現代俳句コラム

彎曲し火傷し爆心地のマラソン金子兜太
 他誌の同様の特集にも書いたことだが「金子兜太の一句」とするとき、私はどうしても掲出の句を選ばざるをえない。西東三鬼の、
  広島や卵食ふとき口ひらく
 とともに、戦後を代表する俳句としているからである。
 偶然だが、共に無季である。私が意図して無季作品を選んだわけではない。
 では、この二句に時間的な要素は含まれていないのだろうか。いやいや、そんなことはない。恐るべき詩的現実の一瞬は、むしろ永遠性をさえ獲得しようとしている。
 あえて三鬼作品から照らすなら、この俳句が提示しているのは三つの時制である。すなわち、広島=死者の世界=過去、口=生の世界=現在、卵=未生の世界=未来、という具合である。
 つまり、死者の世界である広島で、未生の世界である卵を、生の世界である口が食うという構図である。原爆が投下された広島でないかぎり、卵を食う口が、これほど異様に照らし出されることはない。まさに詩的に異化された光景の具現と化している。
 兜太作品も同じ構図なのだと言える。爆心地である長崎で、くねくねとマラソンしているのは生者だけではない。全身が彎曲し、ずるりと皮膚の剝げた死者も走りつづけている。そんなにも懸命に死者たちは何処に行こうとしているのか。再生の場所としての未来である。結局、掲出句にも永遠にも似た壮大な三つの時制が現前しているのである。
 
※『現代俳句』2018年7月号金子兜太追悼特集「忘れ得ぬ一句鑑賞」より
評者: 高岡 修
平成30年11月20日

インターネット俳句会

秋の雨こつこつこつと点字打つ
二木寒山
冬至なる大和もうもう息吐ける
今村 蔦

インターネット俳句会「一般の部G1」高点句

得点番号俳句俳号
11668百年の梁の音する冬座敷健央介
1013ふるさとの三和土の色の寒さかな倉本勉
9592大根引く腕より顔に力入れ風来子
9840星流るまたひとつ消す住所録光雲
9722百歳の所作に無駄なき文化の日本町ゑみ
915水害の記事に包まる泥の葱紙飛行機
9125ゆく秋のひと日ひと日を母とゐる田井遊歩
8553人生は老いて又良し帰り花流生
8596秋あはせ着て妻でなく母でなくプラム
8310北風に新幹線といふ尻尾耳目
8547冬めくやガラスの隅の拭き残し小文吾高田

インターネット俳句会「一般の部G2」高点句

得点番号俳句俳号
17230捨て猫を撫づれば寒き骨のあり常道國
16692一膳に一山香る茸飯葉山」
9260片恋はメビウスの輪や林檎むく眞紅
9108新海苔を炙り朝餉の顔そろふ渡辺はな
9744治ったと笑いし人の寒き通夜中村テツ
8552引き算に指を借る子や冬ぬくし渡辺はな
8180それでもと毛糸編んだりほどいたり有瀬こうこ
8352ひと群は風のかたちに沖千鳥月波
8249面取れば黒髪肩へ寒稽古輝久
728自販機のコーヒー「ゴトン」冬隣ぶんご
772文化の日人体模型天日干し美津治
7701仏壇の燐寸の湿り三の酉ぶんご
7698動かないパンダ勤労感謝の日有瀬こうこ