現代俳句コラム

砂熱し沈黙世界影あるき加藤楸邨
 奥の細道を旅した芭蕉が旅の人であることは言うまでもないが、楸邨もまた旅に固執した。芭蕉研究に生涯を捧げた楸邨である故当然と言えば当然のことである。芭蕉の奥の細道に相当するのが楸邨のシルクロードである。
 現代とは異なり、芭蕉の時代の旅は常に死と直結するものであった。旅は家族、友人との永遠の別れを覚悟してなされるものであった。水盃は当然の儀式であった。これに対して、現代人の旅は楽しみ、心の安らぎの為に行われる。死を意識することはほとんどないと言ってよい。その旅の重さにおいて、両者の違いは歴然としている。
 楸邨が日本国内でなく、海外特にシルクロードにその旅を求めたのは、芭蕉が感じた命への切迫した思いを体験したいと思ったからではないであろうか。肉体を傷めることによって、深くその精神に近づくことが出来ると考えた。芭蕉俳句の精神性をそれによって体得したいと考えた。芭蕉俳句の一句一句の重さを真に理解したかったと言える。芭蕉の時代の旅は人生における一大行事であり、現代の旅は人生の一休止符である。
 それでは芭蕉、楸邨が求めた旅の本質は一体何であったか。芭蕉の旅の性格は自分のひとりごころから出た已むに已まれぬものと言う。楸邨の旅はこの芭蕉のひとりごころに呼応しようとする旅であった。
 楸邨がシルクロードの砂漠の中で見たものは、どこまでも続く熱砂であった。そこは果てしない沈黙世界であり死の世界であった。歴史を遡れば、幾多の民族の興亡があり、様々な民族の血が流された土地である。今も戦いはあるが、砂漠は深く沈黙している。楸邨一行の影はその砂漠に黒々とある。その影はまるで死の象徴のようである。死の影を引きずりながらひたすら歩く。日本では実感できない死を実感した貴重な時間と空間の中にある。「夏草や兵どもが夢の跡」を楸邨は思い出している。
 
出典:『死の塔』
評者: 中村正幸
平成27年7月1日

インターネット俳句会&ジュニアネット俳句会

白日傘軍艦島へ渡りけり  
渡邉春生
資本主義の間に残る植田かな
ひよどり庵松明

インターネット俳句会「一般の部G1」高点句

得点番号俳句俳号
18936すててこの父に小さな立志伝かささ和
14820飛び石は和服の歩幅水を打つ旬風
1458更衣余生いよいよ軽くなり石田晴
14126手花火に小さき膝の輪を作りマッチ
13264花ことば持たざる憂ひ水中花石原岳志
13343補助輪を外し夏野の風となる吹留宏風
11723再婚の話さらりと水羊羹暁兵
10189今にして分かるひと言冷奴泰山木
1015長居して蚊遣の匂ひ持ち帰り旬風
9901六歳の子が俺と云う子供の日岡本ニャオカ
9124沈黙がちよつと切ないソーダ水田居吾十歩
9884石畳素足の裏に夏がいる茜薫
8380蝸牛ただいま宇宙と交信中中村光男
8715介護する今が仕合せ合歓の花鈴木弘子
8353カーテンが風の形をなぞる初夏中内火星
8579分度器の如く父切る大西瓜内藤二乃字
871遺言は一方通行心太暁兵
8480倖せも孤独も載せて回る鮨達哉
8535この人となら歩けそう夏あざみ健央介
778全身を口にして待つ燕の子のぶ子
7297盛り塩の高き老舗や夕薄暑昭生
7194高層の夜景をよぎる熱帯魚清治
7960平和なら清貧もよし原爆忌友好東庵
7241短夜や我が耳鳴りの軍(いくさ)歌今道行
7403新しきハンカチ夜の水族館るいえ
7670サングラス外し話題の中に入る石田晴
7520抱きし子の乳の匂ひや合歓の花薩摩隼人

インターネット俳句会「一般の部G2」高点句

得点番号俳句俳号
11335くるくると噂広げている日傘ヤマ怜
1043ここからが話の佳境冷や奴えみこ
8106きれいねと言葉途切れたまま蛍佐助川佐助
7862女みな多面体なり花あやめ高木智恵
5212平凡な一日でした 冷や奴幸江
5254 黒日傘尼僧の足袋の白さかな石井英
5278ベレー帽少し斜めに更衣大隈隼人
5809紫陽花や金平糖を買うてみる清庵公
4827さみだるる歩幅の狭き母とゐて灰汁
4158ふらここや 一瞬宇宙のなかに居る四万十
4120紫陽花や玄関道を狭くしてますみ
492ブランコを押し出す先は五月晴れ臥牛
4823遠い日の海が映るやラムネ瓶いちろう
4579患いを包みきれない単衣かないちろう
422梅雨入りの湯に身しずめて葉音かなこんぽんしろあん
433飽きるほど穂高と対峙五月晴れ吉住一憲
4584噺家の肩をするりと夏羽織昭子
478紫陽花やたぶん地球も同じ色  花子
4156爪切りに子の残り爪夕薄暑酒井とも
3801雨だれのソラシ和音や走り梅雨光雲
3538夏草の匂い引き連れ猫帰宅空龍
323苦瓜の日除け待たるる夏の入り尾崎雅哉
3560河鹿笛鼻緒くひ込む宿の下駄瀬戸きょうこ
365どくだみの白を辿りて家路かな青木イリジウム
352立ち話お互いの蚊を打ち合いつ記内カノン
3576狛犬の眼は低くあり走り梅雨直井あまね
3888願い事浮きつ沈みつ天の川呑鬼
3787聞き上手とは言へゼリー崩れさうヤチ代
3788公園の蛇口に虹を生み出す子佐助川佐助
3528幾つでも人は人の子柏餅陽炎
312今はもう代掻く牛のなかりけり慣雀
3140短夜や授乳時間の定まらず山崎敏江
3149夏座敷フランス土産の嫁の膝佐野冬生
3169六月の柩は軽し雨の朝橋野一二三
3703目高の子いのちの鼓動確かなり國武光雄
338シャッターを行く影一つ夏の月紆夜曲雪
367薫風や古き時計の動き出す奥州山人
3271ヤマトンチュ知るや沖縄慰霊の日糸欧州語
3183介護士と老いの笑や山滴る田村ゆうじ
3376梅雨晴れ間いつもの道を遠回り
3251ただ一人黙々として田植えかな慣雀
3223枇杷冷やす今日はあの人くる日なのヤチ代
3693この風は何処までいったらやむだろか杉山渓子
362定年を 迎え田舎の初夏を知る四万十
3526捨てきれぬ古レコードやパリー祭記内カノン
3396甘夏の爪の形に出る香り沢田博昭
386役終へたままのアンテナ夏の雲千波
3489五月雨やときに乱るる子の寝息佐藤佳菜子