地区活動

各地区の活動 【福井】

会長中内亮玄
事務局長中内亮玄(事務局長兼任)
事務局
郵便番号
所在地
TEL

福井県現代俳句協会 第一回春季俳句大会

【 地区の紹介 】


【 行事 】

<2016年7月19日更新>
福井県現代俳句協会 第一回春季俳句大会 
日 時 平成28年6月19日(日)
場 所 福井県民交流ボランティアセンター 


 36名が参加。はじめに、福井県の初代会長吉田透思朗先生ら物故者に手を合わせ、新会長中内亮玄による講演・全句講評。その後、互選による表彰がなされた。

大会成績
 特 選 飛んでいるわたしの吐息しゃぼん玉  江守美千代
 入 選 表札も郵便受けも薔薇の中      下牧 政善
     緑蔭や身の丈に合う探しもの     岩堀喜代子
 佳 作 風にだけ心を許す風知草       春木美智子
     日の丸になりきっている葱坊主    水上 啓治
     囀りや歌劇のような森に入る     松宮日登美
     青山河谺は人の雫かな        塩谷美津子
     風鈴と風をとりあう昼下がり     谷口 莉子
     電子辞書のマグマ溢れて冷奴     白崎 豊司 (崎は山偏に立に可)
     五線譜をとび出し樹々の囀りぬ    石本 志明


<現代俳句年鑑2017より転載>
◇第28回吟行会
平成27年9月20日(日)、白山平泉寺境内にて吟行会を開催。参加者23名。
  泰澄の吐息を吸って法師蟬      下向良子
  走り根に秋蝶のごと触れてみる    石田秋桜
  横向きに降りるきざはし秋日傘    西又利子

◇北陸地区現代俳句協会協議会
平成27年9月22日(火)、「石川県女性センター」にて。北陸三県の役員12名出席。
「各県の事業報告、経過報告」「会員の減少についての対策検討」「第27回北陸現代俳句大会の報告」
◇第35号会報発行
平成27年10月10日(日)
◇第3回役員会 
平成27年11月29日(日)、出席者15名。平成28年度の県現代俳句協会会長、事務局長の改選に対し、選考委員7名を選任。(会長より)
◇臨時役員会
平成28年3月27日(日)午前。13名出席。新会長、事務局長の選考結果の報告。而して総会へ。
◇平成28年度福井県現代俳句協会定期総会
平成28年3月27日(日)午後。「アオッサ」603号室にて開催。新役員の選出。新会長抱負を語る。規約改訂。
会長・中内亮玄(新任)、顧問・石本志明(新任)、副会長・小山柴門(留任)、事務局長・中内亮玄(新任・会長兼務)、会計・山田冨裕(留任)。
本総会において就任した中内亮玄会長は41歳と若く、現代俳句界の旗手として嘱望され、イノベーション意識が高い。
稍、硬直化の兆しが見える現俳協に新機軸を打ち出し新風を吹き込むものと、会員も大いに期待を膨らませているところである。
◇北陸地区現代俳句協会協議会
平成28年4月29日(金)、「石川県女性センター」にて。役員11名出席。「地区別の活動報告」「現代俳句協会平成28年度総会、理事会の報告(石川県現代俳句協会松本会長)」「第28回北陸現代俳句大会(平成29年5月13日(土))作品募集要項及び大会投句様式更新、大会盛り上げを期成。「役員全員の一句出し句会実施」
◇福井県現代俳句協会春季俳句大会
平成28年6月19日(日)。今後は参加費五百円に因む「ワンコイン句会」と通称。参加者は会員以外の参加もあり、高校生、大学生も参集。参加者36名。中内亮玄会長の「現代俳句とは何か、現代俳句協会とは何か」の講演会に続き、全句講評も辛口で、出席者は熱心にメモを取り、非常に盛り上がった。
◇追悼
吉田透思朗氏(5月11日)、小林一村氏(平成27年12月31日)、山口紀代氏(6月10日)。

(小山柴門)