現代俳句コラム

蟬たちのこなごなといふ終はり方澤田和弥
 澤田和弥は、昭和五五年浜松市生まれ。早稲田大学俳句研究会などを経て、平成二五年には「天為」新人賞を受賞し、第一句集『革命前夜』を上梓した。
 風に吹かれる落蟬を、都会の路上やベランダなどでよく見かける。まだ力が残っているのか時折バタバタしたりする。仰向けになった蟬のなきがらは、水分のない木の葉のようである。時間が経てば、人に踏まれ、あるいは箒で掃かれ、こなごなになるのかも知れない。「蟬が一匹こなごなになって死んでいる」という客観ではなく、どの蟬も自らの意思で行方を処しているかのような、言い換えれば作者の内面のカオスが蟬に投影され、独自に映像化されている。
  卒業や壁は画鋲の跡ばかり
  風船を割る次を割る次を割る
  海色のインクで記す修司の忌
 卒業の日、不要な予定表やポスターなど外し部屋を一新する。だが壁に画鋲の穴がいくつも残っている。青春の苦々しさ、透明さ。  
 写生俳句の真髄は、目の前にある事実の提示から詩的因果関係を瞬時に見つけだせるようになることにあるだろう。そして、詩としての「諧謔と哀愁」は、万物のいのちを知るところに描かれる。
 彼は超結社の仲間も多く、季刊誌「のいず」を立ち上げ、これから大いなる活躍が期待されていた。その矢先、心酔していた寺山修司の忌に合わすように、平成二七年五月に突然訃報が届いた。
 澤田和弥という俳人が三十代の若さで逝ってしまったことは、俳壇の未来にとって残念でならない。俳句という短詩型の地平を共に目指す覚悟が彼にはあったはずなのである。
 
出典:『革命前夜』
評者: 対馬康子
平成28年5月1日

インターネット俳句会&ジュニアネット俳句会

春夕焼どこに触れても水匂ふ
優子
しばらくお待ちください

インターネット俳句会「一般の部G1」高点句

得点番号俳句俳号
16221花冷えや旧姓薄き鯨尺長綱
15240調律の済んだ鳥より囀れり石口翼
131009改札を出れば故郷初つばめ洋平
11497ぢつとしてをれぬ蟻なりぢつと見る倉本勉
11162遍路みな過去を語らず夕の膳高橋透水
10158大仏の指よりこぼる雀の子石口翼
9449春眠を乗せて電車の軋みかな民夫
8967逃水を追いていつしか八十路越えのぶ子
8268田植機のぐらりと入る水田かな遠藤もとい
8747スリッパに幽かな左右春ともしハイクマナブ
71013根を包む紙の湿りや植木市土田遼仙
7485ふるさとは海市二丁目三番地清治
7942春愁の余りし二円切手かな達哉
7231寝転べば吾も少年揚雲雀齊藤眞人
7745遠足といふ大声が動きだす耳目
7139花万朶指はしゃぎ居り手話の席好田白雲
7553春爛漫小匙一杯分の寂小川海童
7153春昼や心理テストにつきし嘘るいえ
7912私よりはみ出すわたし明易し宮本悠々子
6347さくらんぼ村に双子のベビーカー石川秀也
6147薫風や休んで行けと木のベンチいもけんぴ
6537棟梁の墨糸發ねて昼薄暑旬風
61014春夕焼どこに触れても水匂ふ優子
6519鳥曇刃の匂ふまで鎌砥いで森野稔
61005顔じゅうを菜の花にしてかくれんぼ田井遊歩
6736陽炎や彼方に繋ぐ糸電話万里子
6683石橋を渡つた辺りから四月竹庵
6549まだ少し恋する予感春ショール小野たま
6924お母さんつばめ来たよと入院児藤岡初尾
6815おぼろ夜や記憶が嘘をついている清治
6778チューリップ中をのぞけば噴火口中村光男
6156春眠や竜宮城へ二往復暁兵
6560弁当の箸春光を二つ割石田晴

インターネット俳句会「一般の部G2」高点句

得点番号俳句俳号
12348百歳と一歳のいる花見かな草津
10203バス停の顔ぶれかわり花水木河内天青
6530ひとひらがひとひら誘ひ花筏藤井寿豊
6703ツバメ飛ぶ頭上注意の無人駅金絲雀ママ
6289第一子授かる予感薔薇ひらく
6310一間の窓一面の桜かな長門文雄
5118切り抜きの昭和黄ばめり春の果高橋みどり
5988麦秋や主婦堂々のコンバイン九郎
5969チェロケース担ぐ乙女の初夏の髪田村ゆうじ
565大声でのけ反り走るランドセル正弘
529空連れて車窓はみ出す春の海best friend
416ひとひらの桜や巫女の髪飾り落猿
4998日常がとぷりと沈む夕櫻下置5円斎
488藪椿島のぐるりを零れけり渡邉午水
4131春うらら猫に礼など言つてみる藤ゆきこ
479天耕の手を休むれば日本海京子
4501風吹けば寄りて語らふ黄水仙上村ふじを
4102告白の直後の椿落ちにけり綾野蒼希
4132生者より死者に語れる沈丁花さいとうまさえ
4555どの花のひとひらなのと問ふてみる
4482夜桜をひとひらまとい猫帰還クロちゃん