地区活動

各地区の活動 【西九州】

会長前川弘明
事務局長江良 修
事務局
郵便番号852-8154
所在地長崎市住吉町5-15
TEL095-844-7106

25周年記念吟行(前列左から二人目が前川会長)

【 地区の紹介 】

西九州現代俳句協会は長崎県と佐賀県を併せた地区組織です。

【 行事 】

〈平成30年活動記録〉

平成30年西九州現代俳句協会総会・句会(前列中央前川会長)

日時:平成30年2月18日
会場:サンプリエール
参加者は15名。はじめに故 瀬川泰之さんへ黙祷を捧げた。総会は藤澤美智子副会長の司会で進行。前年度の会員の活動状況と会計報告があり了承を得た。総会後、句会を開催。充実した合評会により懇親を深めた。

【入賞作品】
最優秀賞 不可解な海鼠の重さ買いにけり  相川文子
優秀賞  ほうと鳴く梟のいて父母在らず  前川弘明
優良賞  千キロを来て絶筆となる賀状   小山一歩
     冬薔薇や婚六十年の愛淡し    寺井すみえ
     にんげんを操るロボット大嚏   中尾よしこ
     初霰じっとしている魔法瓶    横山哲夫
     寒鰤や十五で島をはなれけり   鳥井國臣

第64回長崎原爆忌平和祈念俳句大会報告

<以下は現代俳句年鑑2018より転載>
◇第63回長崎原爆忌平和祈念俳句大会後援 
平成28年7月23日
長崎原爆資料館にて開催された。大会会長は当協会の横山哲夫。参加者60名。当協会会員の主な受賞は以下の通り。
【募集句】
〈長崎県知事賞〉 
被爆図を抜けて少女よ蝶となれ  寺井すみえ
〈長崎県議会議長賞〉 
長崎で母を燃やして帰りけり   山本奈良夫
〈現代俳句協会賞〉
鶴折れぬ指もち八月をもてあます 山本奈良夫
〈口語俳句協会賞〉
原爆忌まだ生きている父の時計  中尾よしこ
〈実行委員会賞〉
終戦日身を軋ませて市電くる   横山哲夫
【当日句】
〈大賞〉   
砂時計命の粒と思う夏      古賀愛子

◇西九州現代俳句協会総会・句会      
平成29年2月19日
長崎市(サンプリエール)にて11名の出席を得て開催。

◇29年4月〜5月、長崎市北公民館「初心者のための俳句教室」講師に江良修。

(江良 修)