現代俳句コラム

現代俳句コラム

春風や闘志抱きて丘に佇つ   高浜虚子
 大正二年の作と言われている。西暦で言えば一九一三年であり、今からちょうど百年前の作品となる。
 いい句には時代を超えた説得力があるのだろう。この句に接すると元気が出てくる。激励の要素が少なからずあるのだ。しかもユーモアの効いた激励と言えようか。
 「春風」だから面白いのである。これが北風などでは「ああそうですか。頑張ってくださいね」で終わってしまう。読者の共感を呼ばないはずだ。やわらかく穏やかな春風に誘われて「じゃあ自分のやりたいことをやってみようか」が自然の流れ。木枯しのなかではそんな意思表明はしない。
 佇つ場所も「丘」ぐらいがちょうどいい。山、峰などではこれまた引いてしまう。
 このようにこの句は「人間の弱さを踏まえた激励」と私は解釈したい。「何事も無理はよくないよ。等身大でやりなさい」と励ましてくれているようで嬉しい。
 この句に接するたびに思い出されるのはチャップリンの映画である。
 たとえば『キッド』は一九二一年の作品である。このなかで、浮浪者役のチャップリンが捨て子(キッド)を育てる話が描かれている。生きていくために二人は悪さをいろいろするが決して警官の前ではしない。つまり陰日向のある人物像が設定されているのだ。陰日向がないのは理想であるがそんなに強く生きられないのが人間とでもいうように。
 ちなみに、チャップリンがイギリスからアメリカへ移住して本格的に映画づくりを始めたのも百年前である。 
 虚子とチャップリンのユーモアに共通性があると感じるのは私だけだろうか。虚子はチャップリンよりも一五歳年上。

出典:『五百句』
(山口木浦木)
(25/ 2/20)

春山の腰のあたりを越えゆけり   橋 寮
 この句の魅力は何か。一言でいえば、艶やかな擬人法だろう。
 「春山の腰のあたり」という表現がポイント。「春山」と「腰」を他の言葉に置き換えてみたらどうなるか。
 春山ではなく夏山、秋山、冬山ならどうか。この句の主眼が艶めかしさだとすれば夏秋冬ではそれを醸し出せない。稜線のはっきりしない春山のふんわりとした感じが夏秋冬にはない。加えて「春」という語のもつイメージが色香と最も結びつく。
 腰はどうだろう。身体の他の部位はどうか。主題の艶めかしさからして「腰」も動かないのではないか。頭、首、肩、腹、足などを想像してもしっくりこない。
 まさしく「春山の腰」こそがこの句の命。「あたり」という言葉でさらにとらえ所のない春山を強調している。
 こうした句が生まれる背景には作者の登山好きがあるのではないか。山登りもしないでこんな面白い句はできない。
 「春山」と「腰」という二つの材料(名詞)をうまく結合させただけで、こんなにもシンプルで奥行きのある句が生まれる。少ない材料で読者を魅了する典型例ではないか。

出典:『和栲』
(山口木浦木)
(25/ 2/10)

けふぞはや見ぬ世の旅の更衣   大淀三千風
 信徳や桃青を「小短冊」と斬って捨てる理由の一つに次のようなことが喧伝されていた。
 桃青は行脚の際、三ヶ月しか仙台に逗留しなかった。これは三千風の勢力が強くてあまり歓待されなかったのではあるまいか、と――。
 三千風の俳諧における知名度は勿論、神道を説き仏教を論じ、謡曲をうたいはては冗談を言っては大いに人を笑わせ、その度に号を使い分けていた。寓言堂、頂雲軒、呑空法師、無不非軒など、俳諧の折の三千風を加えると十五を超えている。所謂世渡り術の巧さの秘密はこんなところにあったのかも知れない。
 相州・神奈川県大磯で三千風は遊女達に仏の道を説き、西行庵を建てて曽我十郎の妾であった大磯の遊女・虎御前の像を安置し、大磯の渓流を鴫立沢と命名したが、これは西行の《心なき身にもあはれは知られけり鴫立つ沢の秋の夕暮れ》という歌があり、それを知りながらの所業は狡猾者である、との悪評も買っている。がそれらのことは三千風の一断面ではあっても俳壇の中では他に抜きんでており、ひときわ目立って優れていることに違いはないと擁護する人も沢山いた。
 ただこの行脚中に芭蕉や信徳などと連歌や俳諧で会席に連なることのなかったのは残念なことであったらしい。
 この行脚文集は七年の歳月を費し、三千八百余里を踏破した記録であるだけに、予想しない程の膨大なものであった。これでは版行費が都合つかないと言うことで、二度の書き直しの後、約三分の一の分量にして出版した。
 三千風の「一生の大願望を遂げし大著述」として、冒頭の句が辞世の句として記録されている。
 余談ながら行脚の間中、馬や駕籠に乗ることもなく宿泊に苦労したり「一飯に飢えたることなく」そして病には一度も罹患しなかったと言われている。

