現代俳句コラム

友よ我は片腕すでに鬼となりぬ高柳重信
 「富澤赤黄男の没後、彼の門下たることを自覚している者は二人おり、一人は詩人として頭角を現わした鷲巣繁男、もう一人は私である。」(『講座日本現代詩史・第三巻』昭和48年)、という「私」、即ち高柳重信は、
   身をそらす虹の
   絶巓
       処刑台
や、
   沖に
   父あり
   日に一度
   沖に日は落ち
などの句で、富澤赤黄男の一字空白表記による「切れ」の認識を、四行表記を典型とする多行形式へと発展、「言葉の連続性と不連続性との統一」を造型性に置こうとしたが、高柳重信という署名を拒み、山川蝉夫の筆名で発表した一行形式の掲句は、重信の言葉通り「夕暮れの物憂さに誘われる単純素朴な言葉の遊びに過ぎない」のであろうか。
 重信の従来の考え方、「言葉の集合の一単位としての心象は、当然に、それだけで明確な一行を形成すべきだ」ということからすれば、友人、そして自身の内面への呼びかけである「友よ」を際立たせるためにも多行形式となるはずであるが、「すでに俳句形式が知り尽くしている技術のみを使」い、「一句について五分間以上は考えないという制約を厳密に守」った掲句は、一行形式で、しかも一句としての完成度が高いものとなっている。
 人間という概念をつくり出す為に、その反対物として造形され、隠れて姿を現さない「隠(おん)」に由来するという「鬼」は、「異形」或いは「死者の世界」の象徴。大学卒業時に肺結核を患う暗い運命を抱えつつ、いや、抱えたからこそ、俳句に一生を捧げた「我」の片腕は既にあちらの世界にあって、思うように支配できぬものとなってしまったが、もう一方の腕はこちらの世界にあるという、どちらかと言えば宙ぶらりんな状態。俳句を必死に書き綴ってきた者にとって、それはあまりにも痛ましく、重信の前半生の多行形式から、後半生の一行形式を考えた時、富澤赤黄男の「詩人は、自己の≪詩≫によつて、自己の<限界>を超えようとする悲願の中に生きるほかない。詩人とは、つひに永遠に<実験するもの>でしかないのではないか」という言葉を思わずにはいられないのである。
 <実験するもの>として、「象徴の空白の激しさ」を覗きながらも「空白は 空白のまま」と沈黙せざるをえなかった赤黄男、そして、「行をわけて、頻繁な断絶を」と言いつつも、「言葉の遊びに過ぎない」と、山川蟬夫の名で後半生から最晩年まで書き綴られた一行の作品群。それらを考えた時、赤黄男の一字空白表記も、重信の多行形式も、不易性と流行性を獲得せんがための試行であったという考え方もできる。一行形式の掲句を発表して6年後、高柳重信は肝硬変のため、片腕のみでなく、遂に鬼籍に入るのである。
 高柳重信が言うように「外見はどうあろうとも、いまや俳壇のあらゆる問題は、言葉に対する認識如何にかかっている」とすれば、「現代俳句」は、まだ可能性への挑戦過程にあるといえるのではないだろうか。
 
出典:『高柳重信全集第一巻』(立風書房・昭和60年)
評者: 白石司子
平成27年8月21日

インターネット俳句会&ジュニアネット俳句会

川越えて河原撫子まで行けぬ
森野 稔
画用紙をはみでる顔や夏みかん
よいどれ

インターネット俳句会「一般の部G1」高点句

得点番号俳句俳号
14422一切れは座敷わらしに冷し瓜せいち
12375許さぬと兜太の文字や風灼くる優子
1144意味もなく腕時計見る暑さかな雄田俊石
11912跳ぶためにある夕焼けの水たまり石田晴
11183ただ笑ふ母も加はり端居かな達哉
10627自販機のドスンと響く熱帯夜青石
1097一匹となりて西日の金魚鉢藤岡初尾
10794クロールの右手が富士を抱き寄せる清治
9133老夫婦寸劇のごと蚊を打ちぬ田村洋々
9755大西瓜この世あの世と切り分ける昌司
8570団扇絵の写楽が睨むへぼ将棋極楽とんぼ
8927夜濯や明日を担ふ背番号泉口津奈
89煩悩を追い出したくて髪洗ふ桂典々
719空蝉の神木しかと掴みをり青野草太
7882天井のしばらく遠し昼寝覚石田晴
753サングラス掛け曖昧なことを言う石口翼
7681包丁に銘あり鱧の静かなり大谷彰一
7296遠雷や指あてて診る不整脈土田遼仙
7711遠泳や真昼の陸が浮き沈み茜薫
7442謀議かも男同士のかき氷遠山悟史
714度忘れを慰め合いて心太横のボケ道

インターネット俳句会「一般の部G2」高点句

得点番号俳句俳号
156万緑や筆圧強き山便り中野徹
6508妻も子も故郷も無くてかき氷清水滋生
5207蜘蛛の囲に夕日すっぽり捕はるる菊地たかね
560梅雨寒や点灯長き「手術中}としもり
447長靴の甲の熱さや草むしりラヂオ少年
4160川音をそのまま使ふ夏芝居山川康二
4388見なかったことにしようか納屋の蛇記内カノン
4707子のドレス短くなりて夏終わる山崎敏江
4539虫も鳴かない夜に泣いてみた下置5円斎
4410洗顔の泡ふんわりと梅雨上がる佐々木とくえ
4572父の日に贈りものあり逆上がり上田おさむ
4815画用紙をはみでる顔や夏みかんよいどれ
4378百日紅(さるすべり) 紆余曲折の先に咲く吉成穀雨
4828雲の峰ひと伸び足らぬ大飛球八王寺宇保
4248太陽を入れて投網の重きかな竜川
4762見渡せば大地を揺する青田波野村純一
3543遠雷や裸足で歩く板廊下豊後ぶんご
3317添い寝して手元の止まる団扇かな猫枕
3725夏座敷友は縁より上がり来しカンナ
3152天窓をぬけて目覚める夏の蝶としえ
3131短夜やレジ打つ女子の大欠伸東天
398万緑やミットに響く豪速球
3183夏帽子君に被せて別れけり竹浪晩成
3486口ごもる男の性や青林檎中野徹
3702「生きてるの?」聞かれて揺れてところてん青木イリジウム
3325ベランダに傘勢揃ひ梅雨晴れ間木根内乗雪
341夏至過ぎて地軸は秋に舵をとり橋野一二三
3759夏痩せの耳に重たきイヤリングヤマ怜
314非力さは弱さにあらず守宮鳴く青木イリジウム
35サングラス掛けて美人の八十路かな戸上馬子
3287夏草や遊ぶ子もなし荒れ耕地やまだはれはれ
3452逆転の主将の一打汗ぬぐふ八王寺宇保
3114波がひいたらゴミと俺が残った。水牛
3306夏祭り畦の地蔵に薄き紅聞岳
3175すれ違うノースリーブや道譲る星樹
3356七夕や重き祈ぎ事そつと結ひ
344原発の影ひきづりて海開く滝の井
3109髪洗う深夜放送きれぎれに佐々木とくえ
3541母と居てあと何回の遠花火青木イリジウム
3793炎昼やスペードばかり裏返るふたつの風
3862十薬や年を重ねて大家族大木白望
3230子育ての 手抜きは知らず親つばめ四万十
3283村じゅうがお昼休み蝉しぐれ氷口恵