現代俳句コラム

冬蜂の死に所なく歩きけり村上鬼城
 初学の頃に出会って以来、ずっと私の心に棲みついている一句。
 冬の寒さのなか、命が尽きかけ飛ぶこともできない蜂が、ただよろよろと歩を進めている。歩みをやめたかと思うと、また思い出したかのように動く。その弱々しい歩みが、作者には、死にどころを求めあぐねているかのように感じられたのだ。
 眼前の小さな生き物の有り様を「死に所なく」と把握した作者の、その時の心情や人生観にも自然に思いがいく。作者の厳しい自己投影に、心打たれる。
 東日本大震災では、何の罪もない二万人以上の人々が津波に呑まれ命を落とした。二万の人がいちどきに亡くなったのではない。ひとりひとりの尊い命の終わりが、二万回訪れたということだ。こうでも考えなければ、あの三月十一日のひとりひとりの死に思いをいたすことができない。その死を心から悼むことができない。
 震災後の釜石の人々の様子は、この句に詠まれた冬蜂そのものだった。
 大渡橋という橋の上を、人々は、ぼろぼろになって、抜け殻のような呆けた表情で、亡霊のように行き交った。怪我した足を引きずり、杖をつきながら歩く人は、まだましな方だった。目に見える形で病んでいる人は、いい方なのだった。外からはっきりとは分からないものの、心を病んでいる人が町中に次第に増えてきている感触があった。
 うつむいたままで、小声で間断なく呟き続ける人。ちぐはぐな格好で、脈絡のないことを大声で叫びつつ津波跡地を巡り歩く人。目がどんよりと濁り生気がない人…。
 家族を喪い、家を流され、ぽつんと生き残ってしまった生き地獄。死にどころを求めあぐね、釜石の町をよろよろとさまよい歩く人々。
 震災からもうじき四年。被災地では、今、自殺が増えている。
 
出典:『鬼城句集』
評者: 照井 翠
平成27年2月21日

インターネット俳句会&ジュニアネット俳句会

初雪や口がへの字の赤んぼう  
田居吾十歩
狼星に指いつぽんを立ててをり  
雅鬼

インターネット俳句会「一般の部G1」高点句

得点番号俳句俳号
1845添書きにナース代書とある賀状遠藤甘梨
13132マスクして大きな嘘の中に居る宮本悠々子
11103病む夫に嘘を重ねて去年今年岡本ニャオカ
8317黒豆の皮艶やかに母老いぬ伊予尚女
81051引力を形にすれば軒氷柱石口翼
7183ゴム印の日付あらため初仕事菊鞠潤一
61116御破算にならぬ人生福笑ひ小愚
61266腕白も正座で貰うお年玉極楽剣士
6630雪を掻(か)き母屋一軒掘り出しぬ大塚正路
6665目刺売る太平洋の音を背に藤岡初尾
629着ぶくれてこの頃私アルマジロ石口翼
61163トーストの歯型きれいに四日かな凡鑽
6255はみ出せる母のぬり絵や寒椿益子そぼろ
694湯気あげる牛の乳房や寒の朝貢人
6303老いて尚消せぬ夢あり牡丹の芽やすし
6592コーヒーの中に小さなクリスマス重松築山
51191寒紅をきりりと引いてまだ女廣瀬布美
5105父の父その父の国雪重し福々
5444細りてもなほ一脈の冬の滝井川杜子春
5445足らぬもの足らざるままに七日粥せいち
5881霜柱ゴジラ気分の力足田んぼ  
51205理髪師の正月たぐる手のさばきつよし
51337生かされて古き机に鏡餅旬風
5322自転車を漕げば漕ぐほど冬の風やないりょう
5327去年今年すこし遅れる古時計赤間
51019七十年戦後つなぎし賀状絶ゆ田村洋々
5269生も死も一度で足りて福寿草宮脇眞
5891火掻棒くべられ焚火終わりけり青野草太
5616冬銀河こぼれて巨鯨うつくしき一行詩
5511持ち寄りの煮物褒め合ふ女正月山本春川
5476枯蓮良き人生と思ひたし百名温
51055焼藷を割れば昭和が匂ひけりチョーサン
5833クルトンの湿りゆく間の冬の虹遠藤もとい
51304存分に海見せし凧降ろしけり菊鞠潤一
5237マスクして白紙のままに投票す閑人
5458関門に雪降る夜の平家琵琶岡本ニャオカ
5531母の髪一本残る冬帽子吹留宏風

インターネット俳句会「一般の部G2」高点句

得点番号俳句俳号
13436一羽きて二羽来てどっと初雀荒木障子 (しょうし)
11597母の手を持ちて小春の日を拾ふ東天
10801まばたきも相槌のうち冬の朝い特に
10862ふるさとへ一駅ごとに雪深む丸亀慎太郎
8898大阿蘇を一人占めする初湯かな酸模(すかんぽ)
731木枯しも連れてくぐるや仁王門植松半石
6706凧の尾の右に左に瀬戸の島丸亀慎太郎
6325引き出しに入れておきたき小春かな道子
6632かたまりの息ひとつ飲み寒稽古川越雷鳴
5427牡丹雪ゆっくり地球を持ち上ぐる青石
5576地吹雪や鉄瓶の鳴る奥座敷田村ゆうじ
520育めば人恋ふ色に山りんご
5267ゐといふ字るにもぬにも似冬籠糸川草一郎
5932狐火の瓦礫の中を去りやらず杏子
55鯨尺愛せし母や日脚伸ぶ牧岡直明
522樹氷林雲一片も寄せ付けず剛一
5494煤逃げといふ晩年の家出かな鈴木良二
4546年賀状端に手書きの思い遣り勝三郎
4718校庭の鉄棒光る初日の出高嶋旅人
4950会釈して癌告知受け寒の入り春野菫
4228連凧のラインダンスの総崩れおりべ
4878蝶凍つる森の昏さを知りつくしプラム
413野良猫の仏陀気取りや日向ぼこ勝三郎
4380初稽古少年面を打ち込みぬ高林正
4316孫帰り四角に戻る冬座敷米鮫夢猪
4665大寒や一刷けの雲動かざる優子
4275手も口も炬燵の人となりにけり猫枕
4328鬼やらい竹百幹の闇揺らす優子
484愛妻と不戦の誓ひ初詣晴耕雨読
427大地とは脆きものなり霜柱おおばりょうへい
4566一人ずつ故郷を去りて三ケ日今木卓弥
4168大根や葉のどっさりを選びおりカンナ