現代俳句コラム

鶏たちにカンナは見えぬかもしれぬ渡邊白泉
 「句と評論」(昭和十年十月号)に「三章」と題して発表。前後に〈向日葵と塀を真赤に感じてゐる〉〈まつさおな空地に灯りたる電灯〉白泉の代表句だけに様々に鑑賞されてきた。
 句意としては、「赤い鶏冠をもつ鶏たちには、誰の眼にも鮮明な赤いカンナが、かえって見えないのかも知れない。」、鶏の鶏冠とカンナの色彩、形状の類縁性を発想の原点と見ること、時代状況の裏に潜む見えぬ実態への恐怖感などは広く共有されている。
 ただ、視覚の危うさを第一義とするか、社会批判をそれとするかで句解も分かれよう。
 掲句が今日なお生命を持ち得たのは、ふと口を衝いて出たと思わせる意表を突いた機知にある。この自然な句調は、一読「云われてみれば、」と直ぐ納得させられる。人が最も頼る視覚の危うさを問い直す所に、諧謔への時代を超えた共感が生まれる。
 とは云え、感覚処理の巧みさからのみ語るには惜しい。類縁関係にあるだけ、かえって見えないというイロニーの背後には明確な社会批判を忍ばせる。即ち現前する「カンナ」は、これより僅か数ヶ月後には二・二六事件となって噴出する時代の不気味な暗部を、「鶏たち」とはその正体を見抜けない一般の人々の暗喩とも読ませる。
 〈街燈は夜霧に濡れるためにある〉等、これらに続く戦争俳句から照射するとき、作者の
意図は寧ろここにあろう。                  
 
出典:俳誌『句と評論』昭和10年10月号
評者: 山田征司
平成27年1月21日

インターネット俳句会&ジュニアネット俳句会

大寒や大口開けて待つフェリー   
健央介
白菜の分厚い頁めくりけり 
けんG

インターネット俳句会「一般の部G1」高点句

得点番号俳句俳号
141167小春日をゆつくり噛んでゐる麒麟菊鞠潤一
12963行き場なき瓦礫を抱きて山眠る木田硺朗
1073年用意浅草といふおもちゃ箱熊谷古錐
9211雪の橋戻らぬ兵の靴の音土方岳史
98常連の席ひとつ空く日向ぼこ横のボケ道
8537菜箸の先を焦がして年用意史慧
81130二日目のおでんのやうなをとこかな耶馬渓石
7333終電の過ぎて一切冬の中樋口紅葉
7770僧の筆税一文字の寒さかな安井信
7260充電のはずが放電日向ぼこ好田白雲
7232日記買ふ暮らしの余白埋めたくて流生
6597心にも目貼り仮設の冬構哲庵
6329焼芋を包みて英字新聞紙ジロー
65熱の子の掌に置く木の実独楽重松築山
63数え日や会っておかねばならぬ人石口翼
6295渡せずに終りし恋や毛糸解くうさぼうし
536大寒やキハ58の連結音健央介
5918遮断機の上りて年の瀬を渡る宮脇眞
5286病む人の爪やはらかし年暮るるるいえ
5864折鶴の翼の傾ぐ開戦日万里子
586風花や馬籠の宿の赤ポスト昌司
5985抽斗の奥のハモニカ開戦日土田遼仙
5639冬の蝿なんだお前も生きてたか中村光男
5301冬ぬくし掃き跡に見る誠実さ川嶋いさを
51183まっすぐな煮干しはなくて一茶の忌菊鞠潤一
51251パリ夜長日本を開くアイパッド三椒
5671ロボツトとまたすれ違ふ十二月水戸吐玉
5119容赦なく水をしごいて菜を洗う石口翼
5592花八つ手町にひとつの診療所石原岳志
5217盗賊のやつて来さうな霜夜かな典子
524即答を避ける間のあり咳ひとつ泰山木

インターネット俳句会「一般の部G2」高点句

得点番号俳句俳号
10342客降りて寒気乗り込む終電車猪甘劉
10921煮凝りや母の日記の崩し文字あべまさはる
102かるがると城を浮かべて冬の雲 俊明
8427一本の口紅冬を切り拓くセロリ
6789湯豆腐や壁に昭和のお品書のらくろ
642独り身の小さき肩を鍋に寄せ川越雷鳴
655白菜の分厚ひ頁めくりけりけんG
6530寡黙なる人の一芸年忘晴耕雨読
6651遠山の嶺より白き大根引く道子
5802古稀にして 乙女のごとく 日記買う六訥
5504抜かるるを待つ大根の立ち姿今木卓弥
5259猟犬の耳だけ起きてゐる日向糸川草一郎
5778短日の鍵穴暗し妻の留守鈴木良二
5270つやつやとひとつはきっと毒林檎プラム
5548ゆらゆらと昭和にかへる日向ぼこおりべ
5602短日や回覧板の急ぎ足高宮美笹
586一湾を覆いつくして牡蠣筏杏子
5319去年今年終着駅は始発駅桜井水
5177師走とてやることのなき昼の猫八木五十三
4790袈裟懸けに切らるる如し隙間風源五郎
4376押入の奥から昭和の隙間風鈴木良二
43冬薔薇や二言三言庭の母耕泉
4356湯たんぽや時に追いやり時に抱く大木白望
444妻好むちひろの絵あり日記買う山名
4900これ以上何を求めん日向ぼこ西東正鬼
4554座に戻る空手少女の息白し青石
4155冬至風呂湯気を伝いしわらべ唄新助
4122裏表ひらがなだけの年賀状友好東庵
437首すじにバリカン触れて寒に入る清治
4698着ぶくれのすきまを風に見破られ橋野一二三
4791捨てちまえ捨てちまえったら年果つるつだみつぐ
418黄落や名画となりし坂の街カンナ
4768霜の花人には骨のひしめきぬ優子
4951クリスマス演歌流れる縄暖簾おおばりょうへい
4915抱擁の肩越しに見る冬銀河清治
4162棟上げの幟たつ日や鳥渡る杏子
490積み上げる瓦礫の山の寒さかなさぬき三休三
457年の瀬や鯉は深みに寄り添えし米鮫夢猪