現代俳句コラム

凍裂の谺なりけり夜の躰田中亜美
 シングルベッドをひとつ置けば部屋の半分も埋まろうかという、学生用の小さなワンルームに住んでいた俺は、寒い夜、真っ暗な部屋でベッドに身を横たえて、カッカと火照る掌を握ったり閉じたりしていた。
 身長171センチ、体重は昼間に計った時には57、5キロ。寝て起きれば、朝にはちょうどフェザー級のリミット57キロを割るだろう。体脂肪は3%を切っている。もう俺の体に削れるところはない。腹筋は六つに割れ、胸筋には馬のように血管が浮き出ている。夜は牛乳を一杯と菓子パンを一つ食べたきりだ、今から体重が増えることは考えにくい。いや、考えられない。しかし、考えてしまう。
 がばりと起きて、時計を見る。もう午前1時を回っている。部屋には体重計がないから、あるはずのない事態が頭から離れない。テレビをつけると、深夜番組の明かりが壁をめらめらと照らす。流しから空のペットボトルを持ってきて、しきりに唾を吐く。こんなことなら、ケチらずに体重計を買っておけばよかった、と試合の前日にだけいつも思う。だが、この修行僧のような毎日のなかで、体重が増減するはずもない。 
 明日が試合だからと、昼間のトレーニングを軽くしたのがいけなかった。ただでさえ興奮しているところに、体が元気だから拳が疼く。背中からは、筋肉が裂けて溢れそうだ。
 肉体と会話をしていく。手と、足と、背と、腹と、腰と、首と、拳。動かなくても、じっとりと汗が噴く。
 「俺は強い」、そう呟きながら、もうすぐ2時になる時計をじっと睨んでいた。あの日。
 
出典:『海程』平成281月号
評者: 中内亮玄
平成29年2月15日

インターネット俳句会

冬の川ひとり一人にある遠さ
町野敦子
擦れ違うマスクの中にある孤独
京都冬竹

インターネット俳句会「一般の部G1」高点句

得点番号俳句俳号
18605郵便夫ことりと寒さ落としけり昌司
14310着ぶくれて逆らわずとも従はず耶馬渓石
13470凩や抜け落ちてゐる煮干の目石田晴
12924杖上げるだけの挨拶枯野道妹尾節
12765角砂糖くるくる溶けて春隣平野悠里
11458電飾のない村にある冬銀河飯塚けいじ
11495二升酒土佐の鯨は放し飼い日暮屋又郎
103人日や一草足りぬ粥の味一老
10326なまはげの優しくなりぬ過疎の村泰山木
827黒髪に融けて匂へる春の雪達哉
8129受話器置く家の広さや年の夜青木イリジウム
8921看護師の手の甲にメモ冬の月熊谷古錐

インターネット俳句会「一般の部G2」高点句

得点番号俳句俳号
9711擦れ違うマスクの中にある孤独京都冬竹
8216一つづつ地に置くようにボタン雪青木千代
7111柚子ひとつ加え女房の仕舞風呂川崎伸治
7883みぞれ降る袈裟に二本の素足かな掃除
6515掌に乗るほどの幸福寿草よしみち
5177別々のホームに佇ちて春の雪汝火原マリ
5344漁師とて余暇に釣りする春隣高島郁文
5842講堂の椅子固かりし開戦日ひさこ
5624駅ごとに乗りくる夜の寒気かなだっくす
53四股を踏む格好決めて大根引く松越路
5280今日だけはヒール履きたし寒昴奏木
5262年賀状余白が語る安否かな藤ゆきこ
553そぞろ寒義母より低き骨密度安寿