現代俳句コラム

鳴き終えて蟬がきれいになっておる森下草城子
 この作品は、毎月行われている「中日総合俳句会」の平成24年8月例会に出されたものである。そのとき、私が推薦5句のうちの1句として選んだこともあって、会報に小評を書くことになった。
 以下、そのまま引用する。
 
 俳句はリアリズムでなければならないと考えている。
 あくまで、現実に存在しているもの、いま目の前に見えているものやことを書きとめるのが基本である。少なくとも、見たことによって触発されたものを書くことである。見ないもの、見えていないものを書くのは想像でしかない。想像で書いたものは、その人だけの世界であり、独善である。見えてくるものやことを書いて、見えないものや、見えないことが見えてくるところに俳句の醍醐味がある。読み手に想像の機会を与えることによって独善を越えるのである。
 さて、掲出の句であるが、誰もが日常的に目にするなんでもない光景である。ところが「きれいになっておる」と言われると、この「きれい」が読む者の神経を刺激するのである。鳴き終えた蟬は、ただ鳴き止んだだけなのか、十分に鳴いた末に死んだ蟬なのか。考えてみると、生きている蟬も落ちている蟬も姿かたちは同じである。一見生と死の区別はつかない。だとすると、蟬は蟬という仮の姿でしかないのではないか。この小さな生き物のこころは、空蟬になったときすでに別のところにあるのだ。そして鳴き終えたとき、たましいは本来あるべき許へ帰って行ったのだ。「きれい」というのは、いまそこに見えている透明な翅や眼を通して感じ取った蟬のたましいでありこころなのである。
 ものの本質を掴むのは、見えているものを凝視することによってのみ可能なのである。
 
 森下草城子は、昭和8(1933)年愛知県生まれ。その作句信条として、『平成名句年鑑』(「月刊俳句界」2013年3月号付録)で「生きもの全て、また、無機質のものに対しても、人と同じように対等の立場において、真摯な目を向けたい」と言っている。
 また、最近よくこんなことを言う。「歳のせいか、有季定型のよさを思うようになった。そしてやさしい言葉で書きたいと思う」と。
 森下の言葉は、うっかりと読み流し、聞き流してしまいそうだが、これは読み手の力量を問われている言葉でもある。
 掲出の句を読み返しながら「全てに謙虚でなければ何も見えてこないよ」と改めて言われたような気がした。(文中敬称略)
 
出典:「中部日本俳句作家会々報」2012年8月号
 
※6月20日に亡くなられた森下草城子氏を偲び、2015年9月11日現代俳句コラムから再掲載いたしました。
評者: 伊藤政美
平成30年7月9日

インターネット俳句会

甕の塩壺の砂糖も梅雨に入る
石田 晴
葉の穴の青空覗く毛虫かな
原馬正文

インターネット俳句会「一般の部G1」高点句

得点番号俳句俳号
24122火の玉のやがて涼しき江戸切子MUU
16216掘る土のみな戦塵や沖縄忌青野草太
1559悪役の見事な受身夏芝居白藍
1316逆らはぬことにも慣れて茄子の花史慧
1233完璧は時に残酷草むしり青石
1042時の日の胎動をきく聴診器一斗
9478泡ひとつ吐いて金魚の愁ひかな陶生
9813やはらかに話しまとめし扇子かなMUU
8796捨て畑に残る農具や蛇いちご風来子
8666空を踏み雲を踏みして田を植うる幸江
8862この星の一隅にいて草を引く富田燈でこ
8355老いぬれば夏は小さくなるばかり新井国夫
8126夏座敷しづかに猫のストレッチ宮本悠々子
826梅雨寒や離農の噂またひとつ 遥夢
8123だまし絵の中に人ゐて走り梅雨二木寒山

インターネット俳句会「一般の部G2」高点句

得点番号俳句俳号
15267不自由な自由愉しむラムネ玉松風子
13125舞う指が闇に流れて風の盆空支度自在翁
121土塊に鍬打つ日々や半夏生一樹伴秋
12573母の日や受話器に混じる父の声をさむ
10477犇めきて口こそ命燕の子林己紀男
93竿しなり天から落ちる初鰹水夢
9377良い奴と言はれてもなあ蝸牛濵田貞子
8541田水張り季節を一つ転がせり丸野達志
826寝転んで少年となる芝薄暑をさむ
870紫陽花や古き手紙の涙あと安田風花