カルチャー教室

土曜教室

講師
前田 弘(現代俳句協会幹事長)
 
場所
現代俳句協会事務所
 
開催予定
毎月第2土曜日(PM1:00~4:00)。
当協会員以外の方も参加できます。
参加ご希望のかたは、協会までお問合せ下さい。
次回は2月9日です。
 
土曜教室1月句会報

正直になるとあたたまる身体       桐山 芽ぐ

凧揚げて引いて引かれて私も空      森須  蘭

寒卵なのに茹玉子となりぬ        田口  武

着膨れてなかなか出て来ない自分     飛永百合子

初夢は枕を素通りしていった       門野ミキ子

年明けてぼくはロックンロールです    金子  嵩

なずな粥人に戻るによき熱さ       吉田 典子

繋がれぬ手が垂れてをり初御空      吉田香津代

凍蝶のかたち眠りの底にあり       杉本青三郎

七草やわたしの妻も左利き        川崎 果連

熱の子に寝息の戻る初明り        町野 敦子

使う箸遣わぬ箸も去年今年        北迫 正男

背のびして冬三日月に近づけり      木野 文子

初雪や文房具屋でひと呼吸        前田 光枝

去年今年貫く棒に節目つけ        廣田 洋一

狼の声の途絶える秩父郷         福原  暁

初詣鴉に三回鳴かれけり         松元 峯子

秘めることあるらし机上の冬りんご    田付 賢一

あやとりを繋ぐ時代の淵に我       西本 明未

寒晴に乾いていたき蝉の穴        小湊こぎく

女正月いそいそと妻孫娘         劔物 劔二

雪を漕ぎ一本道を見失う         前田  弘