カルチャー教室

火曜教室

講師

対馬康子

場所

現代俳句協会事務所

開催予定

毎月第3火曜日PM1:00~4:00(2016年11月以降第3火曜になりました)

当協会員以外の方も参加できます。

参加ご希望のかたは、協会までお問合せ下さい。

5月の火曜教室は、研修部合同吟行会のため休みです。

平成29年4月句会報    

囀や畳の上の登山靴          福原 暁

行く春や両手で掬う海の青       森胴昭夫

ピータンの辛子のつんと養花天     山尾かづひろ

蛇穴を出づ素面は魅せぬ女の性     赤崎ゆういち

守るほどの祖国はありや桜花      荒井良明

フクシマや忘れな草は水の色      有坂花野

守るべき弱者のこえに鶯の       五十嵐秀山 

花曇胸に夜あるレントゲン       江原 文

遅き日の柩の母にカラオケ本      金子未完

疑心暗鬼して朧夜の船に乗る      越川ミトミ

曼荼羅の中へ分け入る花見かな     斉藤しじみ

ずれ止まぬ大地の位相花の冷      栖村 舞

清明の夜を研ぎをり肥後守       関根瑶華

宙のはて四角形のしゃぼん玉      武内杉菜

桜蘂降る異次元という扉        田中朋子  

花ひとひらそっと散り込む乳母車    垂井道夫

花吹雪はかなきものを手繰り寄せ    徳山優子

リュウグウノツカイ浮いてくる春の月  なつはづき

守銭奴の面して蟇の動かざる      中村光男

幾千の魂のひしめく白子干し      成田淑美

あかときの星終焉の桜かな       対馬康子