地区活動

各地区の活動 【東北海道】

会長鈴木八駛郎
事務局長石川青狼
事務局
郵便番号085-0806
所在地釧路市武佐3-42-5
TEL0154-46-2478

夕暮れの阿寒湖

【 地区の紹介 】

東北海道現代俳句協会は、帯広、釧路、根室各市を中心とした十勝支庁、釧路支庁、根室支庁に加え北見市を含んでいる。

【 行事 】

<現代俳句年鑑2017より転載>
◇釧路ブロック会員色紙展
平成27年9月17日( 木) 〜10月15日( 木) 釧路市「釧路交流プラザさいわい」にて、会員11名(1)5作品)による「現代俳句色紙展」を開催。

◇第26回東北海道現代俳句協会総会
平成28年2月10日(水)午後1時30分より、帯広市「とかちプラザ」にて総会・句会を開催。出席者16名、委任状19名。議長に那珂剣坊子氏を選出し、議事を進行した。
◎平成27年度の事業報告、会計報告及び監査報告。平成28年度の事業計画、予算などを決定した。
◎創立25周年記念合同句集第5集『東北海道現代俳句』刊行。会員30名参加。
◎今年度は副会長の片桐ひとし氏が退任。役員は次の通りである。
会長・鈴木八駛郎、副会長・山陰進、監事・中島土方、村川三津子、会計幹事・寺田保子、幹事・粥川青猿、上田ゑく、吉田洋子、福嶋昌美、山本勲、事務局長・石川青狼、事務局次長・鮒橋郁香。
◎総会後、句会開催。上位3作品
  老人は叩いて直す凍れ貌       粥川青猿
  大き目の握り飯食う鰊群来      鈴木八駛郎
  強いふりして新巻鮭は吽の口     笹原瑞子


◇第24回東北海道現代俳句大会
平成28年6月26日(日)午後1時30分より、釧路市「アクア・ベール」にて開催。鈴木八駛郎会長挨拶後、第4回東北海道現代俳句協会大賞受賞の片桐ひとし氏を顕彰。続いて石川青狼氏による演題「私の中の青鮫・兜太のアニミズム的体感」を講演。〈梅咲いて庭中に青鮫が来ている〉の作品との出会いから、師である金子兜太氏の「生きもの感覚」を通して講演する。その後、俳句大会に入り俳句大会作品の選者による選評と表彰を行う。大会の上位作品は次の通り。
 【東北海道現代俳句大会賞】
  馬撫でて農業高校卒業す       森下静子
 【北海道新聞社賞】
  父の骨樺太にあり流氷来       高島信一
 【釧路新聞社賞】
  逃水へ漕ぎ出す舟がまだ来ない    粥川青猿
 【釧路俳句連盟賞】
  ふらここや初めて風となりたる子   鮒橋郁香
 【優秀賞】
  鼻唄の漏れてきさうな春キャベツ   大沼惠美子
  逃水やロックンロール疾走す     上田ゑく
  一村に馬頭観音草茂る        平田リエ
  少女等はぶつかりながら囀れり    石川青狼


(石川青狼)