現代俳句コラム

白日傘ゆけどもゆけども爆心地前川弘明
 いまだに地球上では内戦や紛争が絶えず、水爆実験まで行う国がある。二度も原爆を投下され、戦争の悲惨さを味わった我が国でさえ、憲法9条が揺れている。日本を取り巻く世界情勢を見れば、致し方ないと思われる面もあるが、つくづく人類は未熟だと思うのである。
 半世紀ほど昔、世界的数学者の岡潔は、「現在の人類進化の状態では、ここで滅びずに、この線を越えよと注文するのは無理ではないかと思います」と書いている(「新潮」1965年10月)。自然の進化は、何度もやり損なっているうちに、何か能力が得られて、そこを越えるというやり方なので、人類が滅びたら、また二十億年繰り返すのもよいだろうとも。
 掲句を読むと、癒えることのない爆心地の傷痕と、どうしようもない人間の宿命のようなものを感じる。「ゆけどもゆけども」というリフレインが、その感を強くする。せめてもの救いは「白日傘」であろうか。夏の陽射しは、原爆投下の季節に直結するものではあるが、紫外線対策の道具として、おしゃれのアイテムとして日本的情緒を醸し出す。爆心地は、日本にしかないのである。
 作者は、長崎で生まれ、長崎に在住。第65回現代俳句協会賞を受賞。長きにわたり長崎原爆忌平和祈念俳句大会の実行委員長を務めた。その活動も評価され、2010年にルーマニアの国民的詩人の名を冠したミハイ・エミネスク賞を受賞した。
 
出典:句集『月光』(平成24年 拓思社)
 
評者: 福本弘明
平成28年2月11日

インターネット俳句会&ジュニアネット俳句会

風どっと大白鳥を烟らせる    
優子
ターバンのをとこ風切る夜も雪解
椋本望生

インターネット俳句会「一般の部G1」高点句

得点番号俳句俳号
16421百万の鉛筆うごく大試験石田晴
13851万物の角まるくなる雪の朝青石
11660廃線を知らでホームに雪女越前唯人
11649一つ灯にひとつの暮らし冬銀河石田晴
10479平凡と言ふ幸せや初明かり桂典々
1031戦前がマスクを掛けてやってくる勝俊一
10558初雪や児の長靴のひだり右竹庵
10883少年の心ほどきて毛糸巻く中野徹
10388助手席を飛び出て狩の犬となる石田晴
9806嬰児の拳の開く初湯かなしのの
914雪原の起伏生まれる日の出かな宇宙悠々
9653病名を知らぬ父居る寒さかなアルルの女
9240綾取りの橋渡り来る雪女石原岳志
844落人の裔の口伝や手毬唄堀田福朗
838冬の川われより寂しわれの影日々彦
8313初夢や妻には言えぬ人に逢う好田白雲
8189湯たんぽの口あけている昼下がり田居吾十歩
8341ひたすらに生きてぶっかけ寒卵旬風
8536壊れゆく母に購う寒卵万里子
7299大根を抜けば地球の箍ゆるむ石口翼
7627セーターの首出す前の決意かな健央介
7334友の背に己が老い見る年の暮白兎
7845母にだけ遠い山河や蕗の薹齋藤文十郎
7205針穴に糸を通して日脚伸ぶ隠蕎

インターネット俳句会「一般の部G2」高点句

得点番号俳句俳号
8195黙礼を守衛と交はす寒夜かな都賀さくら
8136かしこまる幼き膝にお年玉鉦貞
8550降る雪や村じゅう丸くなってゆく みかん
7270合掌の中に閉じ込む初日の出光雲
7539左義長や髪にのこれる火の匂ひ高橋みどり
6598手袋に我が子を打ちし手を入れぬ汝火原マリ
6114じゃんけんぽんグーしか出さぬちゃんちゃんこ みかん
6139冬の日を他人のように生きている与志魚
6225凧揚の糸は全開富士を越ゆ西東正鬼
670漬物の熟(な)れてほどよき小正月菊地たかね
5694ごまめ喰ひ不意に「人生」などと言ふ灰汁
521太棹の五臓に沁むや寒の月ひぐらし
55子ら帰り黙ってシーツ洗う冬ぐれケイ
523鬼衆の宴の嗤(わら)ひ虎落笛大石親行
5306まつすぐに走る少年日脚伸ぶよいどれ
5397大志より小さくまとめし雪だるま
4824めでたさは黒豆の艶ぶりの照り大辺利一
4391梟にかごめかごめの輪の迫るきらら
4735ニッカボッカ穿く少年のピアス冬富田燈でこ
4823一番星狐遊びに出る支度瀬戸きょうこ
4995それほどのことも無き世や晦日そば
4549おにいちやんわたし吉やで初みくじよいどれ
4159初みくじ高き所へ夢結ぶ  花子
4835三歳は常に小走り冬廊下水谷
4263冬霞木々の寝息の深々とぐれケイ
437静まりて初雀くる町工場糸羽
4285日向ぼこ前世来世の入り混じる原龍臣
4935連絡もなく雪女戸を叩く瀬戸きょうこ
4863手の華奢を握り返すや雪催都賀さくら
4416初春や名のみとなりし富士見坂ひぐらし
4946もの影のみな丸くなる雪月夜 みかん
4570溺れてもいいよと冬の海が言ふかとうのりを
46初日の出背なで拝むか自撮棒下町浮浪雲
4418雪吊りや下弦の月を突き上げて