現代俳句コラム

おほまかに父は描かれ九月果つ嵯峨根鈴子
 嵯峨根鈴子さんの第三句集「ラストシーン」所収。この句の父親像がいろいろに読めてしまってとまどう。一般的な読みとして、幼い子どもがお父さんの顔を「おおまかに」眉や目や口を描いたということだろうか。ひょっとしたら顔の○だけの父親象?しかしこの句に子どもが持つ愛らしさは描かれていない。「父は描かれ」という受け身の父親の表情もわからない。下五の措辞が「父の日」や「花の季語」が来たのなら学校の参観日風景や家庭でのほほえましい親子像が見えてくるのだが、この下五の「九月果つ」の転換によって、あたりまえの親子関係から読者は置いてけぼりをくらう。「九月果つ」に父の不在を感じるのは私だけであろうか。作者がのどかな親子像を描くことを拒否していることは確かだ。「おほまかに父」を描くこの子は本当は父をよく知らないのではないか。もっと言えば、おほまかに父を描いたのは幼い子どもではなく、描いたのもお絵描きの紙ではなく心かもしれない。その人は(追憶の)父を「おほまかに」しか描かない、語らない、父とは遠い存在なのではないかと思ってしまう。この句の「おほまかに」と「九月果つ」という何でもないふつうの言葉の結合が読むほどに、子のさみしさ、父というさみしさをそこはかとなく感じてやまない。
 嵯峨根鈴子さんの句はこんな風にぶっきらぼうだったり、しずかに拗ねたりしていて立ち止まらずにはいられない。
 
  白ふくろふ死者のてのひらかとおもふ
  ボス猿の荒れるや明日はクリスマス
  どの蓋も合はなくて母だと名告る
 
 
評者: こしのゆみこ
平成28年7月16日

インターネット俳句会

自らを方付けてゐる端居かな
耳目
五月雨や片付かぬもの語り来る
多事

インターネット俳句会「一般の部G1」高点句

得点番号俳句俳号
19134良妻も賢母も終へて合歓の花やち坊主
1810返す手が月に触れたる踊りかな耳目
16286睡蓮の水の余白に雲流る遠藤もとい
14190向日葵やゴワリと乾く柔道着閑人
12984不機嫌と判る扇子の使いよう鉦貞
11227断崖に果てる岬や沖縄忌せいち
989名をつけて闇に戻せし蛍かなみかん子
9161夢を見るためにひたすら繭となるぴエロ
9232夏薊少女の中の発火点優子
9980夫看つつ生き切る朝の濃紫陽花廣瀬布美
8140宴終えて孤独なパセリ噛んでみる茜薫
8801少年の海いつだつてラムネ色林流伴
8519長靴の今日の暑さを洗いけり戊三春
7958柚子の花やんはりものを言ふ女糸川草一郎
7337地球儀の太平洋の黴拭ふのぼさん
769自らを片付けてゐる端居かな耳目
73冷奴今日三角に切る気分記内カノン
7927蚊柱や少し昭和の残る路地遠藤甘梨
742ときどきは僧の代読牛蛙赤松勝
7131隣村の音だけもらふ遠花火甲賀忍者甲賀忍者
7707落暉いま肩の高さや麦の秋山嵜緑

インターネット俳句会「一般の部G2」高点句

得点番号俳句俳号
8269梅雨きざす形見の帯の結び皺大島涼波
7419水鏡置いて立ち去る驟雨かな遥夢
783まなざしの静かなる僧沙羅の花京子
7127雲を吸ひ雲を吐き出す梅雨の山亀津ひのとり
7158静脈の透く人へ差す白日傘溝口トポル
6289一人居は一人できめる夏蒲団能待人
62五月雨や片付かぬもの語り来る多事
6375紫陽花や血縁絶えし墓一基 大石親行
6753控えめに恋を語りぬ苔の花
618仄暗き駅舎の灯走り梅雨上村ふじを
63山折りと谷折りのまち夕焼けるさるぼぼ
5641月見草蝶の重さをもてあまし如雲
5301看取る目を待って牡丹の崩れ落つ霞山旅
544梅雨寒や枕の高さ定まらずみのるる
538ところてん卓に置かれて妻の留守としもり
57燕飛ぶ悩みも迷いも断つごとく吉成穀雨
5841万緑に一筆描きし土石流山友信太
5282金魚にも名前が有りて孫の部屋荒木五郎
5810あぢさゐや記憶の底のをんな文字凉木玲
486万緑を裂く刃のごとき滝ひとつ如雲
44六月の湿気組み伏せインドカレー汝火原マリ
4412三日ほど画材となりぬ堅き桃山本浪子
4398葛切や藍の暖簾の二年坂凉木玲
439父の日や丸みたる背にメジャー当て藤井寿豊
4909イノシシの話で始まる帰省かなラヂオ少年
4471でで虫の葉先に傾ぐ思案かな溝口トポル
4541すれ違ふ日傘のひとの空似かな凉木玲
4144せせらぎに風登り来て糸とんぼ瀧暁
419流星の音を聴きをる蛇苺澤田聖吾