各部の活動

協会図書室

このたび、協会創立70周年記念事業の一環として、協会保有の約1万冊の新旧俳句資料(図書)を、東京都荒川区との協定をもとに、平成29年3月開館の同区の複合施設「ゆいの森あらかわ」につくられる図書館(蔵書数60万冊規模)に移管いたしました。

 開館後、その一角は「現代俳句センター」と呼称されて一般に開放され、俳句を愛する人々が広く利用し、活動できる、現代俳句の新たな拠点として大いに期待されます。図書の管理については、専門司書の下に一括管理される予定です。

 今後、協会宛に新規に寄贈される句集・著書の受け入れについては、従来通りいったん協会で受け入れ後、適時「ゆいの森あらかわ」の図書館へ移転することとなります。結社俳誌は今まで通り協会で受け入れ協会書架で管理します。