現代俳句コラム

うつしみの/くらき底ひに/湧く/いづみ武藤雅治
 
 
      うつしみの
      くらき底ひに
      湧く
      いづみ 
 
 
 
 『花蔭論』所収の第一句目の句。全編多行書き。一語一語の言葉の美しさや音が視覚的になって水鏡のような響きを感じた。
 『花蔭論』は2015年6月13日~6月28日間の作者武藤雅治さん自身の躁鬱感覚における創作句集。躁は全能感、鬱は不能感の、繰り返す起伏感情が終熄した6月29日に巻末覚書をしたため、句集発行日は8月15日という超スピードぶり。年に何度もあるというこの躁鬱の周期は武藤雅治さんの場合、創作衝動の高揚があるといい楽しんでおられる。(躁鬱病とは違う自己診断的躁鬱感覚)
 句の表情にどれが躁期か、鬱期か私にはまったくわからないが、作者の高揚感の伝わる、幻想的な非日常の作品群となっている。もちろんこの「覚書」がなくとも美しい句は美しいし、遣り過ぎ御免の句もあるのだが、この勢いというか作者の興奮がちょっとうらやましくもある。
 武藤雅治さんはその半年前!の2014年12月に第一句集『かみうさぎ』を上梓されたばかり。歌人の武藤雅治さんは2007年作句開始、五,七,五の定型の言葉の断片は俳句とも川柳とも狂句とも。触発された須藤徹さん(2013年6月に亡くなられた)に献詞。『かみうさぎ』各章の詞書きに短歌が添えられ、歌人としての顔も見せている。『かみうさぎ』は行替えのない一行句が一頁に五句並ぶ。見開き十句全部ひらがなの頁はひらがな文字のさざなみに酔いそうである。
 
  うたびとのこころやうやくすずめいろ
  いしぶみのうたにとまれるほふしぜみ
   ひとひらのじんたいとしてあめつちに
 
 そしてこの『花蔭論』発行から九ヶ月後、今度は第六歌集『あなまりあ』をたまわる。「朦朧体新定型」「みそふたもじ短歌」という実験的表現に私はなんの違和感もなくはまっていた。
 
  もうなんべんもころしてあげたのだからしどろもどろになくのはおよし
  したいだなんていつてたくせにいきいきといきてる今はひとりとなりて

 
 このバイタリティ、私と同い年というのもすごい。俳人としては、短歌人の武藤さんだからできる実験的俳句表現をもっとみてみたいと思わずにいられない。
 とまれ、句集『花蔭論』にもどろう。巻末の句。

      眼(まな)さきの
      巣に
      ひよどりが
      抱卵す
 
 巻末に抱卵とはこれからの武藤雅治さんの創作世界の豊穣を物語るようである。どんな卵が孵るのか楽しみだ。
 
 
 
 
 
評者: こしのゆみこ
平成28年8月18日

インターネット俳句会

日々好日瓶を出たがるラムネ玉
石口翼
ゼリー呑んで鎖骨の翳を深めたり

インターネット俳句会「一般の部G1」高点句

得点番号俳句俳号
18374落ち蝉の鳴き尽くしたる軽さかな軽石
17851老ゆるとは母に似ること更衣大塚正路
16398黒揚羽ときどき影と入れ替はる耳目
15685敗戦を知らぬ兵なり墓洗ふアルルの女
12342古里は風が字を書く青田かなえだまめ
12865利根川の水ごと目高売られけり青野草太
10165余生にも上り坂あり凌霄花枚方遊陽
10247大利根となるとは知らず滴りぬ遠藤甘梨
9987子等去りて今年かぎりの植田澄む百名温
9825心太突けば大きな海がある石口翼
9274冷奴活断層の上に住み高木智恵
9666帰省子のはにかんで出す初名刺白兎
962先回りしている小さき夏帽子鉦貞
995生きてあれば卒寿の夏や無言館
8788梔子の錆びて本音を語り出す町野敦子
896炎昼に右足だけを出してみる橋野一二三
8566おひねりも野菜も飛んで村芝居白兎
811茄子漬けや噂話は噛み合はず田中秋明
7309大夕焼け鴉ジュラ紀の声こぼす伏兎
7111剣客の如く水切る梅雨の傘旬風
740夏帽子女優のように振り向いて凉木玲
7288充電の順に飛び立つ夕蛍紙飛行機
7546戒名に未だ馴染めず盆の月アルルの女
7221草々と書きて夕立の来る気配小愚
7986坊ちやんと呼ばれつづけて生身魂倉本勉
7375あいまいな返事をのせて団扇風MUU
7861日々好日瓶を出たがるラムネ玉石口翼
7982風鈴や空気を読めと言われても記内カノン
7731衿元のまだきっちりと茗荷の子おりべ
7535ホステスの息子はホスト金魚鉢飛白

インターネット俳句会「一般の部G2」高点句

得点番号俳句俳号
10349炎昼や踵に影の絡みつく九郎
9383あめんぼの雲より雲へ渡りゆく杜子春
922千年の磨崖仏座す木下闇
9650観覧車西日の縁を廻りけり風来子
8476自販機のごろり小さき夏を吐くさるぼぼ
8223朝顔や蕾ほどけて今朝三つ黙人
7116冷奴今日顧みて突き崩す清孝
7572大夕立浴びて何やら役者めく埠頭
7219都市ひとつ裁かるるごと夕焼ける埠頭
7373夏草が先に手を打つ分譲地上田おさむ
6363おにぎりは大きく握る五月晴れ 原龍臣
6345きのふより軽い裏木戸梅雨去りぬ大石親行
513笹百合を探し深山に歩の速む岩間田中礼子
5745倦怠と金魚二匹を飼うてをりてびき
5850炎天の裏側へ地下鉄に乗る藤田六伍
5130耳打し二手に分かる蟻の列 遥夢
539白玉のまだ温かき氷水京都冬竹
565アルバムの父の若さや百日紅西本薫
5325馬刺うまか球磨焼酎の冷もよか北鹿野
4955草笛を 吹くためにのみ まわり道蕗道
4898水打ちて女二人の立話東海まむし
4126草刈れば地震の傷跡なほ深し風来子
445月見草指先触れたかもしれず小石日和
4200曜変の宙の深さや星涼し遥夢
4529来し方も行く末も謎蝸牛合田豊悦
4638夏空や抜歯のごとく消えしビル霞山旅
417文月や少し元気と書いてあり友華
476幽霊やそれでも会ひたき人のをり上野桜子
4234立膝の女爪切る夏座敷山寺屋
4376パナマ帽忘れて去りぬ見舞客山本浪子
4959ひと夏をかけて翔び発つ白鳥座さるぼぼ
4366見舞ひても声掛けられず蝉時雨岩永靖舎
4352「あげない」と手で囲う子のさくらんぼイレーネ