地区活動

各地区の活動 【茨城】

会長鶴岡しげを
事務局長山口富雄
事務局
郵便番号307-0001
所在地結城市結城12087-17
TEL0296-32-7880

県の花 バラ

写真撮影:青木繁伸(群馬県前橋市)

【 地区の紹介 】

私たち茨城県現代俳句協会は、茨城県に居住する会員で構成されています。発足は昭和54年(1979年)でしたので、平成26年(2014年)には創立35周年を迎えました。発足当初の会員は49名でしたが、現在はその4倍を超えております。
年間行事としては定時総会、俳句大会や吟行会などを行い、作品奨励賞を制定実施しております。その活動状況は、年4回発行する「茨城県現代俳句協会会報」によって、会員の皆様にお知らせしております。

【 行事 】

<現代俳句年鑑2018より転載>
◇第33回現代俳句茨城大会
 平成28年7月18日、水戸市三の丸ホテルにおいて現代俳句協会副会長、「らん」発行人の鳴戸奈菜先生を講師にお迎えして開催された。当日出席者112名、応募作品は1392句であった。
【兼題の部 主な作品】
手のひらは太古の農具種を蒔く  北田久雄
菜の花が村を幸せさうにする   森島 昭
一徹を形にすればラ・フランス  鴻巣真木
酢を少し足して春愁うすめけり  植村久子
若鮎のひかりとなりて堰を越す  黒川恭子
【席題の部(席題「戸」)主な作品】
帰省の子音たてて飲む井戸の水  保坂和郷
放牧の牛にも戸籍青山河     藤 洋子
万緑や仮設百戸に子等の声    鈴木やすを
裏木戸は母泣きしとこ盆の月   鈴木信行
金婚の戸籍をひらく天の川    益子勝江

◇第24回作品奨励賞
平成15年以降入会者(既受賞者を除く)56名を対象に30句で募集。
14名の応募があり、作品奨励賞3名、佳作賞4名が受賞。
【作品奨励賞受賞者と主な作品】
 どの指でふれても光る春の水  
 泣くときは殻の奥です蝸虫
 一茶忌や雀のことばわかる歳  北田久雄

 春月や泣いてみようか踊ろうか
 トロッコに霧が集まる山の駅
 子狐の絵本に戻る寒夜かな   根本都木子

 童心の母に付き添う青田風
 水打って光と風とみすゞの詩
 秒針のポンと弾けて年新た   村田妙子

◇平成29年度総会
平成29年4月29日笠間市友部(須藤鮮魚店)で開催。総数126名(75%)当日出席者は36名。議長に川上修一氏を選出。
議事はすべて承認され、総会後に句会と懇親会を開催。
【句会の主な作品】
風が好き子の声が好きしゃぼん玉 大野ひろし
手鏡は母に会ふ窓著莪の花    吉本 絹江
うららかや赤子加わる立話    塩谷きみこ
啓蟄や歯科医に奥歯さぐられる  山根 延子

(山口 富雄)