地区活動

各地区の活動 【鹿児島】

会長高岡 修
事務局長園田千秋
事務局
郵便番号891-1105
所在地鹿児島市郡山町2159-3
TEL099-298-4280

オオゴカヨウオウレン(大五加葉黄連)
 撮影:堤 康晴(鹿児島県屋久島町)

【 地区の紹介 】

【鹿児島地区】
鹿児島県現代俳句協会は、鹿児島在住の会員で構成されています。
会の動向は年1回刊行される「鹿児島県現代俳句協会会報」で周知しています。

【 行事 】

<現代俳句年鑑2018より転載>
◇篠原鳳作忌俳句大会
平成28年10月2日。指宿市山川町長崎鼻句碑前に集合。午前11 時より周忌行事。黙祷、会長挨拶、献花、献杯、朗詠など。
午後「フラワーパークかごしま」の研修室にて大会。投句数112句。
【篠原鳳作賞(大会賞)】
  水の糸つまびけば鳴る秋の海   高岡 修
【鹿児島県現代俳句協会賞】
  指切りの残りの指が老いてゆく  山之内まつ子
【鹿児島県俳人協会賞】
  月の面に涙の海があるという   徳森凉子
【南日本新聞社賞】
  地の果ての一本として紅葉する  秋山青松
【指宿市長賞】
  人体にまだ描かれぬ秋の薔薇   末吉優子
【優秀賞】
  三日月を育てる老いたキリンかな 磯辺正悟
  一枚の画布よりこぼす流れ星   本田万里子

◇平成29年度役員会・総会および新春俳句大会
平成29年2月26日パレスイン鹿児島
◎平成28年度事業報告・会計報告
◎平成29年度事業計画・予算案審議および役員改選
会長:高岡 修
副会長:松下けん
事務局長:園田千秋
会計:園田千秋
会計補佐:愛甲敬子・下原培子
理事:愛甲敬子・池田太恒・細田慶子・下原培子・末永一雄・橋口等・山下久代
幹事:假屋園いく子・宇都宮華水

◇新春俳句大会  
投句総数84句
【鹿児島県現代俳句協会賞(大会賞)】
わたしから私が抜けて白椿     鳩野静香
【優秀賞】
春キャベツ陽の哀しみを巻いている 假屋園いく子
生き方は楷書なれども歪み澄み   末永一雄
ずれてゆく春の背骨に鋲をうつ   末吉優子
美しい噓のごとくに春の雪     前田霧人

◇会報第40号の発行  
平成29年4月
巻頭エッセイ「魔女墜ちる」松下けん
特別寄稿「己を語らぬ 魔女 俳人」高岡 修
諸家近詠  「今年の2句」

◇藤後左右忌俳句大会 平成29年6月18日
前日までの降雨がうそのような晴天。11時より、黙祷・会長挨拶・献花・献杯・朗詠の周忌行事。
午後、俳句大会 投句総数108句。
【藤後左右賞(大会賞)】
麦秋のゆびを栞に野を捲る   假屋園いく子
【鹿児島県現代俳句協会賞】
一行の詩が落下する滝の思惟  磯辺正悟
【鹿児島県俳人協会賞】
雲よりの小夜曲をきく立葵   下原培子
【南日本新聞社賞】
石化せる空なら蛇行する銀河  高岡 修
【優秀賞】
望郷の春のキリンの長睫毛   愛甲敬子
左右忌や下書きのなき手紙書く 山崎鶴惠

(園田千秋)