カルチャー教室

土曜教室

講師
前田 弘(現代俳句協会幹事長)
 
場所
現代俳句協会事務所
 
開催予定
毎月第2土曜日(PM1:00~4:00)。
当協会員以外の方も参加できます。
参加ご希望のかたは、協会までお問合せ下さい。
次回は12月8日です。
 
土曜教室十一月句会報
 
車輪梅の実ですこれから気楽です     森須  蘭

返り花咲く順番のあるらしき       上野 英一

鳰見られていたのでまた潜る       門野ミキ子

冬鳥の杭の一つを番地とす        杉本青三郎

散紅葉鳥語が判らなくもない       田口  武

渡り来て干潟只今三百羽         桐山 芽ぐ

パスポート持たずに降りる渡り鳥     福原  暁

水鳥の白さよ青き影をもて        木野 文子

父と娘を十分つなぐ落葉かな       前田 光枝

浮寝鳥めがねぼやけてしまいけり     吉田香津代

ひょんの笛吹いていいのか拭いてみる   小湊こぎく

寒晴や耳遠くなる大干潟         吉田 典子

枯枝にノスリ人間臭き貌をして      松元 峯子

冬の蝶カメラの中に定まらず       川崎 果連

鴫来たる前頭葉に足の跡         町野 敦子

風に乗る鳥は真っ白冬はじめ       飛永百合子

水鳥の草場に立ちてやることなし     松原 小蕾

水蹴って空を啄む鴨十羽         金子  嵩

うじゃうじゃとガタ潟ウオーク冬の蟹   劔物 劔二

大鷹や威儀を正して餌を探す       廣田 洋一

水鳥の秩序二羽浮き二羽沈む       前田  弘