地区活動

各地区の活動 【群馬】

会長矢島まさる
事務局長原田要三
事務局
郵便番号〒371-0825
所在地前橋市大利根町2-30-12
TEL027-254-5198

県の花 レンゲツツジ(蓮華躑躅)
写真撮影:青木繁伸(群馬県前橋市)
BotanicalGarden

【 地区の紹介 】

 群馬県現代俳句協会は、現代俳句協会の群馬県の地区組織として、昭和62年9月北開東地区現代俳句協会の発展的解消に伴い結成されました。会員数は200名を超えています。
 毎年3月末に定例総会と併せて俳句大会を開催するとともに、吟行会を行い、会員相互の研鑽と親睦を深めています。また、俳句大会には近隣の地区協会に講演と選者を依頼するなど県単位の地区交流にも努めています。
 

【 行事 】

<現代俳句年鑑2017より転載>
◇第5回紙上俳句大会(平成27年7月31日締切)154句77組
  大方は木綿の暮らし梅を干す     石原 玲子
  人来るも人来ぬもよし十三夜     茂木 房子
  兵隊はおもちゃに限る赤トンボ    斎藤 盈世
  灯の帯のゆるる川面や御巣鷹忌    塚越 秋琴

◇第21回吟行会
平成27年10月6日
〈渋沢栄一旧居と田島弥平旧宅、島村の渡し〉
参加者31名、伊勢崎市文化会館で句会。
  「中の家」の門戸くぐるや初紅葉   吉岡 好江
  旅人として論語の里の木の実拾ふ   相澤 礼子
  赤とんぼ間口十間総やぐら      堀越 胡流

◇第23回群馬県現代俳句大賞
 未発表作品20句・応募作品篇、平成27年10月10日締切
 大賞 「小鳥来る」 河合秀美
   去年今年針穴ほどの幸を知る
   亀鳴くや煩悩少しも衰えず
   思い出はほのぼのとあり小鳥来る
   生も死も身の丈一つ冬の蜂
   前を行く人なき道に雪降れり

 第30回俳句大会の席上にて顕彰
◇平成28年度総会
出席者50名 平成年28年4月10日 前橋市 ホテル・サンダーソン
議題、平成27年度事業報告、平成27年度会計報告・会計監査報告、平成28年度事業計画(案)
以上、全会一致で承認。
◇第30回俳句大会
平成28年4月10日 前橋市 ホテル・サンダーソン
投句数284句、142組特別選者 群馬県役員25名
記念講演及び出席者全員の一句講評
講演「俳句現代の行方」 
講師 群馬県医療福祉大学名誉教授
      群馬県県現代俳句協会顧問  中里 麦外
俳句大会上位入賞作品
 現代俳句協会賞
  補助輪を外して春の風となり     荻野 栄子
 群馬県教育文化事業団賞
  忙中に閑ありなにやら風邪心地    吉岡 好江
 上毛新聞社賞
  存分に己れさらして冬木立      大嶋 知子
 毎日新聞社前橋支局賞
  葱刻み思い出したる役者の名     鈴木 照江
 群馬県現代俳句協会賞
  物捨つることにも気力年用意     原田 要三

◇会報の発行
第55号(平成28年1月10日)、第56号(平成28年6月1日)

(原田要三)