現代俳句コラム

流木の焚火のなかに国生まる大畑 等
 この国の祖先は、おそらくは皆、どこからか流れ着いたのである。土着の〈国つ神〉でさえ、流浪の過去を持っていたに違いない。むろん、その「国」と呼びうる共同体が形成される以前の話である。
 浜に流れ着いた人々は身を寄せ合い、先にその地に着いた人々と間合いを計りながら小屋を建て、食を漁りはじめる。夜になれば火を焚き、明日の糧について語りあった。
 ある日そこに、先住の人々が訪ねてくる。警戒心に満ちた目を笑顔で隠しながら、彼らは身振り手振りで、どうやって火を起こしたのかと尋ねたのであった。
 流れ着いた人々は、先住の人々を受け入れ、火を起こす技術を見せ、どこで魚が捕れるかを尋ねた。そのとき、流木を燃やす火のなかに、国家と呼びうるものの核が形成された。
 この句の作者、大畑等は和歌山県新宮市の生まれ。熊野の風土性を一身に封じ込め、東京で建築学を学び、千葉県現代俳句協会会長を務めた。現代俳句協会の幹事も務め、IT部長としてこのホームページを充実させたのも大畑であった。
 大畑等は、手垢の付いた日常の言語表現が、何を伝える力も無いことを知り抜いた男であった。空虚な都会の言葉に終生抗ったと言ってもよい。彼は、風土からわき上がる血の温みを持った言葉だけを信じ、俳壇から、命を伝える力を持たない類型化された表現を駆逐するべく戦い続け、平成二十八年一月、心不全によって六十代半ばでこの世を去った。記憶されるべき男と思う。
 
 
出典・大畑等遺句集『普陀洛記』(二〇一七年刊)より
     ※付記 大畑等遺句集『普陀洛記』の跋文を宇多喜代子氏が書かれている。
     一読をお勧めする。
評者: 秋尾 敏
平成29年6月1日

インターネット俳句会

くれよんの二十四色山笑ふ
安島寒山
反比例グラフの先のレモン水
橘 八州

インターネット俳句会「一般の部G1」高点句

得点番号俳句俳号
174飛魚の海を見つめて売られけり山寺屋
13265母の日の母しか読めぬ父のメモ田村洋々
13570分校に生徒の数の巣箱あり翠雲母
12518蛙にも田を売るべきか問うてみる健央介
11916江ノ電を一駅乗りて蝶去りぬ風の鳥
1194江の島を持ち上げてゐる大卯波土田遼仙
9359妄想が脹らみピーマンとなっている赤松勝
8839しやぼん玉運のいいやつ悪いやつ鈴木良二
8305道問へば上る西入る京薄暑達哉
8745本当はおしやべりもして蟻の列きたひばる
8511ひと風が脊椎となるこひのぼり耳目

インターネット俳句会「一般の部G2」高点句

得点番号俳句俳号
13714妻になる人を待つ駅夏近し橘八州
12125睡蓮や引き込まれゆく雨の糸ねぎ
1016重力を解き放たれし夏の服平井充
8119受けとめてほしき人へと草矢射る鳩吹き
8450「好き」という二文字が言えずパセリ食う蔵之はじめ
7197ランナーの倒れ込んだる春の芝くわちゃん
7379この星のどこかに出口蟻地獄葦手良仙
7210涼風に手足が泳ぐ赤ん坊二今友行
781薫風や通過合図の無人駅おさむ
6664五月二日の空は僕が殺したかひな
63母の日や妻は実家で子にもどる川崎果連
6174寝返りに拍手をおくり初節句とんこつ
6392たけのこに名札が付いて道の駅上田おさむ
699万緑や生きよ生きよとささやける馬耳東風
6396捨て里に都忘れの二輪ほど森下風来
643啓蟄や会いたい人を書き出して友華