地区活動

各地区の活動 【宮城】

会長中村 孝史
事務局長渡辺誠一郎
事務局
郵便番号985-0072
所在地塩釜市小松崎11-19
TEL022-367-1263

宮城野萩(青木繁伸撮影)
http://aoki2.si.gunma-u.ac.jp/BotanicalGarden/BotanicalGarden-F.html

【 地区の紹介 】

 宮城県現代俳句協会は宮城県に在住する会員で構成されており、会員数は100名を超えます。会の活動は年2回の吟行会、年2回の会報発行が中心となっています。
 このほか、宮城県には現代俳句協会系と俳人協会系の結社が一緒になって活動している「宮城県俳句協会」があり、松島芭蕉祭全国俳句大会や宮城県俳句大会などを主宰していますが、私達もその中心となって活躍しています。

【 行事 】

<現代俳句年鑑2017より転載>
◇平成27年度総会(地区年度)
平成28年3月27日( 日) 仙台市青葉区中央市民センターにて開催。各議案を全会一致で承認された。
第1号議案 平成27年度事業報告
第2号議案 平成27年度決算及び監査報告
第3号議案 平成28年度事業計画及び予算案
第4号議案 第30回現代俳句東北大会の取り組み
第5号議案 役員改選(会長中村孝史、副会長浪山克彦、幹事長渡辺誠一郎他)
◇新入会員の報告
本年度の新入会員は、会員相互の推薦により3名加入。
会員総数は137名となった。
◇総会句会 (席題 春疾風・壁)主な作品
  反論の糸口も消え春疾風       日下 節子
  壁塗りの鏝しなやかに鳥曇      田口 啓子
  犠牲者の刻字動かぬ春疾風      関根 かな
  春荒や最上階の非常口        遠藤 玲子
  白壁の阿佐緒の生家ヒヤシンス    鈴木ひびき
  板壁に残れる画鋲春疾風       星 節子
  白壁にうぐいす餅が出ましたと    草野志津久
  凍土壁漏れゆくものに春の水     峰岸さとし
  啓蟄や病者の壁に見ゆるもの     平山 北舟
  回廊に鳥の足あと春疾風       佐々木和子
  予備校の壁に春陽が熟れてゆく    佐藤 詠子
  壁にスプリングハズカム卒業式    坂下 遊馬
  岸壁に朱の標や斑雪         菊地 幸子

◇研修句会 席題―当・落(平成27年11月8日)
主な作品
  当面の言ひ訳海鼠嚙みしめる     小林 邦子
  初時雨島影は濃く海に落つ      紺野みつえ
  落書の螺旋階段寒日和        中村 春
  虎落笛立入禁止の柵ひとつ      鈴木 三山
  膝当ての古き写真や開戦日      浅沼真規子
  落葉してふいに現はる館かな     池田 紀子
  落人の話こもごも炉火赤し      菊地 幸子
  きざはしに影一つ落つ返り花     伊澤二三子
  枯山にすとんと落ちし夕日かな    遠藤 玲子
  寝たる子の顔に当たりし冬日かな   根木 夏実
  出勤の列のひとりの背に落葉     谷口 加代
  吹き寄せて焚くには余る落葉かな   丸山みづほ
  枯芒落武者の影薄れ行く       小村 寿子

◇会報発行
 宮城県現代俳句協会NEWS2015・10発行
◇慶祝
高野ムツオ 平成27年度仙台市政(芸術文化)功労賞
渡辺誠一郎『地祇』第14回俳句四季大賞・第70回現代俳句協会賞
石崎素秋・鈴木八洲彦師弟句碑建立(平成27年10月4日)

(渡辺誠一郎)