協会案内

運営・主要役員 - 金子 兜太 名誉会長

金子 兜太 名誉会長

人体冷えて東北白い花盛り  金子兜太
略歴
大正8年9月23日、埼玉県小川町に生れる。父元春(俳号伊昔紅)母はるの長男。
昭和16年東京帝国大学経済学部に入学。加藤楸邨に師事。
昭和18年半年繰上げ卒業。日本銀行に入行し三日で退職。海軍経理学校に入学。
昭和19年トラック島に海軍主計中尉として赴任。
昭和21年最終復員船で帰国。
昭和22年日銀に復職。塩谷皆子と結婚。
昭和31年第一句集「少年」により第5回現代俳句協会賞受賞。
昭和37年俳誌「海程」創刊。
昭和58年現代俳句協会会長に就任。
昭和62年朝日俳壇の選者となる。
平成元年紫綬褒章受章。
平成6年叙勲。
平成8年句集「両神」により第十一回詩歌文学館賞受賞。
平成9年NHK放送文化賞受賞。
平成12年現代俳句協会名誉会長となる。
句集

「少年」「蜿蜿」「暗緑地誌」「遊牧集」「詩経国風」「皆之」「両神」

主な著書

「定型の詩法」「今日の俳句」「一茶句集」「わが戦後俳句史」「放浪行乞」「二度生きる」