イベントカレンダー

第35回現代俳句評論賞は高野公一氏「天空の越後路・・・芭蕉は「荒海」を見たか」に決定

顕彰部 (2015年8月10日掲載)
当協会は、8月1日(土)協会事務所において第34回現代俳句評論賞の選考委員会を開催し、
受賞作品を決定いたしましたのでお知らせ申し上げます。
                                                          
◎第35回現代俳句評論賞   ?野公一(たかの・こういち)
              「天空の越後路・・・芭蕉は「荒海」を見たか」

              ※ 受賞作品は「現代俳句」11月号に掲載予定です。

◎受賞者略歴
・1940年(昭和15年)9月19日、新潟県生まれ。74歳。
・1965年(昭和40年)国際基督教大学を卒業。世田谷学園教諭を経て
          日本精工株式会社入社、2004年の退任まで海外部門を担当。 
・1998年(平成10年)俳誌「山河」に参加
・2000年(平成12年)渓流賞受賞                
・2003年(平成15年)現代俳句協会入会
・2004年(平成16年)山河賞受賞
・2007年(平成19年)第一句集『六度六分』上梓
・2011年(平成23年)第二句集『アンダンテ』上梓
・2014年(平成26年)第六回多摩地区現代俳句協会賞受賞
・現在、「山河」同人。現代俳句協会会員

◎選考委員(敬称略・五十音順)
 綾野道江、岩淵喜代子、大畑 等、恩田侑布子、高橋修宏、林 桂、柳生正名。

◎表彰式
平成27年10月24日(土)午後1時より東京「東天紅上野店」にて開催の
「第52回現代俳句全国大会」席上で実施。
                                  
*お問い合わせ 現代俳句協会事務局  電話03-3839-8190