(瀧 春樹)
(25/ 1/31)

金風の心(しん)の柱や御本山   大淀三千風
 日本行脚の旅に出た大淀三千風は、一六八四(貞享元)年六月二十一日、豊前小倉に上陸し、豊後、肥後と引杖の旅を続ける。
 長崎における僧侶たちの三千風評は面白い。「情愛は兼好に勝る」とか「歌は赤人に隣す」などと言われ、西行に並べられ更に斬新な筆跡については「弘法に似る」などと煽てられている。三千風も決して悪い気はしなかったであろうし、得意満面の顔が見えるようである。むしろ滑稽ですらある。
 その三千風が、豊前・宇佐神宮に詣でるのは七月十二日のことである。
 宇佐神宮は全国八幡宮の総本宮であり、伊勢神宮に次ぐ第二の宗廟として奈良時代より皇室の崇敬が篤く、本殿は国宝に指定されてもいて名高い。二〇十五年十月には、十年に一度勅使をお迎えする勅使祭が行われる。
 掲句の「御本山」は、神代に比売大神が御降臨遊ばされたと言われる馬城の峰(大元山・御許山)であり、宇佐神宮の奥の院である。
 奥の院で一夜を明かして下山し下宮に詣でる。その佇まいは「凡ソ日本第二の殊勝地である」とし、川の流れや虫の鳴き声、森を吹き渡る風の音に至るまで「身の毛が弥立つ」ほどの神々しさであるとその賛辞はとどまるところを知らない。
 こんなことを言えることこそが「他人に阿諛する」ことを厭わない三千風の世渡り上手な術の一端であったのかも知れない。しかしその裏返しのように、驕り昂ったような振る舞いもあったらしい。

(瀧 春樹)
(25/ 1/21)

柳髪も世を秋風の手剃りかな   大淀三千風
 井原西鶴の「西鶴大箭数」を意識していたか否かは不明であるが、大淀三千風は第二の故郷とも言うべき仙台に滞在した折に

 空花を射る矢数や一念三千句   三千風

を巻頭とする「仙台大箭数」を著し、大箭数の号を用いてもいた。江戸前期の俳人・大淀三千風、本名・三井友翰である。三千風の号も、この三千句からの悷りではないか、と言われている。
 一六三九(寛永16)年、伊勢の国・射和村に生まれた三千風は十五歳の若さ――といっても当時は一人前の大人――で俳諧の道を志て行脚に思いを馳せるが、父母は句論、親類縁者の猛反対に遭ってしまう。
 しかしその思いを捨てきれずに鬱々とした日を重ねていく。そして三十一歳になった年の秋、ついに意を決し冒頭の句を遺して松島へ旅立ってゆく。一六七〇(寛文10)年のことである。
 奥州は三千風にとって、その自然の素晴しさや人々の暮しぶり、更に厚い人情などに感激して十五年を滞在する。仙台における三千風の評判はすざましいばかりであったらしい。
 京都の伊藤信徳、江戸の松尾桃青(芭蕉)など名のある俳諧師といえども、三千風に比しては小物でしかない、と斬って捨てる者もいたといわれている。贔屓目にみても奥州でひときわ名声の高い俳諧師であったろうことは想像に難くない。
 大淀三千風は奥州の滞在を十五年で終えて「一生の大願望の本意を遂げる」ために、日本全国行脚の旅に出る。

(瀧 春樹)
(25/ 1/11)

