地区活動

各地区の活動 【島根】

会長月森遊子
事務局長村上和枝
事務局
郵便番号692-0007
所在地安来市荒島町2183-7
TEL0854-28-7002

島根県の花 牡丹
写真撮影:青木繁伸(群馬県前橋市)
BotanicalGarden

【 地区の紹介 】

島根県現代俳句協会は、現代俳句協会の島根県における地区組織です。平成3年発足しました。
本県は地勢的に東西200kmに及ぶ横長い県のため交流が難しいのですが、今年も会報発行と吟行会を開催し、コミュニケーションをはかりたいと思っています。


【 行事 】

<現代俳句年鑑2018より転載>
◇平成29年度定期総会
平成29年6月28日安来氏で開催。総会後に句会、懇親会。
「句会作品抄」
茅花野の風に帆船くる予感    柏谷千惠
万緑に囲まれ鍵が開けられぬ   黒崎柊二
麦秋や触れていやせぬ傷がある  越野孝子
風分けて塩辛蜻蛉を見る空間   深田地絵
点と点つながりいつか雨季に入る 黒崎季青二
歳月のどこか妻ゐる木下闇    太田 亮
黄蝶撒きひき返しけり飛行船   森田 廣
霾るや離島役場に未来の課    野津あつし
蕗手折る母さんを好き音も好き  千原亜津子
万緑や白いスカート反乱す    村上和枝
孤独蛍浄土の水先案内か     目次翠靜
鍬の柄の抜けるや長子遠くあり  梅津博之
松の芯あっけらかんと片手出す  安達美那子
日晒しの椅子の過客やミモザ降る 福田玲子
隠しごと無きほど老いて心太   月森遊子
棒一本立てて塩辛蜻蛉待つ    伊藤晃彦

◇会報発行 平成29年3月、第43号発行。

◇第35回中国地区現代俳句大会 平成29年6月11日12日、岡山市で開催。
「大会作品抄」島根県関係
万緑をしたがえ赤ん坊ぼの股間  森田 廣
日だまりは神のふところ笹鳴けり 月森遊子
春隣りフランスパンが首のばす  安達美那子
春灯友が余韻として残る     野津あつし
色の名は忘れやすくて春の月   村上和枝
連弾の指とびはねて蝶となる   梅津博之
白椿海坂藩の果てに落つ     柏谷千惠
弥生三月ひとまず小石蹴ってやる 越野孝子
人の日の人の数ほど卵割る    伊藤晃彦  

(伊藤晃彦)