現代俳句コラム

天の原白い傘さして三月阿部完市
 <天の原>とは、いわずと知れた馴染みのある古語であり、読者が既知のことを前提にしていて、たんなる言葉以上の世界を現前させている。<三月>という季節に<白い傘>とは。想像を逞しくすれば日本神話の神々は等しく白装である。その白栲からの連想として<白い傘>を突如として突きつけられても不思議とはいえまい。字義通りに、ここまで読んだものの、忠実にその言葉に沿わねばならないのか。しかし、作者はそれを強制してはいないのではと思う。
 作者は非意味ということをしきりに言いもし書きもした通り、意味に拘泥する必要も無かろう。「無意味」ではなく「非意味」。意味に非ずである。合理的に分析出来ない精神状態であり一種の酩酊状態ともいえようが、人はそれを朦朧体とも言った。
 以前に作者は向精神薬を服用して(精神科医であった)自動記述を試したことがある。散文の場合は支離滅裂は必定、最短詩ならば可能かと思われたが、そうはならなかった。非意味といえど、正常な意識下で言葉を選ばなければ無意味と堕すことを身を以て実証してみせた。
 それにしても初期作は別として、ほとんどが広大な虚構の世界であり、ある意味では癒しの世界に引き込む側面も見える。それというのも、世俗に最も遠く、どこまでも明るく童話的でもあり、柔軟な感触と豊潤な感性の成せる世界。それは夾雑物を削ぎに削いだ純度の高く平易な言葉を使っているからでもあろう。
 掲句に帰ると、<天の原><白い傘>は同時代に有り得ず、<三月>という季節の常識を覆し、時間の整合性をも超えて、一つの空間を構成しているのである。
 
出典:第四句集『春日朝歌』
評者: 佃 悦夫
平成26年8月1日

インターネット俳句会&ジュニアネット俳句会

しばらくお待ちください。
しばらくお待ちください。

インターネット俳句会「一般の部G1」高点句

得点番号俳句俳号
16168墓洗ふその後の暮らし告げながらアルルの女
11930蛍籠妻の高さに吊るしけり山本春川
111165紙あればみな折鶴に沖縄忌石口翼
11187レコードの針の躓く巴里祭白樺今日子
9188廃坑を閉ざす鉄鎖や蛇いちご高橋城山
8535空豆のやうな足して生まれけり海野釣童
8290水汲めば水に穴あく敗戦日石口翼
8635田を植えて村新しくなりにけりおのざとくん
8260着るでなく捨てるでもなく土用干遠藤甘梨
8272地動かぬ天も動かぬ大暑かな遠藤甘梨
7497女といふ文字の余白や単帯るいえ
7126消印の色くろぐろと原爆忌山本春川
7213消しゴムのまあるくなつて夏期講座山本春川
7388噴水の天辺がもう許してる武衛門
7947飛魚の迷惑さうな顔を買ふ水戸吐玉
7137百年も同じ貌して守宮来る三丁目
6242海よりの風も一品夏料理花泉
61236株高と無縁に暮らし蠅叩く六甲虎吉
694泳ぐ児のシャツもパンツも石に干す薩摩隼人
637金魚玉水平線の上に置く石口翼
61330唇が馬鹿と言ふなりサングラス高橋牛蒡

インターネット俳句会「一般の部G2」高点句

得点番号俳句俳号
1073睡蓮の紅たたみゆく薄暮かな森山真子
8595十薬や一輪挿しの江戸切子いわきり秋月
847空蝉の力込めたるままにあり安島寒山
7419炎昼や投網干されて村眠る酸模(すかんぽ)
7893青春を拾ひ読みする曝書かな晴耕雨読
6247八十路とて香水瓶の二つ三つ山田茜
640待ちぼうけしてる向日葵無人駅奥野七八男
6120扇閉ぢ手許の風を仕舞ひけり大木謙
577戦争を知らぬ子古希や終戦日中みやま
525夏帽子少し斜めに君と逢う佐々木とくえ
5542一片の雲一閃の初燕さぬき三休三
5221八宝菜ぶちまけたやう夏の浜石川間ダム
5350戦争へ向かふつもりか蝸牛安島寒山
5165自転車の影二つあり夏木立有本八尋
5764紅をひく小指の細さ青すだれ銀次
51簪の傾きに似て額の花猪甘劉
595「久しぶり」アイスコーヒー越しの笑み岩尾野衣
420天道虫プラネタリウム背負ひけり大木謙
4718祇園会や紐に伝はる鉦の音大木謙
4291軽鴨の一つもぐれば一つ浮くおおすぎてつお
4751汗ばんでいるのに背中から抱かれ石 和
4226籐椅子の女涼しき角度なすたしろたけし
4199シャツの裾はみ出てまっせ甲虫青石
4457かき氷 溶ける速さに 時を知り風生渚
4485幾何学のパズル解くなり浴衣の子石井勲
424大夕焼丸くなれずに退職す昭教
4223夕焼けが好き夕焼けの雲が好きい特に