イベントカレンダー

現代俳句協会の出版ガイド(改訂版)

出版部 (2013年4月01日掲載)

 出版部は、これまで「現代俳句の一〇〇冊」シリーズ、「現代俳句の展開」シリーズ等発行を続け、協会を代表する作家、有望な作家の句集、評論集等の刊行で実績をあげてきました。ふり返ってみますと、それが作品面において目に見える協会の歴史ともなっています。その実績を受け継ぎ、この度新たな考え方により新しく出版シリーズを設け積極的に句集を中心とした刊行に取り組むことになりました。度々検討を重ねてきた?現代俳句協会賞?が、三年間の作品50句対象から句集が対象となったことも理由のひとつです。

 新シリーズのコンセプトは、〈一冊一冊のブックデザイン(装丁)がオリジナル、そのうえに今までのシリーズよりも安い料金で〉ということです。句集等生涯を通じそんなに度々出せるものではありません。句集そのものが著者の人生と言ってよいでしょう。著者の意図、作品の内容雰囲気を活かしたブックデザインを目ざしています。また、今まで予算的になかなか句集が出せなかった方々も参加出来る料金を設定しています。これから紹介する新しい「出版シリーズ三柱」各々においてこのコンセプトのもとにすでにスタートしています。

 そのコンセプトのもとにスタートした「現代俳句協会の出版シリーズ三柱」は、シリーズ〈現代俳句コレクション〉、シリーズ〈現代俳句の展開〉、〈現代俳句協会〉新鋭シリーズです。各々のシリーズも今日的な視野に立ったフレッシュな企画と思っています。
 以下、「現代俳句協会出版シリーズ三柱」を各々紹介します。

(1)シリーズ「現代俳句コレクション」
 現代俳句協会を代表する実力作家シリーズとして位置づけています。今までの「現代俳句の一〇〇冊シリーズ」にかわるシリーズですが、今日的視野に立った斬新な新シリーズです。ブックデザイン(装丁)は、先に述べたように著者の意図を生かしたオリジナルなものです。

〔現代俳句コレクション〕 各冊 定価1,500円(税込)

? 鳴戸奈菜 『永遠が咲いて』 平成24年4月発行
  
     玉手箱そろそろ開けよう耕衣の忌  奈 菜

? 
久保純夫・久保るみ子 『美しき死を真ん中の刹那あるいは永遠』 平成24年5月2日発行196頁

     青葡萄つるんと剝けてるみ子死す  純 夫
     常世から少し揺らぎて蓮華草    るみ子

? 柿本多映  タイトル未定 [近刊]

? 佐怒賀正美 『天 樹』 平成24年10月31日発行128頁

     春服の隠しどころの快癒かな    正 美

? 鈴木八洲彦 『浮 氷』 平成25年1月3日発行200頁

     ゆゑなくて言持たぬ日の浮氷    八洲彦

? 岡崎淳子  『蝶のみち』 [近刊]

? 川名つぎお タイトル未定 [近刊]

 このシリーズの第?期は十名(十冊)と限定しております。なお、既刊の句集については現在定価一、五〇〇円(税込)にて販売しています。希望者は、協会事務局宛お申込み下さい。このシリーズの既刊、続刊についての情報は当協会の「現代俳句」誌上に掲載の予定です。

(2)シリーズ「現代俳句の展開」
 このシリーズは、現代俳句協会会員であればどなたでも参加できます。現代俳句協会賞が句集対象となったことを含み、出版部として今後力を投入していくシリーズです。概要を記しますと、
一、発行形態 現代俳句協会出版部の編集による著者自費出版とする。句集はどこでもこれが普通です。
一、収める句数及び頁数 三〇〇句前後、一六〇頁前後を基本とします。
一、装丁 レイアウト、著者の意図を生かし専門のブックデザイナーがいたします。
一、部数 三〇〇部(基本)です。
一、経費 会員のための出版サービスを基本としている為、協会の手数料(交通費、通信費)を含め原価と言ってよい料金を設定しています。
 詳しくは、事務局に案内書が置いてありますので請求ください。

(3)「現代俳句協会」新鋭シリーズ
 現代俳句協会会員の50歳くらいの若手作家のシリーズ句集です。今日、若手作家の句集が経済的な理由を含めて少なくなっています。このシリーズは、その今日的状況を考慮、打破し有望な新人を発掘し俳壇に推していく目的もあります。これまでにない斬新な企画のシリーズです。概要を記しますと、
一、発行形態は他と同じ自費出版です。
一、収める句数及び頁数 二〇〇句(基本)一一〇頁?一四〇頁を想定しています。
一、装丁 レイアウトは、他のシリーズと同じ専門のブックデザイナーが行ないます。
一、部数は三〇〇部を基準とします。

   どのシリーズも句集を対象としていますが評論集、紀行エッセイ等も可能です。評論集、紀行エッセイ等については原稿の分量により印刷費等大きく違いますのでその都度の見積りといたします。
 この「シリーズ三柱」各々にすでに決定、内定が出ており発行は、先に決定した著者の句集からとしています。この新たなシリーズをきっかけに多くの秀句集、良書が生まれることを念願しています。


出版部長  中村 和弘