現代俳句コラム

いつしよけんめいへこむ薬缶や農具市蜂須賀薫
 蜂須賀薫さんは一九五九年生まれ、一九九〇年に三十一歳で自ら世を去られた。
信州大学学生俳句会は、はじめの学年に小澤實さん、第二学年に宮脇真彦さん、第三学年にこの蜂須賀さん、第四学年に富樫均さんがおられ、我々は第五学年だ。当時、信大教授だった宮坂静生先生と図書館職員の清水治郎さんが指導に当たられ、句会は若いエネルギーに満ちていた。
 古い薬缶のへこみは何の変哲もないものだが、掲句のように表現すると、薬缶が「うんうん」唸りながらへこみをこしらえたようで可笑しい。蜂須賀さんには〈やむにやまれず胡瓜の曲る籠の中〉の句もある。当時は「一所懸命」「止むに止まれず」といった特色ある成語を句中に持ち込むことが愉悦であった。それは俳句を面白くする語法(技法)であると捉えて、我々もしばしば実践していた。しかし、年を経て反芻してみると、「いつしよけんめい」の句も「やむにやまれず」の句も、当時の作者の生きる姿勢の表白に他ならなかったのだと思いいたる。ほんの片言隻語にすぎない五七五、十七音字では青春の何も表現できるものではない、ただのことば遊びのようなものと考えて句会で遊んでいたような我々だったが、器としての俳句の実力は、そんなものではなかったのだ。
 蜂須賀さんにはまた、〈性欲やそら豆ありて皿に乗る〉の句もある。大胆な上五。そして中七・下五は今作者の目の前に見えている物の姿であろう。上五と、何か意味上の関わりがあるというわけではない。しかしこの句は、一読して忘れがたい。ぽつねんと放り出されたような、自分をはぐらかしているような、やるせない取り合せ。
 また、〈闇汁の中泳ぐものあるといふ〉の句は読者を大いに喜ばせた。この句はぜひ、高浜虚子の〈闇汁の杓子を逃げしものや何〉の隣に置き、併せ読んで味わいたい。

 
出典:『信州大学学生俳句会合同句集 瀧』(一九八五年・信州大学学生俳句会)
 
評者: 小林貴子
平成27年5月21日

インターネット俳句会&ジュニアネット俳句会

花の夜の明日へ靴を揃へけり   
柚子の里
乳飲み子のひらく口より春きざす  
佐藤佳菜子

インターネット俳句会「一般の部G1」高点句

得点番号俳句俳号
14399花祭り終へて小さき村となり廣瀬布美
14894春一番少女は変化球で来る宮本悠々子
13838昭和の日錆びた画鋲がとれなくて中内火星
12356春風を塗り込めてゐる左官鏝山本春川
10348春暁や生きる準備に眼鏡かけ中内火星
101004へその尾を切るや命の風光る万珠
10140海老蔵の声色で売る桜鯛景月
10110手に乗せて息の軽さや紙風船遠藤甘梨
10372花冷の包丁にある裏おもて石田晴
9740正解の無き世へ送る卒業生吉村紀代子
9180手話の手に花のこぼれてきたりけり河童
945少年はポプラの形風光る万里子
8768窓一枚拭けば弥生の空となり山田たかし
8249花冷えやチャックの多き旅支度カンコ
888菜の花や風の高さに揺るるかなMUU
8156おぼろ夜の眠れば重くなる赤子せいち
7312春雷や忘れし頃に妻の愚痴山田立雪
7821花冷や画架に未完の肖像画右田俊郎
7835父の耳母の眼を持ち卒業す山嵜緑
7278石鹸玉割れていつもの山と川小愚

インターネット俳句会「一般の部G2」高点句

得点番号俳句俳号
8113囀りやひらがなだけのゆうえんちヤマ怜
7219足し算を引き算にかへ散るさくら光雲
61白球の飛び行く先や花曇り
6623草餅に母の荒れたる手の記憶すずきひろし
667膝抱いて老いの惑いや花ぐもり山田茜
6548稽古着の帯固く締め新入生
5509春の夕静かに天寿使ひ切る四万十八郎
5307たんぽぽや一年生が帰ります高林正
5368鳥雲に窪みの遺る母の椅子すずきひろし
5103風光る九回裏に息子の名スロトレ
421蕗の薹父と息子の苦さかなスロトレ
437朝堀と云ふ筍の湿りかな昭子
4661文庫本一冊だけの弥生かな東天
4753荷をほどく終の棲家や梅の花夢屋だん
4189年金を下ろして仰ぐ桜かな竹浪晩成
4545何もかも忘れてしまう花吹雪上野芳水
4107花びらが小紋になりし石畳粟津秋真
4322蛇穴を出でてたまには父となり季凛
4612雁風呂や妻に津軽の訛りあり竹浪晩成
4259花冷えやあの世の距離の測り方金子鉄兵
4602聞き役になりて干鱈の味を知る高木智恵
4232初桜ふくよかに子を産み終えてとしえ
451淋しさの胸の奥まで春の雨雷狂
4104望遠のレンズ重たき鳥の恋ヤチ代