現代俳句コラム

ゆきかうロボットもまた旅人なり川名つぎお
 ロボットを一句の中に詠み込むのも珍しいし,詠み込む方もかなり革新的な心構えがなければならないことだろう。それもそのロボットもまた「旅人」であると、芭蕉の精神を継いでいる。このロボットが人の心を持つ所以である。
 もともと、二足歩行のロボットは、手塚治虫の「鉄腕アトム」の頃より日本では夢のように研究されていたが、昨今では、その実現も近いようである。映画の世界では、1999年、ロビン・ウィリアムズ主演の「アンドリュー」が、まるでこの句をなぞったような人生(?)を辿る。己の作られた意味や意義を探し、世界中を旅してその答えを見つけ、最後には、心を持った「人間」としてその存在を認められ、愛する人の隣で〈亡くなる〉のだが、ソフトバンクの発売した「ペッパー」や、人工頭脳を持った「アトム」の模型が登場するなど、ただのアイロニーとして見過ごせない現状も近いのかも知れない。いや、反対に、人工頭脳の方がかしこくなり、アーマロイドが中心となる世界が来るのかも知れない。すると、人間はどこへ行くのだろうか?
 「心を持つ」ということは、人との共存が必須である。やはりここで言われるロボットは、心があるようで心を持たないロボットの行く先を「人型人形」として憂いているだけなのであろうか。同じく「明け易き都市に羊が溢れたり」にも、同様の乾いた感情が都市の夜明けに流れている風景だが、都市に於いては、人間の心が乾ききっていることの例えとして虚しくも恐ろしい。無機質な物体の様に人が流れ、人が去る。「ゆきかうロボット・・・」は、その最先端の無情を詠んだものとして傑出している現代句であろう。
 
出典:「頂点」243号より
 
 
評者: 森須 蘭
平成29年4月17日

インターネット俳句会

春愁や海に真水の沈むごと
楽天子
朧夜やどこかで焦げてゐる孤独

インターネット俳句会「一般の部G1」高点句

得点番号俳句俳号
16178寝静まる家に浅蜊の息ひとつ八王寺宇保
13375卒業歌伏して聞きゐる盲導犬高嶋旅人
13342駅長の白き手袋風光るポラリス
115春光を丸めて投げる球児かな石口翼
1178客一人船頭一人水温む田中つとむ
11542春光を刻んで落ちる砂時計石口翼
10174駅ごとに異なる春や小海線高島郁文
1092このくにのかたちまるごとかげろへるぴエロ
9428蛇穴を出て身の丈をまだ知らずせいち
8783しやぼん玉地球が丸くなつた訳耳目
8509分校に土俵どっかり山笑ふ閑人
8919駐在所ドアに「本日卒業式」藤井寿豊
8113春めくやさくさく切れる菜包丁小文吾高田
8211春光をつかむ仕草の赤子かな直江一夫
889卒業のその日もチャボの水替へて田居遊歩

インターネット俳句会「一般の部G2」高点句

得点番号俳句俳号
9113一島をあげて島の子卒業す高尾彩
8417雪深き村に人家の一つまみ北鹿野
823行間の狭き便りや春炬燵あやめ2号
6285春の風ふつと現る薬売り江原遅筆
6863卒業の写真の中にいる無謀如雲
6335ライバルの引っ越してゆく春休み小石日和
6261菜畑を渡る七色熱気球百田玲
6133和紙を漉く手の皺深し春の雪葉月
5124病室に届けたかった桜咲く
524やり投げの少年ひとり春の昼薄学天
5873朧夜やどこかで焦げてゐる孤独
5325寄り道をしたき書店や日脚伸ぶとしもり
5783色褪せし熨斗そのままに雛納む十子
5832内示後のソフアの窪みシクラメン多事
572春愁や読めて書けざる字の数多カミムラフサコ
597つなぐ手の冷えて指先初桜さとう菓子
51006さよならと云われて気づく余寒かな半月
5278花人に野良着も混じる堤かな春の樹
5547ままごとのやうに老いたり梅日和
51130菜の花を独り占めする郵便夫二今友行
5298車座を外れて下戸の桜餅大貴
5804春兆す白磁の底の釉だまり直井あまね
51182春うららフランスパンとスキップすよしこ