地区活動

各地区の活動 【南北海道】

会長都賀由美子
事務局長佐藤日和太
事務局
郵便番号040-0003
所在地函館市松陰町9-22
TEL0138-31-4833

函館地区吟行会 2015年11月1日実施

【 地区の紹介 】

南北海道現代俳句協会は、全北海道現代俳句協会を4カ所に分割した最も南に位置した地区組織です。当該地域は渡島、檜山、胆振、日高の各支庁に亘っています。
平成13年に創立10周年を記念して会員の合同句集を刊行しています。
当協会の管轄地域は松前から襟裳まで広範囲に亘っていて、交通の便があまりよくないので、全地域を網羅した活動より、地域毎の活動に重点を置いています。

【 行事 】

<現代俳句年鑑2018より転載>
◇函館地区
平成28年11月13日日曜日、今年度の函館地区吟行会は、北海道高文連道南支部文芸専門部との合同吟行会として行われました。時々冷たい雨が降る中、五稜郭公園で各自吟行し、近くの市立函館高等学校会議室に直接集合。市内の高校生7名を含む16名が参加し、世代を超えた有意義な時間を共有いたしました。
この取り組みも今年で4回目を迎え、正式に高文連との共催行事となり、来年度以降も継続して行く予定です。
【第1席】公園の季語定まらずホットレモン 境田美恵子
【第2席】幼子の指からふわり雪螢  河野光紀
【第3席】落葉降る新聞局の掲示板  船矢深雪
【第4席】猫の足落葉の山に残りゆく 石亀ひかり

◇会報発行
平成28年12月26日、第26号発行。

◇総会
平成29年3月30日(木)実施。当地区は、交通の便も悪く、高齢化も進み、一堂に会して総会をすることが困難なため、例年通り紙上総会とした。今年度も例年通り、円滑に運営するための協力を会員に依頼した。

◇むかわ地区吟行会
平成29年6月11日(日)に実施。白老町仙台藩元陣屋跡で吟行し、社会福祉法人ホープ通所授産施設フロンティア会議室にて句会を開催しました。由仁町、室蘭市の会員も参加し、計9名で、和気あいあいとした楽しい一日を過ごした。
  老鶯の陣屋に小雨降る日かな  清川昌比露
  陣屋跡踏めば鳥語の初夏の空  村山陽出於
  若葉光明日へ続く元陣屋    藤原美栄子
  葉桜や陣屋の歴史胸を打つ   藤原紫華女
  防人の魂脈々と緑雨かな    四方理志
  秘話を聞く仙台陣屋に夏の雨  藪田慧舟

(佐藤日和太)