カルチャー教室

土曜教室

講師

前田 弘

場所

現代俳句協会事務所

開催予定

毎月第2土曜日(PM1:00~4:00)。

当協会員以外の方も参加できます。

参加ご希望のかたは、協会までお問合せ下さい。

最近の高点句
平成29年4月8日
お母さん!」「何?」「呼んでみただけ。」豆の花 桐山 芽ぐ
水温む愉快な胃とその仲間たち 杉本 青三郎
回想の結び目となる白詰草 西本 明未
桜から人の匂いを消す夜空 吉田 典子
乙姫に仕えたという桜鯛 門野 ミキ子
教科書のようにさくらの小学校 飛永 百合子
さぼって何が悪い桜満開 松原 小蕾
ついに来た囀の声変り 小湊 こぎく
浅蜊汁殻のデザイン味わえり 高田 毅
ふと洩らすぼくの吐息に散る桜 金子 嵩
空爆の空の片隅花の雨 町野 敦子
目つむりて鼻だけになる春の森 木野 文子
往き帰り舗道をかえてさくらさくら 廣瀬 孝子
万愚節変な大人にだけなるな 金子 未完
桜鯛群れ水にさからふ色なせり 吉田 香津代
「が」の音は鼻濁音です春霞 松元 峯子
放蕩息子デザインすれば桜鯛 黒田 恒雄
鼻っぱし強き少年卒業す 田付 賢一
桜鯛夫の話しは長がすぎる 椎野 恵子
口程にもの言う鼻や四月馬鹿 前田 光枝
苗植えて命引き継ぐ桜かな 湯本 直也
包丁を研ぐ音高し桜鯛 廣田 洋一
エアメール花の咲くころ帰るとか 角田 晴俊
鳥帰る和紙一枚に舟の音 前田 弘