カルチャー教室

木曜教室

講師 松井国央(山河俳句会代表顧問)
 
場所 現代俳句協会事務所
 
開催予定
 毎月第2木曜日 PM1:00~4:00(12:30までに投句) 
 当協会員以外の方も参加できます。
 参加ご希望のかたは、協会までお問合せ下さい。
 次回は11月8日です。
 
11月8日の木曜教室作品

落暉海へ立冬の浮力感      若林つる子

 

てのひらに何を載せよう日の短  久下晴美

 

尼寺の縁側乾く冬牡丹      西村弘子

 

立冬や何本もある命綱      菱沼多美子

 

片っぽだけ残った手袋の自由   利光知惠子

 

鮟鱇の叫びよろしくあッ魔界   磯部薫子

 

かたぐるまコスモス畑の向うまで 穴原達治

 

芋を掘る二男の呼び名は芋次郎  金子未完

 

会者定離晩秋の山はからっと   早坂澄子

 

冬の雨洗濯ばさみだけ残し    土屋秀夫

 

しみじみと秋しみじみと日本人  小髙沙羅

 

手の中に今日は今日の柿の色   田中暢子

 

芒原見えぬもの見えてバッタの目 福島芳子

 

銀杏七つ八咫烏に奉る      鈴木砂紅

 

ぽっかり雲少し甘めの冬に入る  平佐和子

 

夜の厨民話仕立にある南瓜    松井国央