地区活動

各地区の活動 【関西】

会長吉田成子
事務局長上藤おさむ
事務局
郵便番号619-0224
所在地木津川市兜台5-1-13木津かぶと台14-101
TEL0774-72-8584


【 地区の紹介 】

関西現代俳句協会ホームページ


 関西現代俳句協会は、現代俳句協会という組織の中では、もっとも広い地域を擁する地区団体の一つである。それは昭和37年(1962)11月20日「現代俳句協会関西地区会議」として発足した時の事情に由来する。
 恐らく当時は近畿二府四県を総合してもさしたる会員数は望めなかったのであろうか、それに当時の俳人たちが地域に関わらず親しいと言う関係もあったのか、兎も角あまりセクショナリズムにとらわれなかったので、この広域のまとまりが出来たと思う。
近畿二府四県とは滋賀、京都、大阪、兵庫、奈良、和歌山の地区であり、それぞれに歴史に名高い固有の文化を残す地域であった。関西の俳句はその固有の文化を土壌として生まれ育ったという大きな特色があった。

 初代の地区会議議長は榎本冬一郎であったが、以後鈴木六林男、和田悟朗、米沢弓雄、宇多喜代子、山本千之と歴任した。

 しかし山本千之議長の時、会の規約の制定と共に会の名称の変更の気運が持ち上がり、ここに関西現代俳句協会という名前が誕生した、平成16年6月5日のことである。議長も会長と改め、豊田都峰会長を経て、吉田成子現会長に至っている。

【 行事 】

<現代俳句年鑑2017より転載> 
◇忘年会&第40回句集祭
恒例の「忘年&句集祭」は平成27年12月5日(土)にクリスマスツリーが飾られて、華やかさを増した大阪船場の「ホテルヴィアーレ大阪」で開催された。参加者は68名であった。
吉田会長より「今回は40回という一つの節目となった。一年平均20冊の句集をお祝いしたとして、40 年で800冊を超えることになり、歴史の重みを感じている。今年の物故者の故和田悟朗さん、故吉本伊知朗さんの句集も出品されていることを記憶にとどめたい。和やかないい雰囲気の会になることを期待している」との挨拶。上藤事務局長から「先程の理事会において議題はすべて滞りなく承認された」旨の報告がなされた。
続いて句集祭となり、15点の句集と7点の文集等合計22点の披露と句集代表句の披露がなされ、合せて22点の句集・文集名及び代表句と文集題を懸垂幕で表示した。
◇平成28年度総会
今年の「総会」は4月23日(土)に「ホテルヴィアーレ大阪」で開催した。理事会、総会に続き第6回俳句大会、懇親会が行われた。
出席者は理事会36名、総会72名、俳句大会81名、懇親会68名であった。総会は72名の出席と330名の委任状提出で成立した。議長に選出された的場秀恭副会長の進行によって審議された。
何れも理事会の審議事項と変わらず満場一致の拍手で可決された。
〈議案及び報告事項〉
第1号議案:平成27年度事業報告、第2号議案:平成27年度会計報告、第3号議案:平成28年度事業計画、第4号議案:平成28年度予算案、第5号議案:役員改選について
関西現代俳句協会は平成30年度の全国大会開催に備え役員増員及び交替について提案、原案通り満場一致にて承認された。
〈記〉 ◎印は新任
【会長】吉田成子【事務局長兼広報部長】上藤おさむ【企画部長】西川吉弘【経理部長】村田あを衣【事務局長補佐】川崎奈美【青年部長】久留島元◎【副会長】尾崎青磁、高橋将夫、花谷清、的場秀恭、若森京子、鈴鹿呂仁◎【顧問】赤尾恵以、伊丹三樹彦、宇多喜代子、柿本多映、北さとり、小泉八重子、鈴鹿仁、谷下一玄、豊長みのる、中井不二男、花谷和子、日原輝子、政野すず子、室生幸太郎【理事】久保純夫、桑田和子、古梅敏彦、志村宣子、谷口洋、辻本孝子、辻本冷湖、外山安龍、西原和孝、平田繭子、森田智子、大谷茂樹◎音羽和俊◎、熊川暁子◎、橋本昭一◎、田畑耕之介◎、出口善子◎、西谷剛周◎、前田霧人◎、森一心◎、森口和子◎、綿貫伸子
〈報告事項〉 第16回現代俳句大賞:堀切実氏受賞、東京通常総会の報告、10月の全国大会(北九州)に協力。
◇第6回俳句大会
企画部長の西川吉弘氏の司会により開会。花谷清副会長の挨拶「過去の大会と比較して参加人数が増えているのは大会に魅力があることの反映である。昨年から選者特別賞を設けており、どの選者がどの句をえらんだかを考えるのも一つの勉強になる」との話に耳を傾けた。引き続き音羽和俊氏による披講・入選句の発表。
 【大会賞】
  湖の端に日のある寒の入       桑田 和子
 【秀逸賞】
  きれ切れの女の時間毛糸編む     仲井タミ江
  天金のふくらむ聖書小鳥来る     竹内 久子
 【入選賞】
  開戦日みんな黙ってごはん食ぶ    千原 恭子
  角伐られ風の記憶をなくす鹿     木村オサム
  落葉の中火種のやうな園児たち    片山 熙子
  夫といるただそれだけに注連飾る   岩本 光子

大会賞・秀逸賞・入選賞の7名の方々に吉田成子会長より賞状と副賞が授与された。選者特選賞は、今年から各選者に賞状・副賞の授与と同時に講評をして頂き好評であった。
◇定例句会開催
平成27年度より定例句会を年2回開催することとした。 
〈第1回定例句会〉
  司 会:西川吉弘企画部長
  日 時:平成27年8月29日(土) 
  会 場:大阪市中之島中央公会堂
  参加者:25名 出句:当季雑詠3句持参
  句 会:互選方式
〈第2回定例句会〉
  司 会:西川吉弘企画部長
  日 時:平成27年10月31日(土) 
  会 場:堂島の中央電気倶楽部
  参加者:47名 出句:当季雑詠3句持参
  句 会:互選方式 参加者3句選
  今回から選者4名の参加があり、選者は10句選。
  選 者:西谷剛周・日原輝子・的場秀恭・吉田成子の各氏。
  前回より参加者が多かったこと、選者が加わったことで充実した句会となった。
  なお、参加作品は現代俳句誌上に掲載した。
◇青年部の活動 
(1)「追悼・和田悟朗勉強会&句会」
  日 時:平成27年8月9日(日)午後2時から
  会 場:神戸センタープラザ
  報告者:野口裕、岡村智昭、曾根毅、仮屋賢一、参加35名
(2)「俳句が日本を元気にする〜辛口俳句先生・夏井いつき講演会&句会ライブ」
  日 時:10月9日(日)午後2時から 会場:宝塚
  講 師:夏井いつき 参加者25名
(3)「俳句ギャザリング2015」
  日 時:12月26日(土)午後1時から 会場:伊丹
(4)青年部員紹介冊子作成


(上藤おさむ)