現代俳句コラム

馬がいく、馬についていく野へ野へと田中波月
 一九六三年作。第二句集『野』の巻頭に著者はこの句と<稗 しごくとこぼれ太陽のふところに>の二句を墨書して「私は、昨年の地方選挙に出馬した。……が、結局落選」云々を記し、その短章の結びを「俳句は庶民の文学である。私はその根を探っていく。『野』は広大な大地に基盤する場である。人間普遍のいのちはここに内在する。」と書く。
 失意の中で、俳句という小文学の本質を“野”に象徴化して、その境地へ深入りしていく作者像が見える。
 この句集には波月の句友・門下十一人が跋文を寄せているが(僕もその一人)、中でプロレタリア俳人(句集『土着方式』一九九三年刊)すずきゆきひとは「百姓でない百姓、波月」と題し、「野」は野人の「野」であり、野生の「野」であり、田野・野良・平野の「野」であり、そこに土の生産につながる勁(つよ)い糸を見出す。百姓でない百姓詩人・田中波月の面目をそこにみる。――と書いている。「波月の面貌は野武士のそれだ」と言った某文芸評論家もあり、すべてが「野へ野へと」につながって来る。現今の日本の政情から見れば、その使命が強く嘱望される野党の「野」でもある。
 ところで、波月はなぜ「馬」に従(つ)いていくのか――。第一句集『相貌』(主流社・一九四七年刊)の年譜に、「大正八年(十六歳)小僧奉公を止めて馬追(馬方)となり、雪中未明起床、馬の背に跨る。玉橇で木材運搬の仕事に從ふ。夏季は三井農場の山中開拓場に馬と共に。」などと、北海道で働いた少年時代の記録があり、雪の崖を馬と共に転落、「愛馬」をいたわりつつ闘った実話を僕は直接聴いたこともある。
 短い十七音の詩の中に「馬と馬」、「野と野」、二組ものリフレーンを施した波月の郷愁は、彼の提唱した人間主義俳句の根源でもあろう。
 
出典:『野』(一九六四年・主流社)
評者: 田中 陽
平成26年12月21日

インターネット俳句会&ジュニアネット俳句会

寄り来れば又突き放す毛糸玉  
田中つとむ
綿虫のがやがやと居てひとりなり  
takato17

インターネット俳句会「一般の部G1」高点句

得点番号俳句俳号
13169寄り来れば又突き放す毛糸玉田中つとむ
8494夜寒さやポケツトにある行き止まり水戸吐玉
8239マフラーに巻かれやさしき人となるハイクマナブ
81117眠る子の握りしめたる木の実かな花泉
81177大仏の螺髪にあそぶ冬日かな木田硺朗
7280鰯雲ほぐれて名のなき雲となり紙飛行機
7119霜柱歩ける今を歩きけり田村洋々
7918秋惜しむ岩波文庫のパラフィン紙漫歩人
71211運動会一人書を読む金次郎百名温
6894時雨るるやふくしまは洗ふても洗ふても元貞
6196雑木には雑木の寝息山眠る夢一夜
6742願ひ事絵馬にあふれて神の留守花泉
51257行く秋や行かずじまいの旅の本日々彦
5246津軽線海に膨れて冬に入る夢一夜
563一本の髪に影ある冬はじめ史慧
51223国籍は問わぬ夜学の昇降機泰山木
5271風の無きときは陽に揺れ秋桜菊鞠潤一
5506きつちりと男結びに冬構枚方遊陽
5928柿吊って新居も土地になじみ初む龍見小砂利
51152冬ざれや曲がるしかない曲り角水戸吐玉
51145玉砂利を引きずってくる千歳飴青野草太
5677文化の日錆びた画鋲の残る壁中内火星
5430鯉の吐く冬日ひとつを持ち帰る町野敦子
51170百姓に百の仕事や炭を焼く武衛門
5266釘一つ打たぬ女の冬囲いマッチ
5316普段着の巫女に逢ひたる神無月アルルの女
5729明日まで取っておきたき小春かな遠藤甘梨

インターネット俳句会「一般の部G2」高点句

得点番号俳句俳号
10129寄せ鍋や先ず死にかけた話など堀田福朗
9531家系図にカタカナもあり雁渡る清治
9200手の平に生きる重さの木の実かな米鮫夢猪
848小鳥らが音符のように野良渡る猫枕
724木枯らしやドンと踏み出す象の足上野芳水
6851稲刈りて風の足跡消えにけり齋藤文十郎
693下駄の先減るほど踊り死にゆきぬ波雲
5864古書店の大棚ざらえ小六月堀田福朗
5519転んでも 兄ちゃん追って 七五三正弘
5390人絶えて菊人形の動き出すたしろたけし
5430凍て雲をゆるり切り裂き観覧車源五郎
5262錦繍の帯ほどけ行く紅葉川小林圭山
5386許されて一合弱の温め酒戸上馬子
5940梵鐘の尾を引く一打柿の秋晴耕雨読
5879稲刈りを終えて髪すく水鏡かまち花織
5485八十路とてともすものあり吾亦紅昭子
5731石けりの石は輪の外神の留守長野遊
4902木枯らしをポケットに詰め帰り来ぬ竹浪晩成
4495「もう一枚着たら?」窓見る妻の声曖永魑
464かりんの実落ちて始まる失語症鈴木良二
4678肌寒し胸に埃の裸婦の像籔淳
4422布団干す昨夜の夢は空の果て三裕
4957秒針の音迫り来る冬の暮竹庵
446赤鳥居紅葉と色を競ひあふ豊舟
4550これよりは知らざる小径落葉踏む窓野斜光
465落葉す老樹に空の広きこと ひろや
48採る人も守る人も無く百目柿ゆざわまさえ
4681地図になき冬菜畑の広がりぬ川島ゆみこ
4771冬の夜ホテルの聖書開かれて牧岡直明
4236日記買ふ真白き日々の美しさ小野ゆみこ
434山茶花の蕾残して庭師去る池田淳子