現代俳句コラム

水涕や鼻の先だけ暮れ残る芥川龍之介
 「自嘲」という前書のある掲句を短冊に書きつけて、芥川龍之介(明25・3・1〜昭2・7・24)は自死した。そのため、この句が辞世の句であるかのように言われることがあるが、厳密に言うと、辞世の句ではない。
 というのは、芥川の死後、香典返しの品として芥川家が作った句集『澄江堂句集』(生前に芥川が自選していた77句)は、ほぼ年代順の配列となっており、掲句は77句中17句目。前後の句の成立年代から考えて、大正10年頃には出来ていたのではないかと考えられる。自死したのは、昭和2年。死を覚悟した際に、自句の中からこの掲句を「辞世の句」として選び取ったというのが、正確なところだろう。
 では、なぜこの句を選んだのか。その前に、この句は「水涕を垂らした具体的な自画像」なのだろうか。一字一句にこだわった芥川が、「水涕や」と「や」で切っていることの意味は大きい。「や」で切ったということは、そこに間を置きたかったということ、したがって、具体的に鼻水を垂らした人物像を描き出そうとしたのではない。前書に「自嘲」とあることから推察されるように、「水涕」は、苦い「自嘲」の思いの象徴だろう。
 さて、「暮れ残」ったものは何か。素直に読めば、「鼻の先」である。ところで、芥川の小説「鼻」に、「内供は実にこの鼻によつて傷つけられる自尊心の為に苦しんだのである」という一節があって、まさに「鼻」は「自尊心」の象徴として使われている。「暮れ残」ったのは、肉体的にも精神的にもぼろぼろになった芥川の、けれど、最後に残っている「自尊心」。さらに突き詰めると、「芸術家としての矜恃」の結晶たる、作品そのものであったと気づくのである。
 小説「鼻」を漱石に絶賛されて始まった作家としての人生を、芥川は、「鼻」の句で閉じたかったのではないだろうか。いやむしろ、辞世の句として選び取るのは、「鼻」の句でなければならなかったのである。
 
 
出典『澄江堂句集 印譜附』(昭2、文藝春秋出版部)
評者: 松王かをり
平成29年10月16日

インターネット俳句会

白桃の刃先をやはらかく拒み
田中秋明
職業に朝顔と書く余生かな
志水寿翠

インターネット俳句会「一般の部G1」高点句

得点番号俳句俳号
24704育児書にあまたの付箋小鳥来る石田晴
1830踊る手の星に触れゆく風の盆つよし
17308秋の夜や介護日誌へ完と書く八王寺宇保
15319バスが来て花野の人が入れ替わる石田晴
14199ポケットの砂裏返し夏終わる飛白
12256ただいまと言ふてみるなり秋一人山寺屋
12111風止んでコスモスの色定まれり風の鳥
10818百日紅母は長寿に疲れをリカンナ
9404コスモスやわたしはいつも揺れている増田六伍
9871月の夜は笛になりたし竹箒伏兎
9284小さきは小さく抱かれ露の玉ゆざわまさえ

インターネット俳句会「一般の部G2」高点句

得点番号俳句俳号
14396職業に朝顔と書く余生かな志水寿翠
11288メレンゲの白き角たつ良夜かなスロトレ
9612万華鏡カタリと回り秋に入る一八
986まつさらのチョーク一箱休暇明マーサ丘
820組体操崩れどよめくいわし雲水夢
8129おほぞらにつかむものなし曼珠沙華酔芙蓉
8344逆上がり足裏に広ぐ鰯雲山崎敏江
7151糸とんぼ己の陰を探しけりコタロー
740秋晴れや伴走の綱律動す心慧弓助
7411天秤棒かつぐ案山子のいかり肩みづき美郷
7338一斉に北へかじきる秋刀魚船筆歩
742小菊切る鋏の音の高かりし友華
7592漱石に栞を挟み秋の雨玄彩
7663穂も種も秋ものぎへん私すら水青
7760敬老の文字をリップの赤で消す佐々木とくえ
7198定年後自由の刑や秋の雲桃爺
7299目が合って秋茄子貰う散歩かなtomosugitomosugi