機関誌『現代俳句』

2018年7月号

特別作品
三月の言葉やさしくやって来る   今野 龍二

うす繭に閉ぢ込めてあり少年期   大場鬼怒多

外郎のやうな花冷「出棺です」   岡田 一夫

一輪の梅に眠りを覚ます山     桑田 和子

梅ふふむ聞こえぬ方の耳を掻く   高木 昭夫

初螢はにわ琴弾く母の里      高木 一惠

くしやくしやに咲き満作の花盛り  名久井清流

あけっぴろげな空に隠れむ揚雲雀  渡部 健
 
目次PDF版

現代俳句 目次 平成30年7月号 通巻621号

グラビア 俳句ひらく

列島春秋

直線曲線 「一句一句」 高野ムツオ 10

「わたしの一句」 宮坂 静生 12

◆特別作品◆

 修善寺物語  今野 龍二 13

 青瓢     大場鬼怒多 13

 外郎のやうな 岡田 一夫 14

 兜太逝く   桑田 和子 14

 春まつり   高木 昭夫 15

 『榧の舟』より 高木 一惠 15

 亀鳴く    名久井清流 16

 揚雲雀    渡部 健 16

 

■金子兜太追悼特集■

金子兜太弔辞 「混沌たる明晰」 宮坂 静生 18

追悼句  20

 黒田杏子(「藍生」)、宇多喜代子、宮坂 静生、

 伊丹三樹彦、安西 篤、中村 和弘

「人間金子兜太」 宇多喜代子 22

追悼文  24

 佐佐木幸綱、復本一郎

金子兜太のあゆみ  安西 篤 26

金子兜太の百句   武田 伸一 選 27

忘れ得ぬ一句鑑賞  30

 柿本 多映、正木ゆう子、小川 軽舟、大牧 広、池田 澄子、小澤 實

 渡辺誠一郎、松本 勇二、高岡 修、恩田侑布子、宮崎 斗士

金子兜太先生特別講演より  36

「兜太を思う」(その1)  45

 

年鑑2018を読む 49

 吉川真実、鈴木砂紅、松本勇二、山本敏倖、山戸則江、森須蘭

特集・第55回現代俳句全国大会 選者詠 53

「今、伝えたい俳句 残したい俳句」 松王かをり 57

ブックエリア

 茂里美絵句集 『月の嘆き』  高橋比呂子 58

 石寒太『風韻』  恩田侑布子 59

 田中青志句集 『青』  犬飼 孝昌 60

 中内亮玄『赤鬼の腕』  大井 恒行 61

第10回 「現代俳句の風」・秀句を探る 62

 五日市明子、大井恒行、岸本砂郷、佐藤文子、西田唯士、町野広子

協会だより 78

 

表紙 写真提供:「五箇谷田圃に架かる虹」飯塚英夫

写真提供:「大新田に白鷺」飯塚英夫

購読料 (含送料)
定価600円
予約購読
半年…3600円/1年…7200円