現代俳句コラム

子を殴ちしながき一瞬天の蟬秋元不死男
 子どもの頃の夢を見た。我が家の前に、というより池のほとりに我が家があった頃のことだ。この大きな池は明神池と言って大昔多摩川の氾濫によって出来たものだと聞いている。四季を問わず岸辺には沢山の釣り人が糸を垂れ、主に鮒を釣りに来ていた。そのために多摩川に残る漁師たちも、この明神池で投網を打つことは控えていたようだ。ところがある時、池が埋め立てられることになった。噂では渋谷の東急文化会館(現・ヒカリエ)の建設で出る残土を持ち込むそうだ。そこで漁師が集まり残土が入る前に投網を打つことになった。
 小舟を浮かべ、幾日か漁をしているうちに、ことさら大きな鯉があげられた。
少年の私には重くて持ち上げられなかった。盥に横たえると鰓から頭の部分と尾が大きくあふれ出ている。「これがこの池の主だ」漁師の言葉に、明神池の歴史が終わったことを実感した。池のはずれの龍神を祭る小さな祠にいったん供え、それぞれに手を合わせ漁を終わらせた。その後細い水路を残すのみとなり、かっての池の上には数十戸の家が立ち並んだ。
 雁や鷭など多くの鳥がわたり、夏には近所の子供たちと泳ぎを覚え、夜になると牛蛙の大合唱だ。岸辺に仕掛けた釣り針を朝になって引き上げると幾本もの鰻がかかっていた。池に潜って大きな黒い貝を採るのも楽しかった。カタッケと呼んでいたこの貝は、おそらくカラス貝なのだろう。冬には池一面に氷が張りつめた。小石を放ると小鳥の鳴き声のような音を立てて遥かなところまで滑っていく。春先の思い出の一つに、司令官の任を解かれ日本を去るマッカーサー元帥の専用機(バターン号)が羽田を経ち、小さな伴走の飛行機を伴ってこの池の上空を通過した。そのひと月前に私の父が亡くなっている。この長い間の出来事が順序なく夢に現れ、一瞬と言うかたまりとなって、遠ざかる爆音の後に来る静寂の中へ消えて行った。
 掲句にある父親の逡巡にも、長い人生の経験と迷いが一瞬の中に詰められていたのだろう。
 
出典:句集『街』
 
評者: 松井国央
平成26年7月21日

インターネット俳句会&ジュニアネット俳句会

指輪抜くこんなにも軽き雷      
しのの
冷蔵庫ひらけば月のない畑 
川島ゆみこ

インターネット俳句会「一般の部G1」高点句

得点番号俳句俳号
111330母の日とわからぬ母の肩を揉む右左義
11848沖縄忌缶に張り付くドロップス健央介
10461その先は雲にのる道かたつむり山田たかし
10323叱られてあの子海月になっていく石口翼
10729ゆうれいの一服つける楽屋口遊人(ゆうと)
9530元気かと葉書はみ出す茄子の花紙飛行機
9336善い人に時に疲れてサングラス小愚
9139ハンカチの白さに嘘を包みけり松村洗耳
9297三十年ローンで買った大夕焼風々子
913正眼の少年剣士立葵川嶋いさを
81285枝豆を押し出すごとに増す孤独焚き火
793夏雲や三番サードの恋敵永杉星児
7507長生きの途中なりけり土用干大塚正路
772路地全て海にまっすぐ雲の峰洋平
71292匂ひにも重さのありて栗の花とよこ
7992全身が口に隠れて燕の子洋平
6466駆けて来る子らを待つバス青田風吹留宏風
61143気くばりは器にもあり冷奴MUU
6129箸置は川原の小石夏料理遊人(ゆうと)
61191甚平にほどよき庭の広さかな石川秀也
61350本土とは遠き島の名沖縄忌風々子
6924ゆつくりと列車傾く大夏野べご石

インターネット俳句会「一般の部G2」高点句

得点番号俳句俳号
9101待ちわびて蝿一匹の見舞ひかな景月
6203眠る子の弓手の枇杷の転げ落つ源五郎
6281冷蔵庫ひらけば月のない畑川島ゆみこ
6316短夜の夢は枕に置き忘れ猪甘劉
6527ところてん卓に置かれて母の留守大坂吉也
6154行く風を己が色にし麦の秋晴耕雨読
5182いつ死ぬのかしら虹の朝美しきとしえ
5205音すべて瀑布に消えし平家谷飛鳥みどり
5107大根の花無言にて鋤き込まるつだみつぐ
5200夕されば阿蘇はゆうすげ風の波酸模(すかんぽ)
5822滝壺の裏を一閃岩つばめ友好東庵
5170昼顔や訪ねる道の遠さかな酸模(すかんぽ)
5764かたつむり君の進路は決まったか鈴木良二
52もう少し木の声聴かん風涼し丸亀慎太郎
574ビル陰に孤独なけもの稲光鈴木良二
5179風鈴や風に道あり夏座敷高瀬達夫
471風鈴を鳴らして風の神来るいわきり秋月
4644花嫁となり六月を輝かす柏井青史
4259晩鐘に音なく和して桐の花柏井青史
4349忘れ傘名前のひとの一周忌佐々木とくえ
4121新茶淹れ退院報告読み返す佐々木とくえ
430紫陽花の一雨ごとに色を変えくす
4358故郷は今も昔も青田風植松半石
433紫陽花や天使笑うて座りをりひよどり庵松明
4446廃線の真っ直ぐ残る麦の秋杏子
4490炎昼やチョコレートみたいに彼が好きよし
4581渓谷の娘船頭夏に入る倉基七三也
4387学僧の剃りの青さや麻暖簾三裕