地区活動

各地区の活動 【広島】

会長川崎益太郎
事務局長川崎千鶴子
事務局
郵便番号730-0002
所在地広島市中区白島中町12-15
TEL082-222-1323

広島県の木 もみじ

【 地区の紹介 】

当協会は、平成3年に設立された。大きく広島市を中心とする西部地区、福山市を中心とする東部地区、呉市を中心とする南部地区、三次市を中心とする県北地区の4つに分かれており、一同に会するのが困難な状況にある。そんな中、春の定期大会・俳句大会、ヒロシマ平和祈念俳句大会、秋の勉強会を柱として活動している。
特にヒロシマ平和祈念俳句大会は、当協会のメイン行事で、今年で15回を数える。年々投句者が増え、県外者が半数近くになっている。今後とも平和を祈念しつつ輪を広げていきたいと思う。
他に、中国地区俳句大会が中国5県の持ち回りで毎年開催されている。
当協会の会員数は71名(平成30年1月31日現在)。

【 行事 】

<現代俳句年鑑2017より転載>




◇第25回ヒロシマ平和祈念俳句大会  
平成28年7月16日
広島市中区民文化センターで開催。
全国各地から投句175名、投句総数634句(学生分を除く)、当日出席者30名。
【広島県知事賞】
七十年叫んで蟬になった父  岡山県津山市 永禮宣子

【広島市長賞】
人よりも多き人影広島忌  岡山県倉敷市 伊藤 �

【広島市教育委員会賞】
原爆忌影にもなれぬ骨いくつ  広島県広島市 川崎益太郎

【現代俳句協会長賞】
水を打ち八月六日の影通す  大分県大分市 谷川彰啓

【広島県現代俳句協会長賞】
飲みんさい 冷たい水じゃ 熱かったの  大分県大分市 彼岸花

【中国新聞社賞】
日記帳八月六日「晴」とだけ  東京都武蔵野市 蓮見徳郎

【小中学生最優秀賞】
手をつなぎ平和の点を線にする  中学1年 宇津玲菜
広島にさくらがさいて平和な日  小学3年 田川瑠那

◇秋季勉強会 平成28年10月23日
第26回勉強会、広島市中区民文化センター、出席者25名、投句者75名、投句数258句。
【事前投句最優秀賞】
蛇進む水のたいらを引っ張って  粟屋紀佐子

【当日句最優秀賞】
普遍とは運動会の卵焼き  石井一石

◇会報発行 平成28年12月1日「32号」

◇役員会 平成29年1月14日

◇定期総会及び俳句大会
平成29年4月1日 広島市中区民センターで開催。出席者25名、投句者79名、投句数310句。
【大会賞】
しがらみも絆のひとつ水温む     植木すみ子
【会長賞】
数式の解けたるように柳絮飛ぶ    大塚文枝
【当日句最優秀賞】
忖度てふ言葉覚えて鳥帰る      川崎益太郎

◇第35回中国地区現代俳句大会・総会
80名参加(広島県から9名が参加)
(当県関係入賞者)
【事前投句優秀賞】
鞦韆漕ぐこの世抜け出すところまで  藤本陽子

(川崎千鶴子)