現代俳句コラム

艦といふ大きな棺(ひつぎ)沖縄忌文挾夫佐恵
 こんな句がある。
  軍艦が沈んだ海の 老いたる鷗  富澤赤黄男
戦争の悲惨な実態を目の当たりにした当時の若者たちも、戦後七十年が経ち「老いたる鷗」になった。赤黄男の鷗よりもさらに大きな時間を抱え込んだ老鷗は、何を考え続けたのか。
 
 文挾さんの上掲の句は、九十四歳のときの作。
 「艦」は「かん」と読む。沖縄戦で「艦」といえば、真っ先に思い浮かぶのは「大和」だが、一般的に「艦」と言ったために、「大和」以外の戦艦にも思いが拡がる。どの戦艦にも兵として乗っていた多くは、国を救おうとする純粋な若者だ。敵味方を問わず・・。
  戦死せり三十二枚の歯をそろへ  藤木清子
 同世代の身近な青年たちが次々に戦死していく。なぜ健康で無垢な若者が無残に死ななければならないのか。
一方、三鬼は次のような暗喩句にて、軍艦の不吉な命運を感じ取っていた。
  僧を乗せしづかに黒い艦が出る  西東三鬼
冒頭の句では、さらに、(本土防衛のために)島に閉じ込められ多数の犠牲者を出した「沖縄」自体も紛れもない「艦」(=大きな棺)であったことに思いがとどく。「艦」=「棺」は「沖縄忌」の本質でもあったのだ。「艦といふ大きな棺」という文体には、「といふ」の時間の中に「艦」の本質をさぐるような思索性が感じられる。
 
 この句は客観写生ではない。沖縄戦の「艦」を心の奥に据え、「死」のあり方を形態的にも意味的にも通底する「棺」をもって、可視化したものだ。「戦争」というものは、雄々しく軍艦(や戦闘機や戦車など)を建造させるが、その本質が「棺」であると判った時、あらかじめ組み込まれた悲劇性と人間の愚かさが如実に浮かび上がる。
 
 戦時中の深い情感に発した粘り強い思索の結論が、一句としてここに厳然とある。この「老いたる鷗」の深化が戦後俳句七十年の意味の一つとも言えようか。
 
(平成二十年作・句集『白駒(はくく)』角川書店)
評者: 佐怒賀正美
平成28年9月16日

インターネット俳句会

語らねば私が終わる原爆忌
清水ケンジ
十七で闇屋となりし母の夏
堀静也

インターネット俳句会「一般の部G1」高点句

得点番号俳句俳号
1894追伸の母の二行に帰省せりプラム
15145かき氷いま少年となる途中幸江
1343働いてまた働いて蟻のままきたひばる
12790漁火へ銀漢の尾の紛れ込む黄色い烏
1265バリカンに噛まれし記憶終戦日黄色い烏
11237十薬や影のごと来る検針員記内カノン
11712窓ごとに天の川あり癌病棟昌司
10273夏座敷父より若き祖父の笑み健央介
10400遠花火月を残して果てにけり風の鳥
10736母のため脚の短き茄子の馬高橋牛蒡
9897総活躍と言はれてもなあ目刺し焼く鈴木良二
9256三人目来て列となる炎天下三椒
9401夕立のまるごと村を洗ひけり草紅葉
9191かちかちの雑巾が待つ新学期石田晴
973青バナナ父の語らぬ遠き島みかん子
8158食卓に無言が座る極暑かな赤松勝
8406迎火焚く先祖の知らぬ町に住み田井遊歩
8980ざっくりとひと鍬入れる敗戦日よいどれ
8689ブラジルの昼を見てゐる夜長かな耳目
8880書くほどの自分史も無し冷奴えだまめ
8111語らねば私が終わる原爆忌清水ケンジ

インターネット俳句会「一般の部G2」高点句

得点番号俳句俳号
18317流燈に乗りても先を譲る父さるぼぼ
12306うなぎ屋の鼻からくぐる暖簾かな量波
10275白靴の小さき順に干されをり山寺屋
861枝豆の父に優しき塩加減藤井寿豊
7572帰省子のふた夜ばかりの訛りかな桃爺
6953恋心箸を逃げゆく心太よしみち
61000あやす子も寝かす子も無く髪洗ふ霞山旅
512意を決し語り部となる終戦日だっくす
5624新盆やギター一弦切れたまま京都冬竹
559母の背で見しもの多し遠花火 喜柊
5531一滴の頬打ちてより夕立かな杜子春
528行く夏や月に残せし靴の跡山寺屋
496八月の海に木魚は漂ひて落猿
4102にはか雨匂ひ残りて蝉時雨昭教
4184朗らかに破調となりぬ麦の笛垣内孝雄
4308十七で闇屋となりし母の夏堀静也
4126川原の賑わうテント過疎の村きくさく
4879下駄の音の涼しき人の素足かなはとめ
4980寅さんの弾む口上鰯雲上野芳水
4991吹く風やこよみ揺らして秋に入る掃除
4807いつからか親父は丸く冷奴山口刃心
4774五線紙に掬へぬ和音秋の風たかおはるか
4633青蛙朽ちた塔婆に胡坐かき日光ひかり荘
4544炎帝に耳を折られし犬がくる汝火原マリ
4453終戦日なお沖縄のとおくあり九郎
4301つぎつぎに白いひと来る炎天下鳥の家
4473かなかなを聴いて汗引く峠かな高原澄正
4812二人でも家族と言える吊り忍九美
4568 クロールの君の右手に入道雲羽夢
4123象徴てふ生き方さぐり水中花だっくす
4958恐竜も暮らした地球大夕焼あやめ2号
4757少年の膝は三角草いきれひさこ
4844ぺりぺりと日焼け皮膚剥く反抗期溝口トポル
479せせらぎに馬を冷やして塩の道江原遅筆
4902蝉しぐれまた二人だけの日々となり能待人