現代俳句コラム

大岡頌司
 
      そよいでは
      靜もる笹の葉に
      臼處   
   
 
 おそらく、この句の読者は、この句に執着し続ける限り、三行目の「臼處」(うすど)という言葉に、終始、悩まされ続けるであろう。この言葉の意味を求めて種々の辞書や辞典を引き続けるに違いない。これは、句を〈読む〉に当たっての最も基本的な手続きである。如何なる論理を捏ね回したところで、この言葉の意味が不分明なままでは、この言葉との関連において、一行目、二行目のフレーズが宙に浮こう。しかし、である、この句は、この言葉の意味が分明でなければ、真に、理解が覚束ない作品なのであろうか。そうではあるまい。                                                    
 「臼處」とは何か。「臼處」それ自体である。造語であろうとなかろうと、「臼處」は「臼處」である。この漢字二文字の単語が指示すると覚しき意味のベクトルを、一行目、二行目のフレーズとの有機的関連において〈読〉み取ればよい。但し、その際、《改行》により一行目、二行目のフレーズを断絶し、その下部に続くそれぞれに強度の異なる《空白》は、必ず、〈読〉まれなければならない。その強度は、二行目のそれが、一行目のそれよりも遙かに上回っていよう。もちろん、三行目に「臼處」という重い謎を秘めた言葉が斡旋されているからである。仄聞するところによれば、昔日、この句が発表された時、高柳重信は、こう評したという。俳人たるもの、誰しも「臼處」を持っていなければならぬ、と。そこまで〈読〉み取れれば、もう十分ではないか。一行目、二行目のフレーズが意味するところは、人間と自然との類似的呼応関係、また同時に、この句の表現総体において「臼處」という言葉が暗に告示する威力に着眼すれば、おのずから了解できよう。決して難解な句ではないのである。
 
出典:『臼處』昭和37年3月 端溪社発行
評者: 高原耕治
平成27年4月11日

インターネット俳句会&ジュニアネット俳句会

黄泉の道知らん顔して野蒜摘み  
木村山階
掌に重きステーキナイフ桜冷え
優子

インターネット俳句会「一般の部G1」高点句

得点番号俳句俳号
2255ほほ笑みも介護のひとつ水温む遠藤甘梨
111138あと少し伸びれば土筆海見ゆる山田たかし
10368長老の一声高く野火放つ山本春川
8415よきほどに離して飾る夫婦雛松村洗耳
8658妻の顔写真で出荷春大根史慧
8210たんぽぽの絮飛ぶやうに定年す田居吾十歩
7284種袋振れば命の音たしか勝俊一
7439風船に紐を付ければ逃げたがる石口翼
61109木蓮の先を左と教へられ元貞
6756オムレツのふわりと焼けて春の朝ポラリス
5835啓蟄や演奏前の音合はせ倉本勉
5338少年に終わらぬ冬の物理学閑人
5945雲ひとつ描き足す画布や風光る菊鞠潤一
51229一斉に喋り出したる蕾かなよしほ
5726ゴンドラはゆらりと花の雲に乗る濱本紫陽
5390「父ちやん」と呼ぶ妻と居て春耕す陶生
5197啓蟄や這い出しさうなしゆろたわしせいち
51豪雪や耐へし丸太の築百年佐々木無風
51154七人の敵に加へて杉花粉北川
5812老農の今年限りと言ふ春田名無之権兵衛
5131桐咲くや娘一人もいない村大塚正路
5720以下同文名前呼ばれて卒業す戊三春

インターネット俳句会「一般の部G2」高点句

得点番号俳句俳号
10442卒業子逆上がりして走り去り田中秋明
813村一の子だくさんなり山笑ふプラム
8332春水を鳥はばたいて光とす田中秋明
7154母の母その母そろひ雛の宴おにまんじゅう
7686語らいはいつも過去形桜餅ヤマ怜
6625揚げ雲雀校門だけの母校跡米鮫夢猪
6821表札に新妻の名や春の風
612石蹴りて路傍の春に出逢いけりかまち花織
636学食を残さず食べて卒業す友好東庵
6209春風や弥勒菩薩の指の先牧岡直明
5184手にとればほろと崩るる春の土道子
5268日射しごと袋につめて水菜摘む東天
5995初蝶に見合いの席のほぐれけり
5326おのが色未だ決まらぬ初蛙道子
594胸の奥開くが如き白木蓮佐々木信男
4838観覧車春風掬い登り行くヤマ怜
4317さみどりの風に乗る蝶向かふ蝶プラム
4180桃の花七つの吾子の許嫁四万十八郎
4395つぎはぎも同じ花柄針供養齋藤文十郎
4760春うらら箸ですくえぬ目玉焼白兎
4960うどん屋で小銭数へる春うらら
4162地球ごと放り投げたし花粉症清治
4237春風や仁王の指も反りかへる植松半石
4491屋根葺きの職人若し風光る啓之
4419ふらここや明日の空に飛ばす靴かまち花織
4784春の雨地球がすこしふくらんだ安島寒山
441春の宵合わせ鏡に問しことかまち花織
4800鬼の面そへて福豆売られけり山本伊佐
4691不揃いの母の草餅野の香り記内カノン