便所より青空見えて啄木忌   寺山修司
 昭和二十八年、受験誌「蛍雪時代」の文芸欄中村草田男選二席の作品、寺山の初期の代表作の一つ。簡明ながらも便所と青空の見事な設定、フレッシュな感覚で、啄木への思いが込められた。次も同時期の作品。
  花売車どこへ押せども母貧し
  目つむりていても吾(あ)を統(す)ぶ五月の鷹
  林檎の木ゆさぶりやまず逢いたきとき
  わが夏帽どこまで転べども故郷
 寺山は、多彩な経歴の持ち主で、四十七歳で早世したが、彼の原点は俳句である。平成十五年、世田谷文学館で開催された「没後二十年寺山修司の青春時代展」で、彼の初心時代が浮き彫りにされ、改めて脚光を浴びるようになった。私も次の一通の手紙を出品した。
 「前略 受験と文学お忙しいことでございましょう。北国のクリスマス、青森はすっかり雪景色。さて俳句が青春の文学としてすでに革命の時期であることは波郷先生も云っておられる通り。僕たちは次のようなグループを持っています。同人は京武久美、松井寿男、近藤昭一など約二十名。いまのところはガリ刷り雑誌程度ですが、来春五月からは大きな運動(例えば歴史にのこるような)を企画しています。そこで十代の優秀な作家を集めるために、同人のひとりとして君を推薦することに致しました。賛意でしたら作品十句とお手紙下さい。寺山修司 」
 私も早速創刊号の「牧羊神」に参加した。週刊誌「サンデー毎日」が、「この年少作家たち」として特集するなど、反響はあったものの、わずか十二号で終刊した。しかし当時「俳句に革新を」の意気込みの一石は投じたものと思う。
 平成十八年「俳壇」五月号、聞き書き「詩歌の潮流」で寺山の元妻で離婚後も劇団「天井桟敷」を支えた九條映子は、寺山の最期に、「『死ぬのはいつも他人ばかり』というマルセル・ジュシャンの言葉を引用して言っていたから、今度も死にはしないやと思っていたふしがあった。でも、そのころ体の中は火事よ。六十歳まで生きたいと言っていたのね。人間の寿命はだれもわからないけれど、四十七歳という寿命があったんでしょうね。その間フル回転した。」と述懐している。晩年、原点の俳句に戻りたいと言っていたそうであるが、果たせなかったのが残念である。

出典:『寺山修司の「牧羊神」時代』 
(松岡耕作)
(25/ 1/ 1)

しんらんがいてなめくじと私がいる   大山安太郎
 「大山安太郎」については当欄ですでに篠原信久さんが素晴らしいコラムを書いておられるが、私も地元のリーダで私淑する「大山安太郎」を取り上げてみた。大山さんは、戦後まもなく音楽関連の会社を設立、経営の傍ら永年俳句と両立してこられ、自分史とも云える六十一年間の集大成「大山安太郎全句集」を上梓された。掲句はその中の一句。父親の影響で信仰心厚く、殊に親鸞聖人に対する思い入れは格別、主観と客観の想念のもとに、なめくじの存念に至った心境は、清明で奥深いものがある。
  チェロ低音寒鯉同じ位置保つ
  蟷螂の汝にはコントラバスが似合う
  ただ白きもの横たわる寝釈迦かな
  親鸞忌夜目にも白き道つづく
 句集を通じて、楽器の繰り出す音の世界、更に色合い、明暗、特に白色に対するこだわりなど、繊細な感性が、心の響きと相まって静謐に表現されている。
 大山さんは現在九十六歳、つい最近結婚七十五年のダイヤモンド婚を迎えられ、ご夫婦とも健在である。毎月ご一緒する勉強会では、今もなお褒め合いは駄目、本音で議論を尽せという口癖は、私共にとって叱咤激励となって浸透している。
 最後に大山さんの自選十句を掲げる。
  まなぶたを閉ぢても月の鶴歩む
  新年号に人の肩越し手をのばす
  瀬にふれし月の光が音たつる
  炎天を一本の樹が迎えにくる
  八月十五日ごろりと大き女の尻
  月光をもて一湾を暗くせり
  蛞蝓の地へと月光ひきずりゆく
  牛肉鶏肉人間の肉も少し下さい
  ベッドの舟ふんどしを帆にいずかたへ
  とめどなき雪解の音やしんらん忌

出典:『大山安太郎全句集』
(松岡耕作)
(24/12/21)

裂け目より柘榴真二つ汝(な)と分かたん   中島斌雄
 戦後間もない世相人心ともに混乱の焼け跡から、やっと復興のきざしが見え、ラジオから「リンゴの唄」や「鐘のなる丘」が聞こえ始めた昭和二十二年の作。灼熱の太陽に焦げた赤褐色の割れ目から、まさにルビーをちりばめたような柘榴の実が溢れている。自然がもたらしたその「裂け目」から真二つに割って分かち合う感触は、胸が疼くような甘酸っぱい青春の味である。俳句にもこんなロマンがあるのだと思わず身震いしたものだ。
  子へ買ふ焼栗(マロン)夜寒は夜の女らも
  雲秋意琴を賣らんと横抱きに
  爆音や乾きて剛き麦の禾
  蟇産み終うわが詩いささか晦渋に
  鯉裂いて取りだす遠い茜雲
 中島斌雄は明治四十一年生まれ、小野蕪子に学び「ホトトギス」を経て昭和二十一年「麦」を創刊主宰、七十九歳で昭和六十三年死去。
斌雄は「麦」創刊に当り「麦は大地であり季節であり又生活である。」を「麦の言葉」とした。その後「社会性俳句への方途」「現代俳句創造への道」「新具象俳句の提唱」など、殊に俳諧史を専攻した国文学者としての理念をもとに、実作者としての立場から、「現代俳句の課題」に対する数多くの提唱や評論を残した。
 斌雄は、昭和四十三年北軽井沢の奥深い山中に小さな別荘「月士山房」を建てた。休暇などを利用して大学教授の激務から逃れ、浅間連山が遠望できる山房に籠もり、そこで多くの評論や作品を創出したのである。平成二十年秋、斌雄の生誕百年を記念して、思索、詩作のゆかりの地であった北軽井沢で「麦」の全国大会が開催された。山房の周りは靴が埋まるほどの落葉の嵩で、ヴェランダなど外回りは朽ち果てていたが、生い茂った高木のもと、山房はそのままの姿で残り、斌雄のありし日を偲んだ。

