地区活動

各地区の活動 【新潟】

会長清水逍径
事務局長佐藤 彬
事務局
郵便番号950-2112
所在地新潟市西区内野町626
TEL025-262-2761

県の木 雪椿
撮影:山口冬人

【 地区の紹介 】

現代俳句協会の新潟県における地区組織です。
昭和61年(1986年)の創立で、初代会長佐藤野火男、会員数29名で発足しました。全国的には後進県に属しますが、その活動は活発で、そしてとても和やかなものです。年に1回の俳句大会には、会員は勿論のこと、県外から投句も多く、俳人協会の人たちの参加もあり、セクト的な雰囲気は全くありません。地区協会の活動状況や諸連絡は、年2回発行の「事務局だより」によって全会員にお知らせしております。
新潟県は北から南に長く、佐渡ヶ島もあり、一堂に会することが難しいのが悩みで、地域によって会員数が確保できないという点が今後の課題です。
入会をご希望のかたは事務局にお問合せください。

【 行事 】

<現代俳句年鑑2018より転載>
◇機関誌「現代俳句にいがた」第8号発刊
会員の投句参加率は89%、作品中心の機関誌として定着。
新潟県現俳協創立30周年記念号として平成28年11月に発行。

◇平成28年度定例役員会 9月24日
長岡市にて18名参加。
会員動静、行事報告、会計中間報告。
平成29年度の行事について(定例総会・第26回新潟俳句フェスティバル、いちにち吟行会、機関誌第9号の発刊、事務局だよりの発行)。
機関誌「現代俳句にいがた」第8号の発刊について。
10月28日の「いちにち吟行会」について
役員改選について。

◇「いちにち吟行会」 10月28日開催
上越市高田地区の雁木通り(町家)、高田城址公園を吟行。
参加者は24名。高得点句は
蓮の実の飛んで妙高山正座せり 猪又秀子
枯蓮の視野に据ゑたる妙高山  今井愛子
破蓮の下に生あり水輪揺る   安澤静尾

◇「事務局だより」発行
第62号(平成28年12月)、第63号(平成29年5月)

◇平成29年度定例総会 3月20日開催
41名が出席し三条市で開催。
井澤副会長を議長に選出し、平成28年度行事報告、会計報告、会計監査報告、会員異動、平成29年度行事計画、役員改選について審議。以上全議案を承認。

◇第26回「にいがた俳句フェスティバル」3月20日
総会に続き80名が出席して開催。事前投句の応募は313名から1370句。講師は佐怒賀正美先生。演題は『文挾夫佐恵と現代俳句』。席題は『春泥』。講評は佐怒賀先生。終了後、佐怒賀先生を囲んで懇親会(29名参加)。
【兼題の部、会員上位入賞句】
家中の刃物が殺気立つ師走   藤井愛子
文庫本一冊ほどの夜長かな   成海 静
日に一度とほる老人雪降る木  片桐和子
喜寿の子に白寿の母や桃の花  関川芳弘
台風の眼の中にいて反戦論   今井愛子
【席題の部、会員上位入賞句】
春泥や一戸のための道普請   佐野哲之
春泥を来て野良犬に嗅がれけり 齊藤京子
春泥や喧嘩はいつも兄が泣き  中村 侖
芭蕉・曽良の歩きし道や春の泥 真貝葉月
焼跡に青磁の欠片春の泥    八木 進

◇関東甲信越ブロック連絡会議
6月4日、栃木県日光市で開催。会長と事務局長出席。

◇「いちにち吟行会」 6月20日
三条市のしらさぎ森林公園を吟行。見頃の花菖蒲、園内外の緑は心身の栄養となった。参加者は19名。高得点句は
花殻摘みとは贅沢な菖蒲守   岡地蝶児
飛び石を跳んで盛夏へ近づく日 今井愛子
六月の風を見ている展望台   太田チエ子  

(佐藤 彬)