地区活動

各地区の活動 【福島】

会長鈴木正治
事務局長江井芳朗
事務局
郵便番号979-2112
所在地南相馬市小高区田町1-49
TEL0244-44-6424

裏磐梯五色沼(毘沙門沼)http://www.a-gr.jp/urabandai/urabandai.htm

【 地区の紹介 】

福島県現代俳句協会は、福島県に在往する会員で構成されています。会の動向は「福島現代俳句協会会報」で会員に周知しています。

【 行事 】

<現代俳句年鑑2018より転載>
◇定期総会
平成29年6月23日、福島市市民会館4F会議室で開催。総数44名(当日出席18名)議長は規約により会長・鈴木正治氏を選出。議事は、メーンとして現代俳句東北大会(福島大会)実行委員会組織確立の件、同大会予算案を協議し承認。昨年度の事業報告・会計決算承認・本年度の事業計画・予算案等は原案通り承認可決された。
本年度の役員については、前年よりの2年目に当たり、現状維持で、今回は加齢による会員減が問題視された。若手の入会が望まれた。
午後は恒例により、「春季俳句大会」を開催。互選の結果、大会賞に伊藤ユキ子さんが選ばれた。
◇新入会員の紹介  
 益永孝元(須賀川市)さん
◇主な事業計画   
・春季俳句大会に加え、秋季俳句大会をも計画。会員の研修を深めることとした。
・現代俳句東北(福島)大会への積極的に参加する。

◇春季俳句大会
【大会賞】
子が描く雲雀は太陽より高く    伊藤ユキ子
【準賞】
菜の花や小舟のような柩打つ    清水茉紀
【秀逸賞】
三歩に足る橋にも名前蝌蚪生まる  奥山俊夫
春の雲筆にたっぷり墨ふくむ    高橋郁子
被爆地に人恋しがる蟇の声     江井芳朗
フレコンバック残像として鳥帰る  佐藤弘子
【佳作賞】
連山も子のにぎにぎも夕焼けぬ   丹羽祐子
土倉のゐずまひ正す植田べり    木幡テイ
夏の風邪たっぷりつける化粧水   平田典子
梅雨の傘降って独り居の戸口    久保羯子
【会長賞】
軽鳧の子のしんがり遠き日の私   佐藤弘子
【副会長賞】
真似てみて亀の鳴く声バスガイド  鈴木正治

(江井芳朗)