カルチャー教室

研修通信俳句会

平成28年度(第23期)
 全国の熱心な会員の作品交流の場として好評の「研修通信俳句会」は9月から第23期が始まりました。

◎俳句会 通信(郵便)で隔月、年6回

  ・投句 毎回5句

  ・選句 毎回10句相互選

  ・講師 松田ひろむ

        原 雅子

  ・会報 毎回 講師選評と互選結果掲載

◎会員 協会員 定員100名程度(三組に編成)

◎期間 平成28年9月から一年間

◎会費 一期7,200円

◎行事 講師・会員が一堂に会する「特別研修会」一回、句会抄を「現代俳句」誌に随時掲載予定。

※添削指導はありません。互選による通信形式の句会となります。

 

スタッフ

宮崎斗士 長谷川はるか 茂木和子 小髙沙羅 栗原かつ代

鈴木砂紅 久下晴美 利光知惠子 植田いく子 芹沢愛子 磯部薫子

第23期・第3回選者特選句 
 
松田ひろむ 講師 特選句
Aグループ
母の手を離してしまう葱畑                河西 志帆
枯葎ローマに通じる道のあり               中村かつら
ゆずりはを栞憲法第九条                 吉岡 一三
 
Bグループ
寒満月蕪に甘酢の染みるころ                川村智香子
六十九歳水仙のころはよかった              木野 俊子
除夜の鐘生国で待つ忘れもの               山口 富雄
 
Cグループ
祝箸甚六は豆取りこぼし                 久根美和子
セーターは白ふあふあのオムライス          椎野 恵子
福笑そこから福の始まりぬ                西本 明未
 
原  雅子 講師 特選句
Aグループ
縫初は赤い絹糸千鳥ぐけ                  沼尻世江子
楪や忘れられたる屋敷神                  勝又千惠子
荒縄で引きづられゆく鱈の口               森下 睦子
 
Bグループ
ぼたん雪相合傘の園児らへ                角田 晴俊
いよいよが来そうな日数初暦               秋山 貞彦
障子貼るあの世を少し遠ざけて              畑  佳与
 
Cグループ
言わなくていいこと一つ蕗の薹             服部 近江
風花や回覧板のペンに紐                 梅井 玲子
一湾に一枚の黙初日さす                 大沼惠美子