現代俳句コラム

現代俳句コラム

ラガー等のそのかちうたのみじかけれ横山白虹
 ラグビーは日本では冬のスポーツであったが、最近は冬以外の季節でも試合が行われているようだ。
 野球の甲子園に対して、ラグビーは東大阪の花園グラウンドが本場。生駒おろしの寒風の中で選手らは駈け廻る。ゲームが終了して、勝ったチームの選手らは輪になり何やら口をそろえて短く叫び、いっせいに腕を挙げて祝福。「ラグビー」はもともとはイギリスの学校の名前。ラグビーの選手は、ラガーマンというのが正しいらしい。白虹は若いころはスポーツマンで、陸上短距離の選手であった。昭和四十八年から昭和五十八年の没年まで現代俳句協会の会長を務めた。
 
評者: 和田悟朗
平成16年12月2日