機関誌『現代俳句』

2019年2月号

特別作品
手をつなぐ勇気ください冬の虹    阿部 友子

沈黙のゆつくり育つマスクかな    石原百合子

浮雲と靴音が友紅葉狩        亀松 澄江

ダーウインといふ名の薔薇に冬の蠅  後藤 章

花野風浅き傷より乾きゆく      小西 瞬夏

込みあえる枇杷の花なり女系なり   清水 伶

古絨毯家族そろっていた凹み     なつはづき

彼の世との行間にいて春寝覚     西川 吉弘

うららかや曲つたままの釘のばし   西田みつを

風を入れ陽を入れ家郷耕せり     和田 仁
目次PDF版
現代俳句 目 次平成31年2月号 通巻630号

グラビア
俳句ひらく 青胡桃一期が夢であるものか 宇多喜代子
わたしの一句 春一番ニューヨークから女客 山崎 聰
列島春秋
直線曲線 追悼句を読む 武田 伸一 6
 
◆特別作品◆
冬の虹  阿部 友子 8
けだもの 石原百合子 8
海峡の風 亀松 澄江 9
十句   後藤 章 9
乾き   小西 瞬夏 10
約束   清水 伶 10
凍蝶   なつはづき 11
春寝覚  西川 吉弘 11
梟    西田みつを 12
冬すみれ 和田 仁 12

◆特別寄稿◆
天地悠々 兜太・俳句の一本道 河邑 厚徳 13
 
「風土記篇」―新潟―(2) 清水 逍径 30
「翌檜篇」(青年部) 野住朋可、廣島佑亮、脇坂拓海、佐々木紺 32
 
●随想●
隠岐島前への旅 久保 筑峯 38
早春の海    宮嵜 亀 39
ティータイム さいとう白沙、柴田 郁子、西井 健治 40
ブックエリア
池谷秀子句集 『ジュークボックスよりタンゴ』 哀しみを軽やかに 大島 雄作 42
山崎聰句集 『流沙』 あと一歩 伊藤 政美 43
武馬久仁裕 『俳句の不思議、楽しさ、面白さ―そのレトリック』 山本 左門 44
田中葉月句集 『子音』 パパともう一人のわたし 北川 美美 45

第10回 「現代俳句の風」 46
秀句を探る 55
 小山田伸道、加納 壽一、鍬守 裕子、鈴木 正治、前川 弘明、森田 公司

「今、伝えたい俳句 残したい俳句」 渋川 京子 58

◎平成30年度新入会員記念作品 59
季語のない俳句の成立条件 第156回現代俳句協会青年部勉強会 60

協会だより 64
表紙 写真提供:「幻想の雪景色」矢田満雄
わたしの一句 写真提供:「春一番」徳武進吉
購読料 (含送料)
定価600円
予約購読
半年…3600円/1年…7200円