現代俳句コラム

輪真珠の夜もうつくし草城忌赤尾兜子
 掲句は、いわば兜子の〈失われた〉一句。没後に編まれた『赤尾兜子全句集』に収録されず、今まで殆ど採り上げられてこなかった。この句の存在に気づいたのは、「赤尾兜子とその代表句」をテーマとした勉強会(2007年)の準備のとき。レポーターに指名されていた筆者は、兜子作品を調べて、子規以降の現代俳人の忌日の句が詠まれていないことを知った。明確な師を持たなかったからであろうか。ところが、「現代詩手帖」に掲出の草城忌の句を思いがけなく見つけたのである。「輪廻」と題された長谷川龍生の詩とのコラボレーションの中にあった。
 兜子は、「白亜」(19564月号)で次のように回想している:京大の学生で、「太陽系」に所属していた、僕は藤沢耿二君のすゝめで、はじめて草城居を訪れた。(…中略…)僕は草城先生にあいたいという欲望に幾度か駆られた。先生の著作の大部分を古本屋で買求めて、貪り読み、その流麗で、モダンな文体にまで、魅了され、それだけに、一度、こういうものを書く人の正体を対決してみたいと考えていたわけだ。しかし実をいうと、その当時の若い僕としては、いささか怯気づいていた。モダンで、都会人的に洗練され、しかも明セキな頭脳の持ち主とあうには。僕は余りにも野暮ったい学生にすぎなかったからである———と。そして「靑玄」(19634月号)では:多くの人々を思いだす段になると、いつまでも印象に残る人はごく少ない。そんな意味からも、いちどきりの草城訪問は、かえって夾雑物がなく、わたくしの思い出としては、それがいちどきりであっただけに、よけいに、鮮やかに。いつでも記憶をよみがえらせることができるように思う。———とも述懐。
 掲句の〈輪真珠〉は、輪廻における〈時間の輪〉と〈人の繋がりの輪〉を暗示。日野草城が「靑玄」創刊号に掲げた箴言「俳句は東洋の真珠である」を踏まえている。草城へ敬慕の深さを示す作品だとおもう。
 
出典:「現代詩手帖」(19784月号)
評者: 花谷 清
平成26年4月21日

インターネット俳句会&ジュニアネット俳句会

言訳のことば来るまで青き踏む  
雨谷方円
軽トラの荷はうちの嫁葱坊主 
山田たかし

インターネット俳句会「一般の部G1」高点句

得点番号俳句俳号
1194梅真白反抗期もなく子は逝けり佐々木無風
1120鍵盤をひとつ叩ひて卒業す山本春川
9256春寒や叩いて開けるジャムの瓶遊人(ゆうと)
8708あの人といふ人出来てヒヤシンス宮本悠々子
7331落日を中に入れたるしゃぼん玉漆畑遊氣
76裏表ひっくり返して買う海鼠河原修三
775草餅や小さな凹み母の指黒船
6760田一枚蝌蚪の国まで売られけり田村洋々
6613三年を仮設に学び卒業す濱野涼哲
6528暖かや指一本で弾くピアノ高橋牛蒡
61100こたえ無き被災児の名も卒業す青田士郎
61040還暦などキャベツ一枚ほどのもの林六茶
61028愛奪ふほどは鞦韆もう漕げずせいち
6389極上の風を纏ひて合格子田村洋々
6617文具屋に傘を返して卒業す伊予尚女
663雪解川アイヌの村を貫けり
5656大仏を転がせますか春一番川嶋いさを
51099春爛漫文具売場の試し書きツルキジ
5180糸伸びて太平洋の凧となる菊鞠潤一
5763耳掻きがあれば耳かく春炬燵大塚正路
51048遠足の磯の匂ひと乗り合はす菊鞠潤一
595後ろ手の僧侶も覗く植木市山本春川
5442ふるさとを離るる覚悟花こぶし右田俊郎
5586菜の花やみなあどけなき野の仏淡雪
5609彼岸会や文字も薄れて鯨尺長綱
5844春寒の糊のこはばる白衣かな枚方遊陽

インターネット俳句会「一般の部G2」高点句

得点番号俳句俳号
1713靴紐を春の長さに結びけり藍子
9298辛夷咲く駅舎に集う国訛り山田たかし
739還暦の背筋伸ばして冬帽子星みつる
7519鶏に目蓋ありけり春一番わらび
7479伝法院裏手古着屋春一番きわこ
6362信号が一つある村春うらら醇子
6667えらいことになってまっせ今朝の雪上田おさむ
614悪童も今は祖の田を耕せり桃佳
65振り返りまた振り返る花の道尾崎雅哉
5106亀鳴くや思ひ出せないパスワード橘八州翁
5314再会に淡きときめき春コート醇子
5193古本の書き込み二行春寒し友甫
5927菜の花の催眠術にかかりけりいもけんぴ
5461セメントを練る春光を混ぜて練る源五郎
547去る人も来る人もなく春寒し柴田婆娑羅
5199ひこばえの二寸ばかしの心意気山本夏石
5211孤独死といふたんぽぽの中の墓糸川草一郎
4954山焼や阿蘇のけむりの静かなる吉田歩荷
4810春の夜や蝶々結びの子の肌着山田きよし
4195軽トラの荷はうちの嫁葱坊主山田たかし
4893おぼろ月話ししたげな鬼瓦ますみ
422傷舐めて勝敗告げぬ恋の猫友甫
4490春の日をランドセルにも背負いけり居竹棒
4397指先へ天道虫の重からずさぬき三休三
416子が父に返すスマッシュ春コート奥野七八男
4571片栗の花一つ良し群れも良し白兎
4628嫁ぎ行き今日は子連れの雛の客 ひろや
41060盲目の恋貫けず目刺焼く
4272目借りどき老いては妻の御意のまま藍子
4103飛花落花写経の墨の乾く間を世良
4737花の色盗んで回る風車おがわまなぶ
4906蝶になり過疎地の少女街へ出るいもけんぴ
4495桜餅コロコロ笑うお婆さんくんせい
41036薄氷と云ふ初恋のやうなもの橘八州翁
412税金の還付如何ほど目刺焼く岡眞
4289通院の妻の身支度春めきて津々つかさ
4244クロッカス笑いながらに土を割りいふり山麓
41049母の夢止まったままの風車鈴木良二