現代俳句コラム

梟となり天の川渡りけり加藤楸邨
 先行する句に昭和五十九年作の〈天の川わたるお多福豆一列〉がある。秋の夜空に白じろとかかる天の川を、お多福豆がぽつぽつ並んでわたってゆくという、幻想的でユーモラスな句である。ある時の心象風景であろう。お多福豆は亡くなって星になった懐かしい人たちかもしれない。やがて自分も・・・。漠とした明るい生死観を私はこの句から感じる。
 楸邨は生涯に数多く「天の川」を詠んでいる。戦時下の中国大陸で仰いだ鮮烈な印象が心を去らなかったからだろうか。が、このような不思議な句はこれまで詠んでいない。新しく、自在で豊か、明るくひろやかな世界が拓かれており、魅せられる。
 さて、掲句はそれから九年を経た平成五年の作である。空想のお多福豆が楽しそうに渡っていった「天の川」を、この句では楸邨自身が「梟」になって渡っている。楸邨は梟が好きだったようだ。「梟」と化してひとりとぼとぼ天の川を渡ってゆく心情には寂しさが滲むが、時間も空間も超えた独創的発想と広大なる宇宙観には目を瞠るものがある。空想のお多福豆から、「梟」になりきって自在に時空を往き来しているところ、更なる進境と言えないだろうか。八十八歳で亡くなった、その年の作である。同じ最後の年に、
  落椿そこにわが句を追ひつめぬ
とも詠んでおり、最後までみずみずしさを失わなかった感性と強靭な精神に打たれる。
楸邨は未知の世界に向かって絶えず前進し、挑戦し続けた作家であった。楸邨の俳句は、楸邨という人間と一つのものであり、多くの人を惹きつけるのは、その生き方に励まされるからであろう。
 
出典:句集『望岳』
評者: 江中真弓
平成26年11月21日

インターネット俳句会&ジュニアネット俳句会

母植ゑし母の墓標の紫苑かな  
高須翔光
針箱にしまえるほどの愁思かな 
笠間章魚

インターネット俳句会「一般の部G1」高点句

得点番号俳句俳号
131118秋晴やすべてが叶ふやうな空熊谷古錐
9238唐辛子隠し通せぬ色となり三丁目
8324捨案山子人を演ずることに倦み田中つとむ
8794少年に木の実の叩く窓がある重松築山
73嫁ぐ子のアルバム繰りて夜長し二乃字
710骨抜きにされて案山子の運ばるるしのの
7281その先は成り行きまかせ木の実落つ藤野家ひろ
740一村が休漁といふ運動会枚方遊陽
71215小鳥来て陶土ゆっくり壺となる菊鞠潤一
6273新聞の中に闇あり文化の日しのの
6165葡萄食ぶ一粒毎に会話して遠山悟史
6619前掛けに秋茄子もらふ里日和吹留宏風
61049結局は捨つる団栗拾ひけり昭生
6348秋刀魚焼くだけの七輪買ひにけり大塚正路
6388三振に泣く子と帰る鰯雲二乃字
5258酒蔵の鍵のひとつは赤蜻蛉伏兎
5214金槌に叩かれている菊人形木野俊子
5766秋草の名を問ひしより道ずれに和夫
5955新豆腐水の中でも畏まる栖村舞
5848母の背が記憶の初め赤とんぼ昌司
5232父がゐてなぞなぞを出す十三夜山本春川
5464また一つ雲の影ゆく大花野菊鞠潤一
5826ばんざいで眠る赤子や竹の春大塚正路
5647屈むとは影たたむこと草紅葉石口翼
5841木の実降る玩具の椅子に絆創膏伏兎
5609長き夜や湯呑の傍の虫眼鏡三丁目
51232団栗を拾つて心丸くなる中村光男
545とりどりの秋をそろへて商へり水戸吐玉

インターネット俳句会「一般の部G2」高点句

得点番号俳句俳号
1579風景を丸く収めて芋の露  中村さくら
10363針箱にしまえるほどの愁思かな笠間章魚
10239星月夜散りばめられし化学式耕泉
9317母の背が座椅子離るる大相撲石川間ダム
9466椎茸を干して昼間を使い切る有本へうたん
9133栗を剥く二人の会話一つ増え石井勲
8481くるくると日を巻き込みて秋簾杏子
8889パレットに少し白足す秋の虹澤木淳枝
8166虫の音や少し温めに仕舞風呂こうのはるお
71帰ろかなかなかなしぐれ背に纏ひ飛鳥みどり
7888長々と秋刀魚の骨の一文字けんG
6346この身まで透けて青きや十三夜草人 
6696老眼の解く仕付け糸七五三啓之
6485ひとつずつ私を外す長き夜小野ゆみこ
5113鐘の音や空半分の鰯雲友好東庵
5774夕暮れを刃に乗せて林檎剥く澤木淳枝
5506コスモスは飛び立ちたくてたまらないひよどり庵松明
5730芋掘りや子の無き妻と奪い合いまりを
5310雨上がり秋の遍路の杖の跡小池好枝
5716天高し本日余命告げらるる豊舟
56秋風や戦の止まぬ星に住む啓之
5111ちちろ鳴く峡に無人の露天風呂奥野七八男