現代俳句コラム

夢の世に葱を作りて寂しさよ永田耕衣
 この句は、「夢の世に葱を作りて/寂しさよ」と読むのだろう。/のところにちょっとした間合いがある。普通の文章の形なら、「夢の世に葱を作ること寂し」となる。この場合接尾語の「さ」は、「・・・ことの寂しいことよ」と感動の意を表す。「夢の世」は歌道では、夢のように儚い世で、そんな儚い世において葱を作っている、という否定的なニュアンスになる。山本健吉は名著『現代俳句』で、儚い世で腹の足しにならない「はかない」葱を作っていることに、「人生の寂寥」を読みとっている。敗戦後のまだ混沌とした状況が念頭にあっての、読みと思える。しかし、この句を何度も読み返していると、それとは違う感慨も湧いてくる。
 ここは思いきって即物的に読んでみても面白い。作者は実際に夢の中でせっせと葱を作っていたのであり、夢の中でも葱を作るかという思いに、たまらない寂しさを感じた、と。夢に見たことが、心の中に錘を下ろし、しばらく心を領すという経験は誰にもあるだろう。しかし、この句が成った瞬間、具体的なものとしての寂しさは自分の手から離れ、まったく異質なものに膨らんで行った。この句の「夢の世」は、現実の延長やそれを反映した世界というよりも、彼の世というものと同じく、現実とはまったく違った世界のように思えて来る。「夢の世に葱を作」っていることを、肯っている。そして「寂しさ」は、現実に根差した具体的なことではなく、何かもっと大きなもの、此の世も彼の世も包摂した人間の営みの、根源的な「寂しさ」といったこころもちが感じられる。「寂しさ」をも肯っているのだ。それは、人間の免れがたい営みの象徴のようにも思えてくる。「寂しさよ」は、「寂しいけれど、これが人間なんだよ、君」という呼びかけの形になっている。
 因みに耕衣の戒名は、生前に自ら付けた「田荷軒耕衣夢葱(でんかけんこういむそう)居士」である。
 
出典:第三句集『驢鳴集』(『現代俳句の世界 13』朝日文庫 所収)
 
評者: 近藤栄治
平成26年10月1日

インターネット俳句会&ジュニアネット俳句会

大股で来てすぐ帰るカンカン帽  
岡本ニャオカ
寝て起きて食べて八月十五日  
蛙香

インターネット俳句会「一般の部G1」高点句

得点番号俳句俳号
13790逆上り出来て木の実をこぼしけり菊鞠潤一
11736孑孑や異国に棄てし鉄兜高橋迂直
10243白桃や触れ合うたびに傷ついて福子
9489盲目の妹の手に書く今日の月景月
8703そろそろもまだまだも居て敬老会腰山正久
714廃校に残る記念樹小鳥来る菊鞠潤一
7288風紋は風の履歴書鳥わたる菊鞠潤一
7340新涼や鍬のくさびを打ち直す武衛門
71123天高し地球が丸く見える町遠藤甘梨
6704皆いつか居なくなります大花野平野悠里
6459鰡跳んで虫食ひ算の穴埋まる町野敦子
6184大阿蘇に鳴く虫の数星の数万里子
61294飛びついて掴む鉄棒天高し菊鞠潤一
61310ひまわり畑見て来て医師に戻りけり大塚正路
675郷愁はいつもこの頃鰯雲木田硺朗
5621秋風や海辺の墓は海に向きるいえ
5964言い訳は嘘と知りつつ秋扇昌司
5756新ジャガの少女のごとき臍を持ち高橋透水
5830神の旅ローカル線を乗り継ぎて吉原波路
5182片身づつ分ける齢や初さんま遠藤甘梨
551想い出の高さで舞っている蜻蛉健央介
5834夏終る洗濯ロープ伸びきつて菊鞠潤一
51162新涼や朝餉の粥の塩加減土田遼仙
595桐一葉ピクリと動く猫の耳岡眞
5572白桃や出口調査に嘘をつく木野俊子
51211土台ある限りは我が家月見草大塚正路
5262秀吉と名の付くキュウリ反り返るポラリス

インターネット俳句会「一般の部G2」高点句

得点番号俳句俳号
17450皺の手で鳴かせて洗う秋茄子あべまさはる
11430鶏頭やまつ赤な嘘の二つ三つ八木五十三
1044名月や屋根を寄せ合ふ漁師町陽優孔
9123もう寝ます葡萄一房冷えてますつだみつぐ
881教室に放心の子あり鰯雲植松半石
713桐一葉旧家は売りに出されけり杏子
7807満月に吸い込まれゆく観覧車ふたつの風
614八朔と名づけし猫と月見酒麻衣子
698桐一葉女の死ぬるときのこと新助
615野良猫の 居座るつもり 秋夕べ未来未来
620水澄むや繭を離れる銀の糸波雲
6650赤とんぼあやつり糸のあるやうに陽優孔
6623読み解けぬ碑文にゆれる萩の花竹庵
5641わらべ去り名月に照る砂だんご茂香女
5331散髪の鋏の音や秋の風文月 芯
5992秋出水禍を語りゐる国訛陽優孔
5219籐椅子の置かるる廊下風の道白兎
4684丸くても丸くなくても秋の月友好東庵
474山小屋は早寝早起き秋深しのらくろ
4317朝涼や会釈する人名は知らず今木卓弥
4729宅地化の波押し返す稲穂かな晴耕雨読
442刈り終えてまた人のなき棚田かな高林正
4245竹箒どれも磨り減り鰯雲松岡鳴々
476ひとりよりふたりさびしい秋彼岸 麻衣子
4109城跡や傘をたためば蝉時雨居竹棒
4626どの道を帰るも坂や金木犀丸亀慎太郎
431風ぐせをそのまま手向け草の花戸上馬子
4358墓洗ふあの面構え父に似るさぬき三休三
4750ひと皿に収まり難き秋刀魚かなけんG
4386転勤の最後の借家七竈舟三壺