イベントカレンダー

4/22(日)第26回現代俳句協会青年部シンポジウム「俳句の輪郭」

青年部 (2018年4月01日掲載)

第26回現代俳句協会青年部シンポジウム

「俳句の輪郭」

現代俳句協会編『昭和俳句作品年表』戦前戦中篇・戦後篇の刊行は、昭和の俳句表現史の高みを一望する画期的な成果であった。一方で「大衆の文学」と称される俳句において、表現史には浮かび上がらない、地方結社や新聞俳壇で活動した無数の投句者、俳句愛好家の存在も大きかったことは、言うまでもない。従来の俳句史では周縁に位置づけられた作家たちの活動こそ、我々が半ば自明のものとしてきた「俳句」らしさ、いわば「俳句の輪郭」を形成したといえるのではないか。

平成の終わろうとしている今、これまでの俳句史の編み方に疑問を抱き、捉え直す動きが活発化している。批評・実作を通じて上記の問題を提起してきたパネリストとともに、俳句を「詠む/読む」行為を捉え直したい。

 
【パネリスト】秋尾敏・青木亮人・外山一機・安里琉太(司会)久留島元
 
【日時】2018年4月22日(日)13時半~16時半(13時開場)
 
【会場】ゆいの森ホール (ゆいの森あらかわ⇒アクセス
〒116-0002 東京都荒川区荒川2-50-1
都電荒川線「荒川二丁目」徒歩1分、千代田線・京成線「町屋駅」徒歩8分)
 
【参加費】
一般:1000円 学生:500円
学生協会員・高校生:無料
※17時~パネリストを囲んで二次会を予定しております。3000円(要予約)
 
【お申込・お問合せ】
要申込・定員120名予定、受付順。
下記の青年部メールアドレスへお願い致します
 
または葉書、FAX で下記へ。
〒101-0021千代田区外神田6-5-4偕楽ビル7階 現代俳句協会事務局
FAX 03-3839-8191(電話03-3839-8190)
 
現代俳句協会青年部ブログ