カルチャー教室

研修通信俳句会

平成28年度(第23期)
 全国の熱心な会員の作品交流の場として好評の「研修通信俳句会」は9月から第23期が始まりました。

◎俳句会 通信(郵便)で隔月、年6回

  ・投句 毎回5句

  ・選句 毎回10句相互選

  ・講師 松田ひろむ

        原 雅子

  ・会報 毎回 講師選評と互選結果掲載

◎会員 協会員 定員100名程度(三組に編成)

◎期間 平成28年9月から一年間

◎会費 一期7,200円

◎行事 講師・会員が一堂に会する「特別研修会」一回、句会抄を「現代俳句」誌に随時掲載予定。

※添削指導はありません。互選による通信形式の句会となります。

 

スタッフ

宮崎斗士 長谷川はるか 茂木和子 小髙沙羅 栗原かつ代

鈴木砂紅 久下晴美 利光知惠子 植田いく子 芹沢愛子 磯部薫子

第23期・第2回選者特選句 

 

松田ひろむ 講師特選句

Aグループ

沖箱にこもる海鳴り雁わたる               長濵 聰子        

海鼠桶覗きてをれば灯りけり               越前 春生

階段の途中は冬になつてゐる               山本 則男       

 

Bグループ

いわし雲人間臭く山に住む                河合 秀美

豆叩その場しのぎの女です                翠  雲母

三浦には大根がある誕生日                ダイゴ 鉄哉

 

Cグループ

秩父夜祭阿吽の鼻が欠けている             あざみ 精

酔うた手で囲うてみたり冬銀河             尾家 國昭

湯婆の火傷痕ある昭和かな               飛鳥 遊子

 

原  雅子 講師特選句

Aグループ

寒釣の一面識もなく親し                 越前 春生

又三郎風を遊ばす冬はじめ                岩尾 可見       

寒鴉つまづく人を待つてをり                山本 則男

 

Bグループ

チンパンジーの咀しやく延延秋の雲        稲葉 晶子

秋うらら何買ふとなく店のぞく             畑  佳与

露けしや古墳を標す石置かれ               中山 洋子

 

Cグループ

水平線一直線の寒さかな                 岩成 天風

墨染の冬の結界永平寺                  小野  功

寒風や蹴爪鋭き彩の鶏                  衛藤 能子