現代俳句コラム

兵なりき死ありき星辰移り秋文挾夫佐恵
 前回に加えて、文挾さんの戦争体験を総括したもう一つの晩年作を紹介しておきたい。作者の場合、戦争は結婚し長女誕生から間もなく訪れた。戦時中の波乱万丈の生活は、
 
 炎天の一片の紙人間(ひと)の上に    夫佐恵
 
に始まる。以降、作者は幼い命を守り、夫の無事を祈りながら必死で生きた。
 
「女親は、自分の幼かつた日の雛祭を想つて、幼児のために立ち雛を描き壁に貼つた。菜の花と桃の一枝とを挿してはみたものの、紙に描いた雛は、大人のなぐさめのものであつて、お雛様のもつあのゆめまぼろしの世界など、幼児にとつて持てよう筈はないと思はれた。いつかこの子が大人になつたとき、雛祭りについては胸に空洞のある人間になるのではなからうか、いや何かがどこかが欠けた女性になるのではなからうかと不安だつた。(中略)
 そのとき、昭和十八年三月、男親は、輸送船でラバウルから東部ニューギニアのラエに向ふ途中、敵の爆撃を受け、ブイを身に着けて海に飛び込んだ。そして海上に漂ひながら、その三月三日が父親の命日になつて、くにに残してきた娘は一生雛祭が出来ないのかと、数へ年三才の女の子のことを思つたといふ。
 いまもつて雛を持たぬ娘だが、いつかは母親になる日もあらう。さうした時に、若い日の両親が遠く離れて、小さい娘のために悲しんだやうには、雛も雛祭をも感じないですむ時代であつてほしい、と思つたりするのである。(後略)」
(第二句集『葛切』あとがき)
 
 作者の戦争を問う現代俳句の原点の一つはここにあると言えるだろう。
 
 ところで、冒頭掲出の句は、戦時の兵の死、銃後の人々の死、戦後六十年の間の身辺の人の死、などさまざまな解釈も成り立つが、「星辰移り秋」ですべてが静かな哀感と共に作者の晩年の「いま」に収斂する。諦念とは簡単には言えない複雑な心境がようやく澄んできたかのような印象を受ける。
 文挾さんは、戦争を挟む激変の世を百年生き抜き、俳句に限っても旧派から前衛まで多彩な世界を見てこられた。それらの中で声を荒げることなく、自分の主張すべき世界を深く豊かに表現し続けられたことに、私自身、日を追うごとに敬意が深まっている。
 
(句集『白駒(はくく)』平成二十四年・角川書店刊)
評者: 佐怒賀正美
平成28年10月1日

インターネット俳句会

語らねば私が終わる原爆忌
清水ケンジ
十七で闇屋となりし母の夏
堀静也

インターネット俳句会「一般の部G1」高点句

得点番号俳句俳号
13192草の実をつけて乗り込む路線バスチョーサン
12275赤とんぼ風乗りかへて乗りかへて石田晴
124一呼吸置いて宣誓雲の峰長野遊
12168秋扇小さく使ふ通夜の席泰山木
12131名の由来娘につげし良夜かな星樹
11947百円の水飲んでゐる敗戦日耳目
10439借りものに妻を貸し出す運動会三椒
1027電柱の愚直に立ちし大暑かな閑人
1058目薬の雫を待てば秋の風石田晴
9176喝采は起き上がる児に運動会田村洋々
911稲刈りや父いる限り子と呼ばれ健央介
916鳥の目の色になるまで葡萄食ぶ日田路
9212種子とりて朝顔日記終りけり民夫
9503好きな子の好きな子知って曼珠沙華河内天青
9332一両の花野行きです縄電車万里子
9261転がせて見せる反物涼あらた旬風
9227秋晴れと言ふそれだけでよきひと日小野たま
8921深海に潜るがごとく蚊帳に入る健央介
7417飛び越せるほどの川幅曼珠沙華かささ和
7189生家絶え墓がふるさと吾亦紅田井遊歩
7235もらうよりできる楽しさ敬老日國武光雄
7124下校する子に稲束を高く上げジロー
7327愚痴ばかり聞いて葡萄の皮の山幸江
7249リンゴからゴリラへ跳んでゆく夜長松村洗耳

インターネット俳句会「一般の部G2」高点句

得点番号俳句俳号
1275地卵をコツンと割りて早稲(わせ)の飯大地佐保
7430補聴器をはずして月をひとりじめ大貴
732胡麻爆ぜるスタッカートのピアノ曲博子
68一本の糸を断ち切る秋思かな山寺屋
6924名瀑や太古の鼓動鳴り止まず大地佐保
5744天高しきりりと結ぶ靴の紐小文吾高田
5603銃を持つ君の上にも同じ月よしみち
5124再びは出逢ふことなき虫の恋川崎伸治
51009商うは十日の菊の十束ほど糸欧州語
5557紙魚の棲む昭和4年の一茶かな江原遅筆
5976青鷺や塑像のごとく池の淵東海まむし
5437雨音のいつしか虫の音となりぬだっくす
4761交差点斜めに渡るおにやんま紫苑
496天高し人の憂いの小ささよ
4472病む夫の寝息安けし良夜かなあらかぶ
4214ひと房の葡萄のかたさやはらかさてびき
429久方の妻の乳房や秋の虫やまだはれはれ
4122我が影を貴方と思う月明かり九美
46江戸切子海の青さを夏がゆく茫々
4238白粉の花や少女の生返事てびき
41038夜半の秋得体の知れぬ妻と居り藤田六伍
4940牛小屋に子猫の住まふ十三夜ムギ
484十秒の記憶の母や草の花堀静也
4676虫時雨突然止みて猫の客 黙人
411秋の虹離れて暮らす妻子かなよひら
4457柿もげば垂れたる枝の天を打つ大貴
4251水澄みて川藻の長き影作る廣田洋
4147あの件は水に流せと梨送る上田おさむ
4356我という他人もありて木下闇咲野