地区活動

各地区の活動 【広島】

会長川崎益太郎
事務局長川崎千鶴子
事務局
郵便番号730-0002
所在地広島市中区白島中町12-15
TEL082-222-1323

広島県の木 もみじ

【 地区の紹介 】

 当協会は、平成3年に設立された。大きく広島市を中心とする西部地区、福山市を中心とする東部地区、呉市を中心とする南部地区、三次市を中心とする県北地区の4つに分かれており、一同に会するのが困難な状況にある。そんな中、春の定期大会・俳句大会、ヒロシマ平和祈念俳句大会、秋の勉強会を柱として活動している。

 特にヒロシマ平和祈念俳句大会は、当協会のメイン行事で、今年で15回を数える。年々投句者が増え、県外者が半数近くになっている。今後とも平和を祈念しつつ輪を広げていきたいと思う。

 他に、中国地区俳句大会が中国5県の持ち回りで毎年開催されている。

 当協会の会員数は約110名。高齢化が進んでいるので、若者の参加を募っている。

【 行事 】

<現代俳句年鑑2017より転載>
◇第24回ヒロシマ平和祈念俳句大会
平成27年7月25日、広島市中区民文化センターで開催。
全国各地から投句者171名、投句総数635句(小中学生を除く)、当日出席者25名。 
 【広島県知事賞】
    黙禱のマイクが拾う蟬時雨      徳島県  大坪 勝之
 【広島市長賞】
    ひろしま忌涙はいつも新しき     広島県  平田 初音
 【広島市教育委員会賞】
    けむりにもなれず八月生きてゐる   宮崎県  永田タエ子
 【現代俳句協会長賞】
    ヒロシマ忌黄泉より洩るる子守唄   広島県  井村キヨノ
 【広島県現代俳句協会長賞】
    死者生者八月六日の万の椅子     大分県  谷川 彰啓
 【中国新聞社賞】
    原爆忌手話の指持て鶴を折る     神奈川県 やまもと仁
 【小中学生最優秀賞】
    国境のなき世の中に風光る      中学3 鈴木 彩音
    夏の日の天高くとべ折るづるよ    中学3 三井 久美
    わすれない8月6日のできごとを   小学6 宇津 玲菜

◇秋季勉強会
 平成27年10月25日、広島市中区民文化センターで「第25回勉強会」を開催。
 出席者25名。投句者76名、投句数282句。
 【事前投句最優秀賞】
    夕蟬にあづけて変える母の墓     北村  梢
 【当日句最優秀賞】
    メモになきもの買い足して秋日和   倉本 亘子

◇会報発行 平成27年12月1日「31号」
◇役員会 平成28年1月16日
◇定期総会及び俳句大会
 平成28年3月26日、広島市中区民文化センターで開催。出席者30名、投句者91名、投句数318句。
 【大会賞】
    侘助や文字に声ある母の文      林  すみ
 【会長賞】
    マフラー巻く私が抜けていかぬやう  永野真智子

◇第34回中国地区現代俳句大会・総会
 平成28年6月5日〜6日、鳥取県東伯郡「望湖楼」にて。
 講師に前田弘現俳協幹事長を招き、中国5県から57名が参加して開催。
 大会句において広島県関係者の入賞者は次の通り。
 【大会賞】
    人許すやうに蜆を浸しけり      林  すみ
 【協議会賞】
    どこまでが長生き干鰈ひらひら    藤本 陽子
 【優秀賞】
    囀の空に五線譜ほしいまま      高堀 洋子
 【秀逸賞】
    指切りの指節くれて昭和の日     和田 照海
 【前田弘賞】 
    理屈屋の多き家なり烏瓜       川崎千鶴子
 【広島県会長賞】
    入学式被爆まであと四か月      石川まゆみ


(川崎千鶴子)