現代俳句コラム

去年今年貫く棒の如きもの高浜虚子
 年末年始などに引用される有名な句。
「何の変哲もない棒の如きもの、それが去年今年を貫いている。(中略)毎日変わることのない日常、それは絶対自信の生活態度といったようなものであり、その棒は不気味な現実感を帯びてくる」清崎敏郎著『高浜虚子』、山本健吉は老虚子会心の作、大野林火も絶讚している。昭和二十五年十二月二十日新春放送用に作られたこの句への評価は大方似通ったものだった。
 かねて、変哲もない棒のような去年・今年と定説化された鑑賞だけでは勿体ないと思っていた。「棒」は男性器のメタファーかもしれない。するとこの句からセクシュアルな健康的なイメージが広がってくる。愛し合う営みには、去年の昨日も今年の今日もない。
歌麿・北斎の描いた世界。志功の太り肉の男女はどうだろう。「中七」のよみ過ぎだと「痛棒」を喰らわせられるかもしれない。
だが「棒」には「相棒」や「べらぼう(篦棒)」に「泥棒」もある。絶対の「棒」にすこしの狂気を加えたよみをしたい気もした。
 当時、虚子七十六歳。村井和一は掲句に次のようなパロディーを試みている。
  松すぎて貫く棒をとりはずす  和一(村井和一 H23・3・13逝去)  
 
評者: 横須賀洋子
平成27年3月21日

インターネット俳句会&ジュニアネット俳句会

朧夜のじゃんけん勝つたか負けたのか  
栖村舞
畦を焼く兵士前進する如く
山崎敏江

インターネット俳句会「一般の部G1」高点句

得点番号俳句俳号
11144菜の花を分けて一両電車来る田中つとむ
10976次の世も女なのかな葱刻む田居三久
10307春光をぐいと引き寄せ畳針津久見未完
9789パスワード忘れ冬木のままでいる福子
918いい人でいる限界のくしゃみかな健央介
8288水温む少女は既に多面体丸岡正男
71241つくしんぼこんどはわたしママをやる山田たかし
763消しゴムがこんな所に春炬燵菊鞠潤一
7418咳すれば二階の咳が降りてきた吉原波路
71181三月の歌を吹きかけ窓磨く伏兎
61305出不精を酒で連れ出す梅見かな廣瀬布美
61167百段を登りきったる春の海日田路
629そつと置く自我を無くした冬帽子熊谷古錐
6654春風の吹き抜けてゆく埴輪の目高橋城山
6309仕舞うてはすぐ出す喪服春寒し松村洗耳
51162大寒の落款として海入日丈子・・
5777北国へ春の息吹を投函す山本春川
556牛の名を呼べば応へる日永かな高橋牛蒡
51添文の代筆案ず寒見舞やすし
5194譲られし上座にありぬ隙間風菊鞠潤一
525爺は反り婆は丸める日向ぼこ山本夏石
51005交番の留守を預かる黄水仙川嶋いさを
5419風花や会津にのこる絵蝋燭土田遼仙

インターネット俳句会「一般の部G2」高点句

得点番号俳句俳号
13706指先が地図を旅して春炬燵青石
11308教室に九九の響きや日脚伸ぶ桃爺
863和菓子屋にひと足先の春の色長野遊
77鬼役の子らにはそつと豆を撒く北浦日春
7270吊るし雛仮設の窓を飾りけり松秀林
6419噛み合はぬ夫との会話猫の恋勝三郎
626紫の布団小さく貝の雛ますみ
614春風を大きく掴むパラシュートけんG
678賀状手に口数多くなりし父川越雷鳴
612雪解けて畦道一つ増えにけりのらくろ
635畦を焼く兵士前進する如く山崎敏江
697失いし乳房の重み冴え返るかまち花織
5524ごめんねと言ふて採りたる蕗の薹昭子
5908反抗期ツンツンツンと麦青む舟三壺
564大志はや身の丈となる二月尽おりべ
482東京へ行く子行けぬ子残る雪桜井水
4144春泥を飛び損ねたる背広かな清治
410蒼穹に向き合つてゐる梅一輪佐助川佐助
4394鉄鍋に古き焦げ痕多喜二の忌糸川草一郎
4596クレソンの匂ひ仄かに春の水酸模(すかんぽ)
4695冬萌えや少し濃く描く眉の先さいとうまさえ
4884切り干しや始末の暮らし始めおりカンナ
422カレンダにピン止めしたり種袋啓之
4698母さんの置き手紙のやう花すみれ優子
476着ぶくれてローカル列車の無言かな山崎怜