現代俳句コラム

現代俳句コラム

鎌倉を驚かしたる餘寒あり高濱虚子
 「定本虚子全集」の第五巻(昭和23年、創元社発行)の「自句自解」には、〈俳句外國語譯註釋原文〉〈俳句朗讀原文〉〈音楽を背景としての俳句朗讀原文〉の三本があり、虚子の仕事の巾を伝える。中でも〈俳句外國語譯註釋原文〉は、訳の為の
  鎌倉を……鎌倉といふ場所を、
  驚かしたる……驚かした。
  餘寒あり……春の寒さがあった。
と三行、次に自解の三行。それらの短い、ぶっきらぼうな語調が、虚子の声を直に聞くようでめっぽう面白くも、「俳句」の「短さ」「手強さ」を改めて思わせてくれる。
 
評者: 寺井谷子
平成19年2月5日