カルチャー教室

火曜教室

講師

対馬康子

場所

現代俳句協会事務所

開催予定

毎月第3火曜日PM1:00~4:00(2016年11月以降第3火曜になりました)

当協会員以外の方も参加できます。

参加ご希望のかたは、協会までお問合せ下さい。

 

火曜教室 三十年六月句会報 (五月は合同句会があり、休み)
行間を青田で埋める地方版        金子 未完

盗まれし横顔鉄砲百合揺れる       幸村 睦子

千の鵜の一鵜は生と死の狭間       越川ミトミ

句集編む火曜教室麦の秋         鋤柄 杉太

モノクロの虹終らない間奏曲       栖村  舞

薫風や瞬間鋼のカーレース        関根 信三

傍らに夫の黙ありレース編み       関根 瑶華

人生はいつも編入青嵐          武内 杉菜

編曲の途中が乾く栗の花         田中 朋子

夏山のにおう編上靴を乾す        垂井 道夫

紫陽花の隙間すき間の無防備       徳山 優子

どどどっと間欠泉や雲の峰        中村 光男

編集会議ふとくちなわの肌触り      なつはづき

人間の擬態のかたちサングラス      成田 淑美

夜明けから雨の降り出す桜桃忌      福原  暁

梅雨寒のコーヒー沸かす間のチラシ    森胴 昭夫

間のありて台詞深まる夏芝居       赤崎ゆういち

レース編みおしゃべりしをる男の子    荒井 良明

夏雲のまに間に蒼白な小鳥墜つ      有坂 花野

しっかりなどしたくない俺氷菓子       五十嵐秀山

夏の宵掌編二つ駅三つ          石川 夏山

寝返りをうつ万緑のふところに      江原  文

焼失のひまわり群青の夜であり      対馬 康子