお待ちしております。

◆選考委員 
石倉夏生、浦川聡子、大井恒行、こしのゆみこ、佐藤映二、田村正義、原 雅子(五十音順)

◆応募資格 現代俳句協会員に限る。応募は一人一編のみとする。

◆対象作品 雑詠三十句。
      平成28年1月~12月間の既発表または未発表の作品とする。
      
◆応募用紙 
A4判・四百字詰め原稿用紙二枚にタイトルと句番号を付した作品三十句のみを記入する。
      これとは別の原稿用紙一枚に、タイトル、氏名、性別、年齢、住所、電話番号、俳歴を記入する他、句番号ごとの発表誌名と発表月を明記する。未発表句には「未発表」と記入する。
      *作品を記入した原稿用紙には氏名および発表誌名を記入しないようお願いします。

◆整理費  2,000円(定額小為替同封または現金書留にて)

◆締切日  平成29年4月30日(必着)
 
◆発 表  機関誌「現代俳句」に受賞作品を発表。

◆顕 彰  賞状および賞金10万円。

◆表彰式  平成29年11月23日(木)70周年記念第54回現代俳句全国大会(東京)席上にて。

◆原則として、全応募作品を対象に本選を行う。
 但し、応募数が想定を超える多数となった場合は予選を実施することがある。

◆選考は、作品を記入した二枚を事前に選考委員に送付し、選考委員会の場で審議・決定する。
(住所氏名等を記入した用紙は顕彰部および事務局にて保管する)

◆投稿先 〒101-0021 東京都千代田区外神田6-5-4偕楽ビル(外神田)7階 現代俳句協会宛
*封筒に 「年度作品賞応募作品在中」 と朱記して下さい。