現代俳句コラム

現代俳句コラム

春ひとり槍投げて槍に歩み寄る能村登四郎
 一読、槍投げのポーズをした古代ギリシャの彫像が思い浮かぶ。槍が手を離れる瞬間、すっくと爪先立ちになって、一瞬動きが止まる。そして投げられた槍は、遥か彼方で鋭い角度から地面に突き刺さる。彼はそれを見定めてから、ゆっくりと槍に近づいて行く。
 作者は、そういう一連の動きを、寸分の情も加えず、単にダイナミックな動作として描いた。そこにあるのは、青年の孤独だが優美な姿である。
 「春ひとり」という季語の持つ寡黙で清潔な感じが、この句を一層引き緊った一
句にしている。
 
評者: 山崎 聰
平成17年5月5日