地区活動

各地区の活動 【山梨・長野】

会長佐藤文子
事務局長窪田英治
事務局
郵便番号389-0406
所在地東御市八重原900-1
TEL0268-67-3364

2015年3月甲信地区総会 講演中の会場風景

【 地区の紹介 】

 当地区協は長野県と山梨県により構成されている。会員数は現在160名程度で、毎年退会者分を新会員で補う形で増えも減りもしない状況である。
 予算規模は100万円程度で協会助成金と地区会費(2000円)を基本収入とし行事ごとに会員に参加費を負担してもらって運営している。
 役員は顧問、正副会長、事務局長と幹事、監査の20名余りで構成され、専門部などは設けていない。必要に応じ担当を決めて対応している。

【 行事 】

<現代俳句年鑑2017より転載>
<平成27年>
◇紙上句会 第28回。応募92名、184句。選者に山崎十生氏、岸本マチ子氏、恩田侑布子氏をお迎えした。選句結果は会報80号に発表。
(山崎十生 特選)
  手の平に蟻をはしらせ楸邨忌     西村はる美
(岸本マチ子 特選)
  存在といふ淋しさを天の川      宮地 良彦
(恩田侑布子 特選)
  死にたしと言ひつつ飲むや蝮酒    山本 佑子

◇役員会
6月14日(日)松本市で開催。第22回関東甲信越静ブロック連絡会議報告、吟行会、第28回紙上句会等について協議。
8月30日(日)松本市で開催。平成28年度総会開催内容・吟行会・30周年記念事業の検討。
◇会報発行 
7月6日(火)第79号。第29定時総会報告を掲載。
9月8日(火)第80号。吟行会案内、紙上句会結果発表。
◇第25回吟行会 
10月18日(日)安曇野市にて実施。参加者25名、出句50句。
佐藤文子特選 
  行く秋や赤きグラスのひび割れし   高山たんぼ
中村和代特選 
  安曇野の不器量の木へ水澄めり    山本 佑子
窪田英治特選
  稲刈りの済み安曇野の空無傷     久根美和子
(高点句)
  工房の火の音を呑み秋気澄む     中村 和代


<平成28年>
◇役員会 
1月30 日(土)松本市で開催。総会資料について協議。
4月30日(土)松本市で開催。第28回紙上句会等について協議。甲信地区現代俳句協会創立30周年記念吟行会の検討など。
◇会報発行 
2月5日(金)第81 号。前年度吟行会結果報告、定時総会案内、会員名簿など掲載。 
7月6日(水)第82号。紙上句会作品募集、第30定時総会報告 創立30周年記念吟行会案内等を掲載。
◇定時総会 
2月28日(日)松本市「まつもと市民芸術館」で開催。出席30名、委任状113名。前年度事業報告、収支決算報告及び監査報告、本年度事業計画、収支計画が承認された。この後、俳句会(87名、174句)、講演会(講師‥俳優、演出家、まつもと市民芸術館芸術 監督 串田和美氏、演題「松本よもやま話」)が開催された。
 宮坂静生特選 
  雪しろに背骨のごときものが顕ち   一志貴美子
 中澤康人特選
  一つ二つは満願の紅落椿       久根美和子
 佐藤文子特選 
  一瞬のしづけさに割る寒卵      宮原みすず
(高点句)
  座礁とふ鯨の最期ありにけり     小林 貴子
  三月の切なきことば「てんでんこ」  百瀬石涛子

◇関東甲信越静ブロック連絡会議
 6月5日(日)茨城県水戸市で開催。佐藤文子、窪田英治の2名が出席。

(窪田 英治)