出典:『中島斌雄全句集』
(松岡耕作)
(24/12/11)

上ゆくと下来る雲や秋の天   野沢凡兆
 野沢凡兆は、加賀藩士の家に生まれ、当初四代藩主前田光高に仕えたが、武士を嫌って京都に出て、医師になったという。芭蕉が『おくのほそ道』で、金沢入りした元禄2年には、すでに京都に居り、芭蕉にはまだ会っていなかった。すなわち翌年の元禄3年に、大阪に帰った芭蕉に初めて会い、蕉門に入ったという。 凡兆の名を一段と有名にしたのが、元禄4年7月、向井去来と共に出した選集『猿蓑』である。この『猿蓑』の中に収められた入選句の数を比較すると、榎本其角・向井去来の句がそれぞれ25句で、芭蕉の句の40句を超える41句が凡兆の句であり、しかも秀吟が最も多かったという。
 掲句も、集中の句の一つである。ふつう秋の天候は、天高く馬肥ゆる爽快な空をいうが、この空は極めて動きの激しい荒れ模様の空である。秋は台風の時期でもあるので、高いところを流れる雲と、下の方から激しく動きの早い雲がまさに飛んで来て交叉するような、迫力ある天候の状態を捉えた句ではないか。『猿蓑』には、ほかに「ながながと川一筋や雪の原」や「下京や雪つむ上の夜の雨」など印象鮮明な句があり、現代俳句に通じる新鮮さがある。しかし凡兆は、『猿蓑』を出した翌年には、芭蕉と離反しまもなく蕉門を去ってしまうのである。芭蕉ともいつか疎遠となってしまい、元禄6年犯罪に関わり入獄という憂き目に遭うのである。晩年は不幸な人生であったが、性格的には剛毅であり、若い時から人の面倒は良く見たらしく、凡兆が亡くなったときには、多くの人が追善句を詠んで、凡兆の死を悼んだという。凡兆の最盛期は短かったが、その非凡な才能は、充分に評価されるものである。凡兆の墓は、金沢市の繁華街片町からやや離れた場所にある養智院というお寺にひっそりとあり、山門の近くには「上ゆくと下来る雲や秋の天」の句碑が立っている。

出典:『猿蓑』(元禄4年7月)
(松本詩葉子)
(24/12/ 1)

人とその影加賀友禅を晒しをり   石原八束
 私の住む金沢市内を二つの川が流れている。
流れが急で荒々しい方の川の犀川は、俗におとこ川。流れが緩やかで情緒的な浅野川を、をんな川という。その一方のをんな川である浅野川の冬の風物詩が、加賀友禅流しである。
 加賀友禅は、加賀百万石の武家文化に対し、町方から発祥した町人文化である。17世紀ごろ京都より友禅染の技術が伝わり発展した。加賀友禅は縮緬・絽・羽二重などの生地を振袖・訪問着にするために染められる。加賀友禅の彩色は、図案の線に紅・紫・緑系の色を多く用い、ぼかしを巧みに使い模様を作る。友禅流しはその布についた糊や、余分な染料を寒中の冷たい川の流れに晒して、洗い流す作業である。つまり彩色の工程の一つで、洗い終わったあと、水中に鮮やかに浮かび上がる色彩は、目を瞠る美しさがある。
 さて、その友禅流しは私の住いからほど近い場所から見ることが出来る。近くに寄ってその光景を何度か見たことがあるが、雪のちらつく冷たい流れの中で、杭に止めた生地を束子や素手で懸命に洗い作業を続ける職人の姿は、伝統を守る厳しさを背負っている。
きっと句を作った石原八束も、その職人の背中に負っている厳しい伝統の影、すなわちその魂を見たのであろう。この句は、「俳句研究」(昭和61年2月号)の特集“石原八束の世界”の書き下ろし50句の中にあり、しかもこの50句の題名が「人とその影」であり、50句の中でもっとも重きをおいた句であった。
 「秋」創設者の石原八束が、飽かず眺めつ作句した魂の一句「人とその影」の句が、すぐ眼前の川の光景であることに、不思議な俳縁を感ずるのである。

出典:石原八束 第12句集「人とその影」三一書房(昭和62年)
(松本詩葉子)
(24/11/21)