カルチャー教室

研修通信俳句会

平成29年度(第24期)
全国の熱心な会員の作品交流の場として好評の「研修通信俳句会」は、2017年9月から第24期となりました。
◎俳句会 通信(郵便)で隔月、年6回
第四回締め切りは4月14日です。
・投句 毎回5句
・選句 毎回10句相互選
・講師 岩淵 喜代子   川辺 幸一
・会報 毎回 講師選評と互選結果掲載
◎会員 協会員 定員100名程度(三組に編成)
◎期間 平成29年9月から一年間
◎会費 一期7,200円
◎行事 講師・会員が一堂に会する「特別研修会」一回、句会抄を「現代俳句」誌に随時掲載予定。※添削指導はありません。互選による通信形式の句会となります。

スタッフ:宮崎斗士、長谷川はるか、茂木和子、小髙沙羅、栗原かつ代、鈴木砂紅、久下晴美、利光知惠子、植田いく子、芹沢愛子、磯部薫子
 
 
研修通信俳句会  「第二十四期・第三回」
 
Aグループ高点句
これからも同じ生き方障子貼る   越前春生
梅林を抜け色鉛筆が欲しくなる   吉田典子
坂道は打楽器に似る空っ風     木野俊子
先ず一輪梅を咲かせる空がある   岡嶋澄子
Bグループ高点句
まだ生きる勇気を映す初鏡     翠 雲母
降る雪やメトロノームは止まらない 鴫原さき子
百歳へ指折る途中初句会      船矢深雪
Cグループ高点句
退屈なところで曲がる蜷の道    山本則男
面を彫る木屑の中にいてぬくし   梅井玲子
煮凝の海を見てゐる目玉かな    中村 穂
 
岩淵 喜代子 講師特選句
Aグループ
草原の枯るる音して砂時計  越前春生                
 草原に砂時計を配しただけの、少しシュールにも思える絵画が浮かび上がる。それを繋いでいるのが音である。作者は砂時計に音があるとは提示していないが、〈草原の枯るる音して〉の取り合わせによって、砂時計の砂の落ちる音が聞こえてくるのである。
喉見せて大き鳥追う冬青空  秋永悦子
 喉を見せているのは作者か、あるいは傍らの誰かなのだろう。何の鳥か少し大きくて目立つ鳥が空をゆく。その鳥は、作者の希求の象徴のようにも思える。
先ず一輪梅を咲かせる空がある  岡嶋澄子
 映像として存在するのは、青空の中に伸びた梅の一枝。そこに一輪の咲き初めた梅を見つけたのである。それをどういう表現で伝えるかが、技というものだろう。ここでは、空に意思を持たせて〈咲かせる空〉とした。
 
Bグループ
同じ言繰り返す母冬薔薇  東 國人
 少し老いた母が何度も同じ言葉を繰り返す。作者はさっきも言ったなと思いながら聞いているのだろう。冬の薔薇が作者の中の母の象徴にもなっていて美しい。
くちびるに余寒集める妻とゐる  西本明未
 〈くちびるに余寒集める〉とは寒がっている表情を視覚的に捉えたのか。或いは、寒がっている感情を言葉にしたのか。あるいは両方かもしれない。妻を眺める愛おしさがここには現れているのである。
紅梅も白梅もなしアイヌ小屋  船矢深雪
 一句を読み下ろすとき不思議な気分にさせられる。この句ではアイヌ小屋には紅梅や白梅があるのが当たり前のようにも思えるのだ。しかし、この〈紅梅も白梅もなし〉の措辞によって、読み手に小屋の輪郭を想像させるものがある。
 
Cグループ
面を彫る木屑の中にいてぬくし  梅井玲子
 面彫自身の句と解したい。面を彫るたびに出る木屑に面彫が埋まっていくような場面が想像できる。木屑の匂いも湧き上がってきそうな清潔な空気が漂っている。
野に一本伸び放題の梅の花  稲葉晶子
 季語に野梅(やばい)という項目がある。掲出句はまさに野梅を写し取ったものである。見捨てられたような一本の野の梅も春になれば花が咲いて人の目を惹く。作者が梅の木の前で再会を楽しんでいるような、あるいは語り掛けているような光景が浮かんでくる。
朽ちる生家夜ごと天狼戻りいる  吉岡一三
 誰も住まなくなった生家であるが、心のどこかにいつも気になる存在となっているのであろう。夜になれば満天の星が空を覆う。ことに、大きな天狼星が訪れてくるだろうと想像していくうちに、物語めいてくるのである。
 
川辺 幸一 講師特選句
Aグループ
初日の出海からことば飛び出せり  森田高司
 東雲の空を眺めての淑気と決意が伝わってくる。空と海を染めながら水平線に昇る初日の出を見つめて「ことば飛び出せり」と感得した感性が素晴らしい。
にわか巫女茶髪もいたり初詣  武田稲子       
 今どきの風景を活写している。巫女さんはほとんどがアルバイトだという。むろん神に仕えるなどという意識はない。茶髪や金髪に驚くこともないのだが、それでも違和感がつきまとう。
餅がふくらむ晩年の時間割  吉田典子
 定年か還暦での感慨であろうか。ふくらんでいく焼き餅をみつめながらこれから始まる余生への計画と願望を思い描くのであろう。それを「時間割」とした措辞がいい。
 
Bグループ
かるがると軽トラの来る探梅行  勝又千惠子
 観光梅園などでなく実を収穫する梅林を思う。不案内の道を行くと作業に向かう軽トラと出会ったのである。「かるがる」に弾んだ気持ちと晴れやかな日和を感じる。
突き抜ける光とならむ竜の玉  宮澤雅子
 葉叢に隠れる瑠璃色の竜の玉を発見した喜びを上手く伝えている。単に宝石のようだというのでなく「光とならむ」と発想を飛ばしているところにひかれた。
塀越しの枝の白梅裁判所  飛田伸夫
 塀の外に伸びた白梅の枝に目を留めたのがよい。大樹であることが窺われ、武家屋敷などではなく、塀の内は白黒を論じる厳かな雰囲気のある裁判所である凛とした白梅には裁判所がよく似合う。
 
Cグループ
煮凝の海を見ている目玉かな  中村 穂
 見たてがおもしろい。兜煮の煮凝であろう。目玉に焦点を合わせて、比喩と擬人化を合わせた表現に工夫が感じられる。
農捨てしおとこへどんど撥ね続く  山口富雄
 農は捨てても農民の心は失っていない男なのだろう。今も村の行事には必ず参加する。「撥ね続く」炎に無念を感じる。農業政策への批判をも感じる。
牛小屋の窓に張りつく六ツの花  髙原信子
 雪の傍題に「六花」がある。窓に張りついたのは雪の結晶であろう。雪に埋もれた厳しい冬を過ごす酪農家でありながら、美しさを見逃さない詩心がある。牛の匂いも声も伝わってくる。「六ツの花」が効果的である。
 
(長谷川はるか報)