現代俳句コラム

三島忌のうどんはおかめがよろしかろ鈴木砂紅
 ライトでかつ刺激的な一句である。二〇〇八年、現代俳句協会年度作品賞のなかの一句。
 先行句に
  三島忌の帽子の中のうどんかな  攝津幸彦(『鳥屋』一九八六年)
  三島忌の帽子の中の虚空かな   角川春樹(「河」二〇〇六年四月号)
があるものの、それらより軽やかである。三島忌は三島由紀夫の忌。一九七〇年十一月二十五日。
 攝津幸彦の帽子のなかの「うどん」は、帽子の中の頭とうどんを組み合わせて独創的だったが、春樹の句の「虚空」は、頭が空っぽということなのでやや理に傾く。頭が混乱することを「頭がスパゲッティになる」ともいう。幸彦の句も「スパゲッティ」のそれを踏まえているのだろう。どちらも、根底に三島由紀夫への冷やかな目がある。
 それに対して砂紅の「おかめうどん」は本来の具の多いという意味(五目より多い岡目八目に由来)から、女性の代表である「おかめ」へと意味を転換させて解釈することも出来る。
 幸彦も春樹も、内容的には「空っぽ」ということであるが、砂紅は逆に「具が多い」おかめだという。三島由紀夫の自衛隊に決起を促がした暴発的な死は、いまでも解明されない謎が多い。旧陸軍中野学校出の山本舜勝(きよかつ)陸将補(一九一九-二〇〇一)の関与が最も疑わしい。
 まあ、おかめうどんでも食べてね、と作者は惚ける。その先の意味を詮索する必要もないが、「おかめ」からは「ひょっとこ」が導き出される。それはどう考えても道化役である。
彼女の句に「愛国も売国もみな着ぶくれて」(二〇一二年)があるが、これを三島由紀夫の「憂国」と置き換えることも出来るだろう。
 
(出典=二〇〇八年、現代俳句協会年度作品賞作品)
 
 
評者: 松田ひろむ
平成28年12月2日

インターネット俳句会

水鳥も魚も修羅の水にをり
ひよどり庵松明
昼月の翳を重ねて蓮枯るる
澤田聖吾

インターネット俳句会「一般の部G1」高点句

得点番号俳句俳号
20354いつ訪ふも何か煮てゐる母の冬石田晴
1449出来栄えを一歩下がって菊師かな杏子
14652どの子とも住まぬ大根洗ひけりゆざわまさえ
12749初炬燵ここをわが家のへそとする耳目
12840冬の雷つと動きたる写楽の目土田遼仙
11136うそ寒や背伸びして取る薬箱景月
10462鮟鱇の口めく夜の無人駅伏兎
10481文化の日母の塗り絵に二重丸長野遊
10187今生は銀河の旅の途中下車光雲
1037死ぬほどの恋もせず老い近松忌せいち
9526立冬の光鋤き込む野菜畑るいえ
971嘘と恥かたちにすれば唐辛子林流伴
9819万両の一両づつの雨しずく三椒
9110はみ出した口紅のまま七五三幸江
8916宅急便秋の香りに印を押す紙飛行機
8377木の実落つ心の中に句読点中村光男
8906ふしくれの指かろやかに祭り笛昭生
8599紙漉きの水一枚にある矜持ぴエロ
8163孫請けの工事現場の缶焚火武衛門
7470振り向かぬつもりのマフラーきつく捲く万里子
7698一切を一滴として露の音赤松勝
791凩や駅には曾て伝言板赤松勝
7316帰る子の影が手をふる寒茜田居遊歩
7140冬隣昭和のままの喫茶店焚き火
779木の実降る校舎の窓に九九の声高木智恵
7106冬菊や上手に幸せ語るひと星樹

インターネット俳句会「一般の部G2」高点句

得点番号俳句俳号
19198朝刊に畳まれて来た寒波かな溝口トポル
8400まだ息をしているらしき落椿あらかみさんぞう
88片道の切符のごとき賀状書く双星 
784マフラーの履歴を妻に問われけりあらかみさんぞう
629冬紅葉鐘の一打に山揺らぐ石川曽良
6239徘徊す母の右手に野菊かな堀静也
6475漁火や佐渡黒々と冬の月遥夢
6373鯛焼を割つて遺影の園児服汝火原マリ
6648幼子の落ち葉拾いて手に余り黙人
6375大根漬く関取のごと塩掴み上野桜子
5337温め酒ほろりと父の国言葉野紺菊
5377みかん箱芋で溢れて戻りをり北風男
5346ネックレスの温もりはずす冬の夜氷口恵
598ペン先を割れば滲むや冬の青量波
4685両の手に茶の温もりや今朝の冬亀津ひのとり
4301手袋を銜えて釣出す菜っ葉売り大貴
4612嘘という優しさありて秋灯咲野
4382凩やときどき停まる洗濯機澤田聖吾
4996ありがとねさよならまたね帰り花練乳苺味
4766錆び釘の二本で吊す冬薄日量波
41069小春空きみはだれかと問ふ父と汝火原マリ
4448鶏鳴や底冷えの朝破るごと遥夢
453マネキンの白き裸体や冬光る量波
4163もう少しこの世に未練木の葉髪上野芳水
4690徒然に思い転がす日向ぼこ大木白望
4603白粉(おしろい)がパパの背中に七五三瀧暁
4209通り雨「失礼」くらい言ってくれ白桃丸